タグ:Aya Kakeda ( 40 ) タグの人気記事
TOYS HELP US x Aya Kakeda.
NYでも仲間のアーティストに呼びかけ、寄付金を募るオークションを企画してガンバっているAya Kakedaさん。
そんな彼女からは、あのノホホンとした3インチ・ダニー全5種類のAPが届く予定です。

Aya-san, We really appreciate your concern and support. Also we hope that your charity auction succeed.
a0077842_18234732.jpg

Set of 5 Aya Dunny by Aya Kakeda
artist proof 3-inch figure
キャンペーン協賛ソフビフィギュア・セット



More: AP・アヤ・ダニーの背面画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-03-19 07:05 | 留之助イベント
JunとShonのイベントにAyaさんが特別参加。
25日、渋谷パルコ・パート1で午後1時から開催されたJunとShonの新作発表会に、帰国したばかりのAya Kakedaさんが遊びに来てくれました。
街はクリスマス真っ盛りの週末でスゴイ賑わいなんですが、バーチャル・ショップはやや静か。
そろそろ切り上げようかと思った矢先に示し合わせたように東京方面の留之助ユーザーさんたちが詰めかけてくれて、いい感じの締めくくりと相成りました。
オンラインからの参加も含め、ふたりの新作はほぼ完売、みなさまのご協力にこの場をかりてお礼申し上げます。
a0077842_820204.jpg

▲Ayaさんを囲んでJun(左)とShon(右)


by tomenosuke_2006 | 2010-12-25 23:59 | 留之助イベント
NYCC 2010現地リポート-3/Ayaさんとツーショット。
RAJE Toysの並びにkidrobotブースがあり、コンベンション初日の午後3時から5時まで2Tone Dunny seriesの参加アーティスト、Chuckboy(左)とPon(中央)とAya Kakedaさん(右)による合同サイン会が開催されたました。
a0077842_0335993.jpg
ちょうど同じ時間帯に別の打ち合わせで会場を離れていたため、帰り着いたのはサイン会もお開きになる5時直前。
なんとかAyaさんと2年ぶりに再開を果たし、記念撮影したり、お茶したり、留之助とのコラボプロジェクトについてお話したりで、楽しい時間を過ごさせていただきました。
相変わらず美女の前では緊張のあまり緑に変身する店主であります。
a0077842_057312.jpg
注)このポストで使用した画像はAyaさんのデジカメで撮影されたものです。
by tomenosuke_2006 | 2010-10-10 23:59
連日、ツートーンでトレーディング・パーティしています。
a0077842_20591551.jpg
こちらの画像は16個入り1ケースとバラを5個購入されたきつねさんから。
で、なんとお店ではなかなか出てこない?/??のAngry Woebotsがケースから1ヶ、バラからも1ヶ出たんですって。
それにしてもどーですか、凶暴なパンダに左右から迫られてもAyaさんダニーは我感ぜずで堂々たるもんです。
ツートーン中、いちばんいい顔していると、もっぱらの評判です。
a0077842_21181861.jpg
Maxx242のシークレットが先に出てしまった。
コレクターズ・チェックリストのシルエットがもうひとつのMaxx242と同じだったから、黒白反転版かなと噂してたんですが、思ったとおりでした。
a0077842_2174250.jpg
言ったとおりでしょ、Chuckboyダニーって、けっこう作り込まれてる。

コレ狙いの男子がけっこう多い、1/32のHuck Geeダニー。
店頭でこの2日に6ケースがバラ売りされたけれど、確かにいままでに3個出た。
a0077842_21343930.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-09-25 21:59 | 投稿画像
2Tone Dunny seriesをご紹介 - 前編。
a0077842_9402429.jpg
一昨日の発売告知でmyplasticheartやrotofugiといったアメリカの有力オンライン・ショップで2Tone Dunny seriesの売り切れが相次いでいると報告したけれど、再入荷がはじまったようだ。
kidrobot USAがどういう基準で選んだのかはさておき、段階的に小売店に卸している模様で、アメリカ国内でも発売すら知らされていなかったショップもあるらしい。
そこらへんのことはKRonikleに寄せられたコメントで知った。
そういう何かとお騒がせなツートーンについて、ざっと分かっていることを。
参加アーティストは総勢13名、ただしダニーの種類はコレクターズ・チェックリストの14個じゃなさそうだ。
a0077842_1125168.jpg
上の画像、左から順に。
Aaron Meshon (2/16):去年2月に発売されたレッツ・ハング・ジッパープルの作者によるベースボール頭の野球ファン?、すっかり和まされてしまいます。ところで“23”という数字には意味があるんでしょうか、店主のいちばん好きな二桁なんですが。ちなみに好きな三桁は323。
Angry Woebots (?/??):画像は何も手にしてませんが、串刺しにした魚のオマケ付き。いままででいちばん凶暴なパンダに間違いない、ビッグバディよりもスティッチよりも大きな口で吠えている。
Aya Kakeda (1/16):ますます、あやかけだワールド。
a0077842_2010346.jpg
Chuckboy (2/16):2008年クリスマスの寄り目のトナカイ、レインディア・ダニーの作者によるSFチックな力作。左手以外、すべてのパーツが新モールドで抜かれたと思われる。
Doktor A (1/16):ダニー・シリーズ2010に次ぐ新ダニーは白衣を着たマッド・ドクター風、耳を電極にたとえ放電させるところがドクターAである。
Gary Baseman (1/192):大御所の18番、MODダニーである。1/192ということは16個入りケースを12も買わないと当たらない計算である。そしたらこれの別カラーウェイ(下の画像/eBayから転載)があることが判明したのだった。
a0077842_1338861.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-09-25 13:47 | kidrobot 新製品情報
また、単なるコレクション自慢です。
労せずして、Aya Kakeda Dunnyをコンプリートしました。
頭にアイスクリームのダニーは、シリーズ5発売直後のNYでAyaさんにはじめてお会いした時、いただいたもの。
あとのエンダンジャード(左からふたつめ)とファタール(右からふたつめ)は、2010のケンタウロスといっしょに、つい最近、NYから送っていただきました。
オモチャ屋やっててよかったなぁと、こーゆーとき、とくに思うわけです。
Ayaさん、ありがとうございます。
みなさん、すみません。
a0077842_22174567.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-09-21 22:21
当店2つ目のケンタウロス・ダニーです。
通販でお求めの“わたなb”さんに次ぐ、店頭では、これがはじめてのAya Kakedaダニーです。
留之助開店以来、ずっとダニー・シリーズに散財してきた常連の“I”さんも、ついに勝利宣言。
心からお祝い申し上げます。
“わたなb”さんと同じく、弓には紐が付いていませんでしたが、もしかしたらこれが標準なのかも。
ちなみに当店に入荷した25個入り36ケースも売れ行き好調につき、本日、留之助オンラインでのケース販売を打ち切りました。
みなさん、ありがとうございました。

a0077842_19242067.jpg
a0077842_19215085.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-09-02 19:41 | 留之助商店計画
ダニー2010、公式シークレット画像です。
留之助ユーザーさんの間では、いまのところゴールデン・チケットは3枚出た模様、どんな特別版ダニーがもらえるんでしょうね。
Damarak The Destroyer(ダマラク・ザ・デストロイヤー)のカラーバリアントは混入率高そうです、クジ運ヒキ運の悪い店主ですら、当たりましたから。
Kozikの3/200のグルーン・アップルよりさらに険しい道のりのゴールデン・アップル・ダニーも留之助ユーザーさんが手に入れていらっしゃいます。
で、問題は1/400のAya Kakedaさんのケンタウロス・ダニー、いまのところぜんぜんウワサを聞いてません。
おかげさまで店主はAyaさんからサイン入りのアーティスト・プルーフをプレゼントしてもらえることになってまして、みなさん、すみません。
a0077842_12595674.jpg


Dunny 2010 - Damarak the Destroyer ?/??

a0077842_1321199.jpg


Dunny 2010 - Frank Kozik ?/???

a0077842_135657.jpg


Dunny 2010 - Aya Kakeda 1/400

by tomenosuke_2006 | 2010-08-28 13:11 | kidrobot 新製品情報
昨夜はサーバーダウンでご迷惑をおかけしました。
ダニー2010の発売を楽しみにされていたファンのみなさまには、昨夜、アクセス過多が原因でサーバーがダウンし、およそ50分ものあいだ専用ご注文フォームが開かない事態となりましたこと、心からお詫び申し上げます。
レンタルサーバー会社の報告によりますと、これまでにない大勢の方(IPアドレスの数)のアクセスが数秒の間に集中したのが原因ということでした。
今後、同じ問題でご迷惑をおかけしないために、さっそく、よりパワフルなサーバーへの移行作業を開始いたしました。
どうぞ今回の件、ご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。
a0077842_0541844.jpg
上はAya Kakedaさんのダニーです、eBayの出品画像を拝借しました。
後ろ半身の別パーツをつなげてケンタウロスになるというアイディアもみごとなら、ピンクの頭巾がこれまたかわいい。
なぜか彼女の絵の柔らかな表情が、ダニーになるとややシニカルに変わるのは誰のせいなんだろうと思ったり。
いまのところ当店でお買い求めのお客さまがケンタウロス・ダニーを引き当てたというご報告は、いただいておりません。
1/400ですから、少なくとも2つぐらいは出てもよさそうです。

さて、おかげさまでオンライン販売分は完売となりましたが、追加しておいたあとの8ケースが22日(日)に入荷しますので、このままご注文を受け付けさせていただきます。
by tomenosuke_2006 | 2010-08-20 23:59 | 留之助商店計画
ブルックリンにAya Kakedaさんを訪ねる。
バラの花のティアラを着けたかわいい女の子が3人、陽の光が届かない森の奥深くか、それとも洞窟の中なのか、まるでブタの丸焼きのように串刺しのアザラシを火にかけている。
ひとりは積極的、ひとりは好奇心でいっぱい、あとのひとりは心配性、小学校の理科の実験の時って、かならずこんな3人がいたものだ。
NY在住の日本人アーティスト、アヤ・カケダさんの“BBQ”と題された絵本の一場面のような作品に、すっかり感じ入ってしまった。

a0077842_22492481.jpg
静寂なタッチの中にゾッとするような残酷が利いて、この続きとおぼしき作品“sick seal infected woth mushroon”ではアザラシの肉を食べた3人が、からだじゅうに発疹を浮かべ苦しそう。
アザラシの亡骸からは動脈と静脈に塗り分けられたサンゴのような不思議が立ち上り、いったいこの絵の作者はどういう雰囲気の人で、どんな声で話すのかと気になりはじめたら、いても立ってもいられなくなってしまった。
ダニー・シリーズ5で頭に二段重ねのアイスクリームをのせた、それはそれはかわいくおかしなアイスクリーム・ダニーの生みの親であり、キッドロボットと縁がなければ知らずにすんでしまったかもしれないアーティスト。
せっかく近所まで来たんだから彼女に会わない手はないだろうと、アザラシのバーベキューを囲む3人の少女のように、ちょっと心配になりながらも好奇心に胸弾ませ、かつ積極的に、ブルックリンの彼女の住まい兼アトリエを訪ねたのだった。

a0077842_23252214.jpg
インタホンから聞こえるアニメのようなかわいい声に導かれ、アヤさんのアトリエへ入る。
父親の仕事の関係で16才からジョージアに住み、NYのSchool of Visual Arts(SVA)で学んだという当年30才。
影響を受けたアーティストは恩師でもあるDavid Sandlin(デイビッド・サンドリン)だとか、Tara McPherson(タラ・マッファーソン)とは2年前からの付き合いで、彼女の紹介があって今回のDS5への参加が実現したと物腰柔らかに語る。
それにしても育ちのいいお嬢さんの雰囲気とダークな作風のギャップが、会っているだけでも楽しい人だ。
壁に立て掛けた数々の額装済み作品や、ベッドの下から取り出したシルクスクリーンを取っかえ引っかえ観せてもらった。
最近、あるグループ展で、ダニーをデザインした人でしょうと声をかけられ、キッドロボットの影響力に驚いたとか。
これを弾みにますます飛躍するんだろうね。

a0077842_4112247.jpg
近く東京上野のギャラリーで作品展が開催されるとか、詳しくは後日、こちらでもお知らせいたします。
とりあえずアヤさんがひとつずつ手作りした小粒なストラップを持ち帰り、お店に並べるつもりです。
彼女の頭の中を漂うカワイコワイおかしな生き物を、じっくり目を凝らしてご覧いただくにはちょうどよいサイズかと。
by tomenosuke_2006 | 2008-09-20 23:59