タグ:Angry Woebots ( 10 ) タグの人気記事
Angry Woebotsの8インチ・ダニー、12月6日発売
名前はShadowfriend(シャドーフレンド)っていう。
作者は天才パンダ画家のAngry Woebots(アングリ−・ウォボッツ)。
が、2010年9月に発表したツートーン・ダニー・シリーズの3インチをベースにデザインしなおした。
頭の後ろには現在棲息している野生のパンダの数"1000 Deep"の文字が。
発売は12月6日、限定1250個、だけど当店が発注した数の1/3しかKR-JPさんから入ってこないのだ、悲しいことに。
そんなわけだから世界のkidrobot厳選ショップでも発売される水野純子のkidrobot black作品も望み薄なのだった。
a0077842_10264973.jpg
Angry Woebots x Kidrobot – Shadowfriend 8” Dunny is almost here! Inspired by the 3” version from the 2Tone Dunny series, the Shadowfriend also features “1000 Deep” on the back of the head, which represents the number of pandas left in the the wild.
Unfortunately we will bring very limited quantity coz kidrobot Japan can not distribute enough numbers in Japan.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2012-11-19 10:49 | kidrobot 新製品情報
DCon 2011/スナップその2。
サイン会準備中のふたりのアーティスト、左はお馴染みのkaNO、右はやっと会えたSket One(スケット・ワン)である。
スケットには彼の限定版カスタム・8インチ・ダニーを真っ先に譲ってもらったり、東北地方太平洋沖地震義援金キャンペーンTOYS HELP USでは多大な協力をいただいた、けれど、いつもメール交換のみ。
で、DCon 2011に彼が参加すると知ったときからこの日を楽しみにしていたのだ。
写真で見るよりは細身の感じかな、両腕のタトゥーも鮮やかで、昔からの知り合いのように気さくだった。
今度は留之助ユーザーのためにスペシャルな何かを作ってもらう約束もしたのでご期待を。

スケット・ワンにやっと会えちゃった記念に彼のモチャを全品20%OFFでご提供→ http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Sket%2DOne/
a0077842_12344419.jpg
The man posing with kaNO in the left side is Sket-One, one of the artists whom I admire most. Although I exchanged e-mail so many times with him, we have not met before yet. But since I got to know he would be joining DCon, I have been looking forward to this day. He was very nice guy as I had expected and treated me as if we were long-known friends.

NYCC 2011でも会った画家Angry Woebots(アングリー・ウォーボッツ)が天才の筆さばきでパンダを描いていた。
a0077842_15561687.jpg
Angry Woebots drew Panda with genius brush strokes.

The Loyal SubjectsのブースでJoe Ledbetter(ジョー・レッドベター)を囲む左がロイサブのオーナー、ジョナサン・キャセイと右がジョナサンのガールフレンドのブランディちゃん。
a0077842_1673645.jpg
The left person surrounding Joe Ledbetter at The Loyal Subjects booth is the president Jonathan Cathey and the right person is Brandee, Jonathan’s beautiful girl friend.
by tomenosuke_2006 | 2011-11-09 18:47 | モチャ行脚
NYCC 2011みやげ、最後の2D作品。
威厳に満ちた、時には獰猛に怒り狂う誰も見たことのないパンダを描き続けるAngry Woebots(アングリー・ウォーボッツ)、本名Aaron Woes Martin(アーロン・ウォウス・マーチン)。
しかし迫力に満ちた作品とは裏腹に、本人はいたって穏やかで、小柄な人物だ。
a0077842_123052.jpg
そんな彼の10月20日のポストで紹介した最新キャンバス・プリント『Bloodline 2』(ブラッドライン2=血統その2)25部限定を発売する。
シリアルナンバーは2/25、1/25はアーティスト本人が、3/25は留之助のパーマネント・コレクションなのである。

ご注文はこちらから→http://tomeshoten.exblog.jp/17037972/
a0077842_12291740.jpg
Bloodline2 Canvas Print by Angry Woebots. 18" x 22" x 1 1/2" Canvas. Stretched Print. Signed and Numbered edition of 25.
by tomenosuke_2006 | 2011-10-31 15:47 | 書店入荷新着情報
NYCC 2011/スナップその3。
ここ3ヵ月のうちにkidrobotからゾンビ・ロバー・ダニーをはじめSwatchターンテーブル&マイクロフォンを連発した売れっ子のMad
myplasticheart(MPH)のブースで先攻発売されたPobber Toys製Mork Prisoners 816 & 913を両手に睨みをきかしている。
このモーク・プリズナー、はっきり言って最近のMad作品の中では頭ひとつ抜きん出た傑作、いずれは留之助にも入荷の予定だけれど、ガマンできなくなってサイン入りを2セットお持ち帰えりしてしまったのだった。
a0077842_2314319.jpg
Super popular toy designer MAD and his latest creations Mork Prisoners 816 (orange colorway) and 913 at MPH booth.

Sketchbotの作者Steve Talkowski(スティーブン・タルコウスキー)、オブジェモチャ・アーティストの中でも彼ほどハイテンションで、早口で、話しだしたら止まらない元気な人物はいないだろう。
スケッチボットの通算第5作目、真っ赤なストロベリー・カラーのV5先行発売&サイン会が、MPHブースで開催された。
いずれこれも留之助に入荷するけれど、スティーブンが手にしている記念のアート・プリントとサイン入りV5を2セット、勢いで購入。
a0077842_19585751.jpg
The myplasticheart have teamed up with Steve Talkowski to pre-release Sketchbot Variant 5 at NYCC 2011.

ロウブロウ・アート・ギャラリーART Whinoのブースでパンダ作家Angry Woebots(アングリー・ウォーボッツ)、本名Aaron Woes Martin(アーロン・ウォウス・マーチン)が25部限定の木枠に貼られたキャンバス・プリントにサインを入れている。
じつは彼がデザインしたレジン製パンダの素体を使って、留之助のためにツキノワグマを創ってもらう計画が1年前のDCon 2010で持ち上がり、そのままになっていたのだけれど、なら、いっそのこと飛騨高山あたりでライブペインティングをからめたリリース・ショーができればなお面白いと話し込んでしまった。
さて、アート・ウィーノのオーナーShane Pomajambo(シェーン・ポマジャンボ)が太っ腹なところを見せてくれた。
アーロン作品と、10部限定のkaNOのキャンバス・プリントを、日本のアート・ファンのやめに各1点ずつディスカウント提供してくれたのだ。
a0077842_21533739.jpg
Aaron Woes Martin aka Angry Woebots is signing his newest canvas print from art work "Bloodline 2".

というわけでNYCC 2011リポートはこれくらいにして、そろそろ戦利品などを紹介していこうと思う。
a0077842_22395719.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-10-20 22:40 | モチャ行脚
NYCC 2011/スナップその2。
お祭り気分のCULTYARDでひときわ騒々しかったのがShane Pomajambo(シェーン・ポマジャンボ=左端)が運営するロウブロウ・アート・ギャラリーART Whino(アート・ウィーノ)のブースだった。
この日のために用意された10数点の限定版アート・プリントが一斉にお披露目されたり、Angry Woebots(アングリー・ウォーボッツ)をはじめ、Marka 27、kaNO、Jeremiah Ketner(ジャーミア・ケトナー)たち大勢のアーティストがライブペインティングで腕を競った。
a0077842_12172994.jpg
a0077842_12304138.jpg
a0077842_12314245.jpg
The most exciting booth in CULTYARD was ART Whino managed by Shane Pomajambo.
by tomenosuke_2006 | 2011-10-19 12:36 | モチャ行脚
これ欲しいけれど、たった1個じゃ、絶対ムリ。
ワーナー・ブラザーズにヘッドハンティングされてLAに移り住み、現在はTVアニメBatman: The Brave and the Boldのキャラクター・デザイナーとして活躍中のkaNO
Kuso Vinylとコラボで準備中の新作ソフビ・フィギュアも、本業が忙し過ぎてなかなかはかどっていなさそうだ。
そんな折り、彼のワンオフ・カスタムPanda Kingが太平洋標準時の3月2日午後1時にkaNO shopで発売になる。
眉間にシワを寄せたトレードマークのしかめっ面にますます磨きがかかり、相変わらず緻密なペイント・ジョブが冴えわたる。
a0077842_23565985.jpg


More: kaNO作カスタム・パンダキングの後ろ姿。
by tomenosuke_2006 | 2011-03-03 00:05
DCon 2010現地リポート-8/アングリー・ウォーボット。
通り名はAngry Woebots(アングリー・ウォーボッツ)。
MINDstyle x Disneyのスティッチ・アーティスト・シリーズで颯爽と登場し、BIC PLASTICSのビッグバディ・アーティスト・シリーズや、最近ではツートーン・ダニー・シリーズでも大活躍のハワイのパンダ画家Aaron Martin(アーロン・マーチン)とファースト・コンタクトした。
狙いどころはDConのために1点ずつ手塗りで仕上げられた25個限定のレジン・フィギュア、その名もカリフォルニア・キング、高さ8インチ(20センチ)だ。
カリフォルニアの州旗で有名なグリズリー・ベアをモチーフにしている。
a0077842_13352076.jpg
今年はじめに発表された白黒のパンダ・キング、夏のSDCC 2010限定クロクマのナイトメア版に次ぐ待望のアングリー・ウォーボット第3弾なのだ。
で、本人はというと思ったよりずっと小柄で、気さくで、店主のプロポーザルに大いに興味を持ってくれたのだった。
つまり、日本各地で発生するクマ問題の渦中のツキノワグマを留之助用に作ってもらい、売上げの一部というか、利益のぜんぶを熊森協会の岐阜県支部に寄付したいと持ちかけたのだ。
もちろん大筋で合意、忘れられないうちに企画書メールを送ろうと思う。
さてと、DCon限定カリフォルニア・キングは2個を販売用に譲ってもらった。
近日中に発売します、連続リリースでごめんなさい。
a0077842_1413460.jpg


More: サイン入りアート・カードのオマケ付き。
by tomenosuke_2006 | 2010-11-26 14:23 | モチャ行脚
徐々に見えてきた2Tone Dunny series。
近日発売予定のツートーン・ダニー・シリーズのラインナップのひとつらしい。
Stitch Experiment 626 Artist Series 1でオブジェモチャ界にデビューしたハワイのパンダ画家Angry Woebots(アングリー・ウォーボッツ)、本名Aaron Martin(アーロン・マーチン)の作品です。
これまでにもダニーをプラットホームに使った傑作カスタムを発表し、コレクターのあいだで激しい争奪戦が繰り広げられてきたけれど、やっとフツーに買えるパンダ・ダニーに会えそうです。
けど、近日発売って、いつのことなんでしょうね。

a0077842_7451248.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-09-17 23:59 | kidrobot 新製品情報
新着MINDstyle x Disney発売のお知らせ。
発売はぜんぶで4種類です。
どれもカートンは4個入り、で、今回の並行輸入販売をヘルプしてくれている海外友好店には3カートンずつ各12個リクエストしました。
けれど、こちらの希望どおりの数を分けてもらえたのと、そうでないのとマチマチ。
まず12個入荷したのは、とくに強力に頼んでおいたティキ・スティッチのみで、あとはジミニー・クリケットとリロ・コスプレ・スティッチが各8個に削られてしまいました。
それから紹介はこれがはじめてとなるAngry Woebot Custom Stitch(アングリー・ウォーボッツ・カスタム・スティッチ)の6個。
ほかのモチャたちのおよそ3分の1の100個限定と少数生産のため、これ以上はムリでした。
このアングリー・ウォーボッツ・カスタム・スティッチはスティッチ・アーティスト・シリーズ-1でオブジェモチャ界に本格デビューしたハワイのパンダ作家Aaron Martin(アーロン・マーチン)による、前作をベースにした血しぶき版で、アーティスト・シリーズやリロ・コスプレ・スティッチと同じ5インチ(13センチ)サイズです。
a0077842_10304926.jpg
ということでセット販売を企画しました。
まずは全4種セットをアングリー・ウォーボッツの数だけ、つまり6組、本日4日(火)の深夜24時にお得な割り引き価格でミッドナイトセールいたします。
GW終盤です、お出かけのみなさんもいらっしゃるかもしれませんが、とにかく奮ってご注文ください。
4種セットが売り切れても、売り切れなくても、明日5日(水)の深夜24時から単品販売に切り替えます。
a0077842_11254018.jpg
ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/12583765/

More: リロ・コスプレ・スティッチのこんな画像。
by tomenosuke_2006 | 2010-05-04 11:39 | MIDNIGHT SALE
世界のオブジェモチャ情報誌クラッター最新13号。
獰猛なパンダを描き続けているネイティブ・ハワイアンの画家Angry Woebots(アングリー・ウォーボッツ)、本名Aaron Martin(アーロン・マーチン)の描きお下ろしがカバーを飾るクラッター最新13号が近日入荷する。
a0077842_14135435.jpg
前号から取り扱いを開始したこのイギリス発のオブジェモチャ情報誌、売れ行きも上々で、巻頭見開きの恒例新作モチャの紹介記事を見て、入荷の有無をお問い合わせの方や、大胆に注文してこられる人も。
たとえば今度の見開き、キュート系以外、けっこう入って来るなぁと、我ながら感心する始末である。
a0077842_15112377.jpg


13号のハイライトはこちらです。
by tomenosuke_2006 | 2008-11-10 15:16 | 書店入荷新着情報