タグ:Baby Tattoo ( 18 ) タグの人気記事
許しがたいインテリアという名のおかしな室内装飾本です。
1990年にLAのメルローズ・アヴェニューに開業したレストラン、Mel & Rose(メル・アンド・ローズ)がことのほか気に入り、仕事で滞在していた90年から91年の数ヶ月間、週に一度は通ったものだった。
メニューはハンバーガーやホットドッグの気楽なアメリカン・スタイル中心、オーブンで温めてくれるアップルパイは上出来だった。
20世紀はじめ、カリフォルニアの別々の町で生まれ育ったという男の子メルと女の子ローズの、ふたりの名前が店名のいわれ。
メルとローズはLAでめぐり合い大恋愛のすえゴールイン、子宝にも恵まれて、それはそれは幸福な晩年を過ごしたとか。
その長い人生のさまざまな時代のメモラビリア、ローズが使った古ぼけたベビーベッドをはじめテディベアやおままごとセット、メル愛用の錆びた三輪車やリトルリーグのユニフォーム、ハイスクールの教科書や勉強机やポータブルラジオ、さらには額に収められた数えきれないほどの記念写真が、古い順に入り口から奥へ、店内のいたるところに飾られて、おもな品物にはていねいに手書きのキャプションが添えられていた。
もちろんふたりが赤ん坊のころのセピア色に褪せた写真もあれば、孫たちに囲まれたカラー写真も。
そもそもメルローズ・アヴェニューとはこの幸福なカップルの名前に由来していると、ひときわ大きなキャプションが、いちばん目立つ入り口正面に飾られたふたりの結婚写真にベッタリ糊付けされていた。
レストラン・メル・アンド・ローズは個人史博物館であり、まぎれもない20世紀の名残が詰め込まれた古道具置き場。
食卓や椅子や照明器具など、古くても使えそうなものはそのままレストランの備品として活用もされていた。
ロクロを切ったアーリーアメリカン・スタイルの家具から流線型のアメリカン・デコやミッドセンチュリー・モダンが渾然一体となったインテリアで、一貫性のない趣味の悪さ、ミッシュ・マッシュ(mish-mash=ごった煮)が最大の売りだった。
と、そういう昔を思い出させてくれたのが近日入荷のこの本、LA在のアーティスト、Justin Jorgensen(ジャスティン・ジョーゲンセン)監修による最高におかしな写真集『Obscene Interiors: Hardcore Amateur Decor』(許しがたいインテリア:筋金入りのシロウト室内装飾)なのである。
許しがたいインテリアという名のおかしな室内装飾本です。_a0077842_9282832.jpg
これのどこが留之助書店向けなのかと問われると返答に窮してしまうけれど、とにかく笑えるから許してやって。
カリフォルニアの家やアパートのミッシュ・マッシュで勘違いなインテリアをせっせとカメラに収めた実録編。
どの部屋も主(あるじ)がよかれと信じて飾り立てたにちがいない自慢の場所だからこそ、失礼とは存じますが大いに笑える。
ばかりか出たがりの主までがカメラに向かってポーズをとっているのだ、オバカだね。
中にはあらぬ姿のものもあり(たぶん)、だからまとめてグレーに塗りつぶされ、このシルエットがまた変なこと空想させてくれる、いやが上にも笑いが増幅する。
徹すれば、どんな馬鹿馬鹿しい事柄も意味を持つようになる、アートにさえなると話していたのは、メル・アンド・ローズを開業したときのデニス・ボーゼス(アンティックショップOff The Wallのオーナー)だったけれど、写真集『許しがたいインテリア』を見ていると、彼の言葉がいまさらながらに信憑性を帯びてくる。
ここまで変な部屋の集大成ともなると、おしゃれなインテリア雑誌も及ばないアートの後光を放ちはじめるからだ。
許しがたいインテリアという名のおかしな室内装飾本です。_a0077842_14402856.jpg
それにしてもメル・アンド・ローズ。
じつは売れそうもない古道具やガラクタを運び込み、自分の祖父母の写真などテキトーに利用して、嘘八百のストーリーで塗り固めたレストラン。
ふたりの名前からとってメルローズ・アヴェニューと呼ぶようになったってか?
これじゃお上りさんは信じちゃうよ、店主も鵜呑みにしかけた。
が、それを知ってますます面白くなり、許しがたいインテリアもいつしか心地よく、メル・アンド・ローズへ通うハメに。
が、レストランは1年足らずで廃業してしまった。
デニスはウソをつき続けるのに疲れたと言ってたけれど、頭の固い観光関係者や旅行者からたびたびクレームをつけられたのもやる気をなくした理由のひとつだった。
真面目に頭の固い人たちは世の中から面白いを追いやるね、真面目にテキトーなのがいちばんいい。
留之助書店の本は、言わずと知れた後者向け。
by tomenosuke_2006 | 2008-03-29 18:02 | 書店入荷新着情報
グリス・グリムリィの絵本はいかがですか。
Gris Grimly(グリス・グリムリィ)といえば『邪悪な童謡集』で開店したばかりの留之助書店にお目見え、オンラインで半分、店頭売りで半分、1週間足らずで入荷分が売り切れちゃったね。
オンラインのお客さまのことは分からないけれど、店頭で購入された人は全員がグリムリィ初体験者ばかり。
みなさん細密描写の奇妙な登場キャラが気に入ったみたいだ、それと重すぎない水彩の色合いも。
とにかくファミリーブックとはいっても、この絵本を子どものために買ったという人の話は聞いていない。
グリス・グリムリィの絵本はいかがですか。_a0077842_17543455.jpg
そんな『邪悪な童謡集』の前作に当たる『リトル・ジョーダン・レイの泥んこジャガイモ』っていう、これまた幻想的な絵本が入荷する。
ジョーダンとい名の若者の気ままな冒険談を例のタッチで綴るハードカーバーの40ページ。
『不思議の国のアリス』や『オズの魔法使い』や『ダーククリスタル』や『ラビリンス/魔王の迷宮』が好みの、夢見る性格の人にはぴったりだと思う。
たとえば本から抜粋した下のページ、ジョーダンが海辺の洞窟に棲むグランピ(ご機嫌斜めな)トロールの食卓を覗き見しているシーンだけれど、このあとの思わぬ展開は買った人だけに知る権利があるのだった。
サイズ縦26.5 X 24センチの大判サイズ、絵本というより画集の趣。
グリス・グリムリィの絵本はいかがですか。_a0077842_1817520.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-03-10 18:44 | 書店入荷新着情報
ラグナー・タッチな、あとの3冊。
好評のうちに完売したBrandon Ragnar Johnson、通称ラグナーの画集Vernaculis(ヴァナキュリス)でしたが、そのまえに出版された傑作本3冊が同時に入荷します。
60年代を彷彿とさせるラグナー・タッチはそのまま、レトロ・モダンな味わいはどの本にも反映されて、しかもこれから紹介する最初の2冊はファミリー向け絵本なんだからね、子どもになんかもったいない?
まずは最初っから最後まで、ほとんどの絵が夕暮れの西日が差しているような色合いの、ラグラーが彫刻したという特製フィギュアの写真も織りまぜた、ちょっと危険な“鼻取りゲーム”についての本。
Got Your Nose(ゴッチャーノーズ=お前の鼻をとっちゃった)↓
ハードカバー/18 X 18センチ/32ページ。
ラグナー・タッチな、あとの3冊。_a0077842_18192247.jpg

次は空飛ぶゴーカートに乗って田舎から都会へ、ついには宇宙にまで飛び出してしまうレーサー、イージーが主人公。
ページをめくるたびに左上に現在時間が表示され、無重力の宇宙空間でくつろぐまでのおよそ1時間を、ライトグリーンからダークパープルのカラーグラデーションで綴る。
とっても美しすぎます。
Izzy's Very Important Job (イージーのとっても大切なお仕事)↓
ハードカバー/18 X 18センチ/32ページ。
ラグナー・タッチな、あとの3冊。_a0077842_18461834.jpg

で、3冊目はこれ、ロード・オブ・ザ・リングじゃない、キング・オブ・ザ・ロード。
通りを徘徊する浮浪者をそう呼んで、彼らと生活、彼らの夢や欲望をグラフィックに紹介している。
ばかりか、デザイナーのための素晴らしいソースブックにもなりそうな無数のタイポグラフィ、テキスタイルデザインなどが楽しめる仕組み。
Kings of the Road(キング・オブ・ザ・ロード=通りの大様)↓
ハードカバー/18 X 25センチ/96ページ。
ラグナー・タッチな、あとの3冊。_a0077842_19524112.jpg


キング・オブ・ザ・ロードのグラフィック。
by tomenosuke_2006 | 2008-03-08 23:59 | 書店入荷新着情報
Baby Tattooという出版社。
Baby Tattooという出版社。_a0077842_1819952.jpg
留之助書店を開業しようと思ったのは、マッチョな胸板にハートのタトゥを入れた変な赤ちゃんがトレードマークのBaby Tattoo の出版物を取り扱えることになったからだった。
最近紹介した画集や写真集のうち8冊がベイビー・タトゥだし、アンソロジーや企画ものに傑出しているゲシュタルテンの出版物といっしょに並べたら、そりゃもう最強のオブジェモチャ本コーナーができあがる。
ゲシュタルテンの分厚くて値段もお安くない“巨本”に対してベイビー・タトゥは“お手頃本”、バランスとれていいじゃないですか。
とにかく売れると分かってる本しか作らないもんだから、結果似たりよったりの顔ぶれになってしまう日本の出版界に、世界の(ある意味、偏った)アート・シーンを紹介してと頼むのはほとんどムリでしょう。
ベイビー・タトゥやゲシュタルテンが日本のウイークポイントを補ってくれるからありがたいのです。
ところでベイビー・タトゥといえば、ゲイリー・ベースマンやコジックたち選り抜きのロウブロウアーティストと南カリフォルニアのリゾートホテルで週末を過ごす夢の合宿イベントBABY TATTOOVILLEを企画したことでも有名、8月の記事で紹介したから覚えてる人もいるかもね。
Baby Tattooという出版社。_a0077842_19273863.jpg
そのベイビー・タトゥはロウブロウアート界では知らぬ者などひとりもいないコレクターのロバートとラニのセルフ夫妻が、2003年に設立した趣味の延長のような出版社。
その記念すべき第1号本が上のGris Grimly's Wicked Nursery Rhymesなのだった。
ファンタジー・アーティスト、グリス・グリムリィが日ごろ描いている奇怪なモンスターやキャラクターを本にまとめた『ウィケッド・ナーサリー・ライムス=邪悪な童謡集』をプロデュース、2003年のSDCCでお披露目すると評判は上々で、またたく間に全国の書店へ配本されることとなった。
イギリスの小説家にして脚本家兼映画監督(ヘルレイザーが有名)、ホラーとダーク・ファンタジーの第一人者クライヴ・バーカーは、この本を「粋でおかしく、愉快で残忍、毎日がハロウィンのお祭りならいいと思うようなボクたちのための本だ」と評している。
ペンと水彩による抑えた色調のこの本は、奇妙なキャラクターたちを見開きごとに紹介し、一見バラバラな内容のようで、しまいには危うい皮肉に満ちた物語として収斂していく、まるで魔法のように。
縦横20センチのハードカバーに32ページの絵物語、ベイビー・タトゥ最初の本はいまも増版が繰り返され、最高の発行部数を誇るという。
Baby Tattooという出版社。_a0077842_22393185.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-12-04 23:59 | 書店入荷新着情報
セクシー、スケアリー、エグッ。
きのう画集や写真集などゴソッと入荷したものだから、眠れぬ一夜を過ごしました。
どれもこれも面白くって眠れない、きっと売れ残るだろうなぁと思うともっと眠れない。
とうに自覚してますよ、店主が面白いと感じるものは必ずしも大多数のみなさんにウケるとは限らないってこと。
とにかく在庫も増えたし、入荷新着情報も煩雑になってきてることだし、この際だ、書籍やポスターやDVDなどを専門に扱う留之助商店の支店を近くオープンすることに決定!
とはいってもオンラインストアをもうひとつ用意するだけのことだけれど、今月中にスタートさせたいと思ってる。
その名も、留之助書店、あまり面白くないか?
とにかく早めの商品紹介をさせてもらうからね。
セクシー、スケアリー、エグッ。_a0077842_11531159.jpg
最初はセクシーな1冊、Vernaculis By Ragnar。
これは通称ラグナーの名で知られるLAベースの画家でグラフィックデザイナーで漫画家のBrandon Ragnar Johnsonによる通算5冊目の画集であり、大評判の前作Chromaphileの続編ともいうべき内容だね。
出版早々LAタイムスで「あんぐり、アゴがはずれそうになるくらい素敵な絵が次から次に飛び出してくる」と紹介された。
SHAGとよく似て、カリフォルニアの過ぎ去りし時代の眺めを大胆な色彩と清楚な線を用い、より肉感的でセクシーにグラフィックを利かせて表現するのがラグナー。
そのとても1960年代的な雰囲気をモッズ・ピンナップなんて呼んでもいいかもね。
ラグナーの絵をもとに作られたポリストーン・スタチューのことを傷んだ物体のオアさんが1年以上もまえに紹介してらしたけれど、もう手にされたのかなぁ、店主も欲しい。
セクシー、スケアリー、エグッ。_a0077842_12553043.jpg
お次はちょっとスケアリーな、Visions From Within The Mechanism by Jeffery Scott。
店主、“From Within”っていうセンテンスに過剰反応する性質だ。
心身ともに圧倒されたデイヴィッド・クローネンバーグの1976年の映画『人喰い生物の島』の原題が“They Came From Within”だったから、ついついおぞましいものを連想してしまうのだ。
とにかく上の画像がジェフリー・スコットの“From Within”な作品集の表紙。
けっして汚したり傷つけたわけじゃない、正真正銘の新品だからね。
まずこの古ぼけた仕様に騙され、96ページにわたる写真とハイパーリアルな絵の身の毛もよだつ見事な合成処理に翻弄されて、まるで崩れた生身や歪んだヒューマノイドがひしめく見せ物小屋の回廊をたったひとりで歩いているような気分にさせられる。
目を背けたくなるような嫌悪と恐怖。
しかしそんな感情もいつしか騙し絵のトリックを読み解く好奇心に取って代わったらこっちのもの、この本を倍楽しむことができるのだ。
セクシー、スケアリー、エグッ。_a0077842_16263219.jpg
で、きょうの締めくくりは、これ、発砲スチロールのトレイにのせられサランラップでくるまれた分厚いステーキ肉のような33センチ×31センチの大版写真集、エグイ見せ場が山盛りのGUTS By Tim Palen
この写真家ティム・パレンといえばセレブのポートレートをこの上なく美しくカメラにおさめたかと思えば、グラフィック・ホラー『ソウ』シリーズや『ホステル』のポスターなどダークな作品でも腕を揮う。
GUTSは多岐にわたるパレン作品の集大成なのだ。
けっして情景にのめり込まない客観的な視点による、静かで、ある時は霊的でさえある絵作り。
ちなみに肉片に感情を見てとることができるような肉の組成を克明に捉えたGUTSのカバー写真は『ホステル2』の予告ポスターに使われたもの。
ダミ・ヘッドやXLサイズのダミ・ペニスを絡ませたトリック写真もあり、実際に使うにはけっこう勇気がいるポストカード3枚のオマケも付く。
留之助書店の開店が待ちきれない方は、直接お問い合わせくださいね。

抜粋/ジェフリー・スコット&ティム・パレン。
by tomenosuke_2006 | 2007-11-24 18:22 | 書店入荷新着情報
ゲイリー・ベースマンの野生の鹿少女。
ゲイリー・ベースマンの野生の鹿少女。_a0077842_10412646.jpg
ロウブロウ・アーティストの画集を多数出版しているアメリカのBABY TATTOO
留之助ではそこの新刊やら、気になる既刊本を取り扱うことにしたから。
で、まずはこれ、ゲイリー・ベースマンのMy Hunger for Venison。
理屈好きな彼らしい書名だね、『ヴェニソンを渇望す』。
“ヴェニソン”という言葉には“鹿肉”とか“獲物”という意味もあるけれど、ここでは画集の主人公“野生の鹿少女”(wild deer girl)のことをヴェニソンと呼んでいるから、こんな感じの訳でいいと思う。
収録作品は2006年の春、旅先のバルセロナでゲイリーが見た妄想を元にしているとか。
とにかく縦25センチ×横33センチの大判ハードカバーで64ページは見応えある。

私は妄想の中で、森へ逃げ込み隠れようとする自分を見た。
木々の間を走り抜けているとき、あやまって木の枝にぶつかり、しばらく意識不明に陥った。
気が付くと、鹿の角を持つ全裸の美しい少女が鼻を押し付けるようにして私の匂いを嗅いでいるではないか。
唇のまわりの乾いた血を舐め、さらに舌で傷口を癒してくれる。
なんとやさしい子かと思う間もなく、野生の鹿少女は次の瞬間、私をむさぼり喰いはじめるのだった。

画集はその鹿少女の無邪気で残酷な森での生活を紹介している。
色鉛筆によるスケッチ風やら油絵、ビンテージ本のページに描いたミックスドメディア作品など、ぜんぶで32点。
いずれも左ページがキャプション、右ページが作品という構成で、これなら好きな絵をページごと切り取って額装もできそうだ。
おっとそれから、異様に分厚い裏表紙には秘密があって、縦18センチ×横11センチ、32ページのスケッチブック(下)が裏表紙内側に加工された凹面部分に入っている。
これはゲイリーがバルセロナ滞在中、おもにCafe Rosalでお茶をしながら描きとめた妄想の一部始終を復刻したもので、画集の収録作品はこのスケッチを元に帰国後仕上げられた。
見比べるのも楽しみのひとつ、このスケッチブックだけでもけっこうお腹がふくれます。
ゲイリー・ベースマンの野生の鹿少女。_a0077842_1214274.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-11-04 23:59 | 書店入荷新着情報
行けないなら、せめて。
LA北部のパサデナといえば、オールドタウンの名で親しまれている風光明媚な街。
ここで開催されるローズボウルや19世紀から続く新年のパレード、月一のアメリカ最大のフリーマーケットはつとに有名だね。
街の中心を走るコロラド・ブルバードはかつてルート66として東部と西部を結んだ歴史の道で、1980年代のはじめに再開発がはじまり、いまじゃレンガや石造りの古い建物がきれいにレストアされて、レストランや一流ショップが軒を連ねるハイソな通りに変貌している。
そのコロラド・ブルバードの一本北の通りをユニオン・ストリートといい、そこにカリフォルニアで生まれ育った様々な芸術をスペシャライズドした美術館パサデナ・ミュージアム・オブ・カリフォルニア・アート(PMCA)がある。
でだね、そのPMCAにロサンゼルス・トイ・ドール&アミューズメント・ミュージアム(LATDA)、つまりオブジェモチャ博物館が常設されることになり、いまその記念すべき第1回目の企画展BEYOND URUTRAMANが開催中というわけなんだよ。
復唱するよ、パサデナ・オールドタウンのPMCAのLATDAで『ウルトラマンの彼方』をやっている。
行けないなら、せめて。_a0077842_22232472.jpg
カリフォルニア・オブジェモチャ界のウルトラ8人(下の写真)、それぞれ子どものときウルトラマンによって人格形成されたといってはばからないゲイリー・ベースマン、ティム・ビスカップ、デイヴィッド・ゴンザレス、デイヴィッド・ホーヴァス&サンミン・キム、マーク・ナガタ、カメラマンのブライアン・マッカーティによる豪華なグループ展。
開場風景はこんな感じ、マスプロからワンオフまで、いろんなオブジェモチャをはじめ大量の絵画や写真が整然と展示されている。
店主もここの空気、吸いたいです。
行けないなら、せめて。_a0077842_2249825.jpg
そこで行けないなら、せめて展覧会図録ぐらいは欲しいというわけで、ちょっと多めに回してもらうことになりました。
25センチ角の大判サイズ、総64ページ、現在、留之助で企画中の『読書の秋キャンペーン』の目玉の1冊です。
ところで彼らウルトラ8人は円谷プロが経営難から大手映像制作会社に身売りしちゃったことや、その会社がハイテク至上主義でもって新しいウルトラマンをつくろうとしていることなど知らないんだろうなぁ。
むしろこれからはロウブロウ・アーティストの彼らこそが、非力ながらもウルトラマンの精神を継承してくれるんじゃないだろか。
CGのウルトラマン見て育っても、第二のゲイリー・ベースマンやティム・ビスカップは生まれないような気がする店主なのでした。
行けないなら、せめて。_a0077842_23531757.jpg
行けないなら、せめて。_a0077842_235435.gif

上の画像をクリックすると本の内容がちょっとだけ見られます。


by tomenosuke_2006 | 2007-10-25 23:39 | 書店入荷新着情報
なんとまぁ、贅沢な週末だこと。
週末のあいだ、お気に入りのアーティストと気ままにお過ごしください・・・そしてここだけの限定品をたくさん手に入れてください。

そんな見出しの案内状を受け取った。
主催は美術本の出版社BABY TATTOOVILLE
場所は、南カリフォルニアはリバーサイドの由緒正しきリゾートホテルThe Mission Inn Hotel & Spa
日時は、10月5日〜7日(2泊3日)。
募集人員は、100人。
参加費は、ミッションインの宿泊代合わせて1499ドル(9月4日以降の申込は1966ドル)。
なんとまぁ、贅沢な週末だこと。_a0077842_2156499.jpg
上の画像をクリックすれば拡大されるんで、よく見てちょうだい。
ゲイリー・ベースマンにティム・ビスカップにコジックにタラ・マッファーソに・・・留之助でもお馴染のロウブロウ・アーティストが何人もリストされてるけれど、じつは彼(彼女)らと二晩、同じホテルに合宿し、創作活動をナマで見学したり、おしゃべりしたり、とにかく夢のようなロウブロウ・ウィークエンドを過ごしませんかっていうお誘いなんだよ。
しかもゲット・ロッツ・オブ・エクスクルーシヴ・スタッフですよ、参加証明書はアマンダ・ヴィゼルが1枚1枚手描きしたワンオフ・カード、マンキー・キングやストレンジコ提供のここだけモチャをはじめ、アーティストのここだけ手刷りポスターなど、数々の限定版が手に入る。
BABY TATTOOVILLEのHPから参加申込書がダウンロードできるんで、よかったらどうぞ。
by tomenosuke_2006 | 2007-08-22 23:21 | ロウブロウアート