タグ:��������������� ( 2071 ) タグの人気記事
スライマーの生みの親が作った光るスライマー、限定発売
GID Slimer by Steve Johnson



▲ 若かりしころのスティーブが出てくるメーキング・ビデオ


オリジナル『ゴーストバスターズ』(1984年)のモンスターショップ・スーパーバーザーとして数々のゴーストを生み出した天才アーティスト、スティーブ・ジョンソンといえば、留之助書店で販売した自伝作品集『RUBBERHEAD: Sex, Drugs and Special FX』の著者として、去年、何度か当ブログに登場しましましたが、その彼と、この度やっと話がつきました。
RUBBERHEADの出版に先駆けてクラウドファンディングのKickstarterで資金を集めた際、180ドル以上のバッカー特典として、新規にスライマーを彫刻し製作したことはファンの間では有名な話。
それがeBayで500ドル以上で売買されたというのも、これまた有名な話なんですが、じつは限定100体のうち、10数体が残っていると、去年のクリスマスにLAで会った際に聞かされ、ぜんぶちょうだいと交渉を続けていたのでした。
高さ15センチ、GIDの特殊レジン製で、スティーブいわく「キチガイみたいによく光る」だけでなく、今回の10数体には新たにUSB接続のLEDを内蔵させたから「ルームアクセサリーにも持って来い」だとか。
黒色の円形ベースのどこかにサインを入れて送ってくれるよう頼みました。
到着を楽しみにお待ちください。
a0077842_21072390.jpg

▲ 新規スライマーの原型彫刻

a0077842_21085683.jpg

▲ 近日到着予定のGIDスライマー


by tomenosuke_2006 | 2018-02-19 00:06 | 留之助限定モチャ
本日は留之助限定"哀しみのベラドンナ"のセールスに専念します
We are proud to release the Belladonna of Sadness statue

2月17日午前11時発売
STORESはこちら→https://tomenosuke.stores.jp/
AMAZONでも販売→https://goo.gl/f2X9KD
a0077842_17520121.jpg
SIZE: 28.5mm TALL
MATERIALS: COLD CAST RESIN
PACKAGING: HEAVY STOCK BOX WITH FULL COLOUR OBI SLEEVE
SCULPTED BY COSMO LIQUID
PRODUCED UNDER LICENSE BY MUSHI PRO
RELEASE DATE: 17th February 2018 11 am Japan time
INTERNATIONAL ORDER: http://tomenosuke.bandec-japan.com/en
by tomenosuke_2006 | 2018-02-17 08:09 | 留之助限定モチャ
留ブラ・ワーコン・カスタム、進捗
About the progress: Tomenosuke Blaster World Con custom

留ブラ・ワーコン・カスタムの佐藤加寿彦さん、ただいま2月下旬の20挺納品に向けて鋭意奮闘中です。
お待ちのみなさま、興味お持ちのみなさまも、現場から画像が届きましたので、ご覧ください。
a0077842_13114268.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2018-02-14 13:23 | 留之助ブラスター
留之助商店限定"哀しみのベラドンナ"、2月17日午前11時発売
ON SALE SOON: Belladonna of Sadness statue Tomenosuke exclusive
a0077842_21500179.jpg
1973年に発表された実験的でアーティスティックで、この上もなくエロティックな大人の長編アニメ『哀しみのベラドンナ』。
その悲運の女主人公ジャンヌが、愛する夫のために悪魔に肉体と魂を捧げ、ついには魔女に変貌するその時、ほんの一瞬だけ、このスタチューの原型となった姿が現れます。
その特徴的で強烈な意匠は、まさにこのアニメを象徴するものとなりました。
a0077842_21524099.jpg
『哀しみのベラドンナ』とは、手塚治虫の虫プロで『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』の制作や演出に携わってきた山本暎一監督の初の長編アニメ作品で、杉井ギサブローが作画監督として、またイラストレーターの深井国など、錚々たる才能が集結して作られました。
ちなみに山本監督は、虫プロ倒産後の1974年に『宇宙戦艦ヤマト』シリーズに企画段階から参加し、脚本を担当して同作の人間ドラマを構成し、脚本と絵コンテチェックも行った偉人で、「ヤマト」のロゴもデザインしています。
a0077842_22154476.jpg
a0077842_22134976.jpg
ロンドンと香港に拠点を置くアート・トイのトップメーカーUnbox Industriesが、鮮血のような真っ赤な色で、ベラドンナの留之助商店限定版を作ってくれました。
ずっしり重いコールド・キャスト・レジン製で、1点ずつ手塗りで仕上げた50個限定、発売は今週末の2月17日(土)午前11時です。
丁寧にスポンジで保護し、特製の化粧箱に収めて、お届けします。

ORDER / ご注文はこちらから→https://goo.gl/C7kCXi
a0077842_22200486.jpg
Sale on February 17, 11:00 am (JST)
by tomenosuke_2006 | 2018-02-13 22:43 | 留之助限定モチャ
留ブラ・ラバーガン、2月12日(月)午後9時、発売
Tomenosuke Blaser Rubber Gun

2年ぶりの留ブラ・ラバーガンですが、これが最後になるかもしれません。
今回、製造途中でモールドが破損し、原型も紛失しているため、再生産のメドが立たないのです。

ORDER / ご注文はこちらから→https://goo.gl/DUupru
a0077842_16151561.jpg
Sale on February 12, 9:00 pm (JST)

by tomenosuke_2006 | 2018-02-10 16:29 | 留之助ブラスター
ウェスターン・ミキスターミネーター
Western Micksterminator by Les Schettkoe

包丁をかざしたギャングのドブネズミを見下ろしながら、「私を呼んじゃいけないよ、リトルマン」と決めゼリフ(というか、キャッチフレーズ)を放つのは、あの山高帽にゴーグルを着け、巨大なハンマーを後ろ手に隠し持つウエスタン・エクスターミネーター・マン。
日本では馴染み薄ですが、アメリカの、とくにカリフォルニアの街やフリーウェイをドライブすると、かならず目にするビルボードやサインで有名な有害生物駆除会社ウエスタン・エクスターミネーター・カンパニーのマスコット・キャラクターです。
で、そんなエクスターミネーター・マンを、退治される側の、どう見てもミッキーマウスそっくりのネズミに置き換えちゃったのが、LA在のモチャ・デザイナーであり、人気の自動車用消臭剤メーカーStay+Fresh Scentsにもアナーキーなイラストを提供しているレス・シェッコー
いまでは業界の表舞台から退き、たとえばロン・イングリッシュのプライベート・ブランド、Popagandaモチャの製造を請け負うOEMメーカーに転じたMINDstyleが、エクスターミネーターならぬ、レス創作のミキスターミネーターの製品化をバックアップしたのです。
ちなみにMINDstyleの新作モチャを紹介したのは2012-08-27のブログが最後ですから、5年半ぶりの老舗登場となるんですね。
まずは先に届いた半ダース分を売り出しますが、後日、残りの半ダースも発売予定です。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/
a0077842_02215093.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2018-02-09 23:59 | MINDstyle 新製品情報
フラッフィー・ハウスのふんわりフィギュア、発売
NOW ON SALE: Collection of Fluffy House

お待たせしました、ホンコンのFluffy Houseから、可愛い子たち、大挙到着です。

ご注文はこちらから→https://tomenosuke.stores.jp/
a0077842_19373400.jpg

by tomenosuke_2006 | 2018-02-07 09:16 | 商店入荷新着情報
輸入システム刷新でKidrobotモチャが一層リーズナブルに
PRE ORDER: Death Of Innocence 8" Dunny by Igor Ventura

これまでアメリカのメーカーやディストリビューターから輸入するモチャのほとんどは、当店のオレゴンの倉庫にいったん集荷し、ある程度のボリュームになったところでまとめて下呂温泉まで送るようにしてきました。
販売価格に影響する取り寄せ送料を幾らかでも節約するためです。
が、この度、FedEXから提案いただき、メーカーから直接モチャを取り寄せた方が断然送料を抑えられることになったのです。
おそらくその第1号が、ブラジル在のアートディレクターでモーションデザイナーでイラストレーターでトイ・カスタマイザーのイゴール・ヴェンチュラ作のデス・オブ・イノセンス・8インチ・ダニーになりそうです。
カーニバルのマスクとロッキング木馬の合体。
唯一、2本の耳でなんとか識別できる8インチ・ダニー。
歴代ダニーの中でも、ここまで変貌を遂げた異色作は他にありません。
2年前、イゴールがあるコレクターの依頼でカスタマイズしたプライベート作品のマスプロ化です。
本日、Kidrobotから製品画像が1点だけですが、送られてきたのを期に予約を募ります。
ちなみに下のリンク先(MORE PICS and INFO)に、今回のデス・オブ・イノセンスの元になったワンオフ・カスタムの画像を紹介しておきますね。

ご予約はこちらから→https://goo.gl/XMRg9J
a0077842_20234360.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2018-02-02 20:28 | kidrobot 新製品情報
グリーン・LED・レーザーサイト、受注生産開始
BTO: Green LED Lazer Sight for Tomenosuke Blaster

ご好評にお応えして、佐藤加寿彦氏謹製の留ブラ用グリーン・LED・レーザーサイトの受注生産を開始します。

受注受付:2月1日午後9時
受付締切:2月15日午後8時59分
出荷予定:5月下旬

PRE-ORDER / ご予約はこちらから→https://goo.gl/kr5Lrw
a0077842_19365403.jpg
a0077842_19370947.jpg

by tomenosuke_2006 | 2018-02-01 19:38 | 留之助ブラスター
ブライアン・アーウィングのホラー・ポスター
Horror screen print of Brian Ewing

DCon 2017で話題を集めたオハイオ州コロンバス在住のイラストレーター、ブライアン・アーウィングの新作ホラー・ポスターが入荷します。
数あるアーウィング作品の中から、今回、留之助が厳選したのはクラシック・ホラー・アイコンに骨格や筋肉のレイヤーを重ねて、内包する狂気を描き出そうと試みた野心作のスクリーン・プリント、5点。
その内の1点だけ、スタンリー・キューブリックの傑作ホラー『シャイニング』のジャック・ニコルソンをご覧いただきます。
できたら額装して発売しようと思っています。
a0077842_01574252.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2018-01-30 02:14 | 書店入荷新着情報