タグ:Barneys New York ( 3 ) タグの人気記事
デビッド・フローレスのアートプリント、2作発売。
このところ書籍よりポスター&アートプリントの入荷が多い留之助書店だが、また2点、傑作が届いた。
あの両手にナイフの大仏ステンドグラス、スケッチアーティスの作者David Floresの新作だ。
すでに彼のサイトでの販売は終了した、いわゆる入手困難な逸品、ポップカルチャーとファッション界のふたりのアイコンをモデルにしている。
デビッド・フローレスのアートプリント、2作発売。_a0077842_1094630.jpg
ひとりは20年間も現役のスーパーモデル、Linda Evangelista。
デイヴィッド・リンチのTVヒット作『ツイン・ピークス』に主演して一躍トップスターの仲間入りをしたカイル・マクラクランとツーショットで登場したBARNEYS NEWYORKの1991年の広告が、なぜか印象に残っている(どーでもいいけど、ふたりは恋人同士だったらしい)。
去年はPRADAのモデルをつとめ、DSQUAREDの今年の春夏モノではナオミ・キャンベルと競演し、美貌は年を重ねるごとに艶を増して、どこまで美しくなるのだろう、奇跡の女性だね。
そんなリンダ・エヴァンジェリスタの思いっきりの笑顔が印象的なVマガジン2004年1月号のカバーを、デビッド・フローレスが遊んだのが今回入荷のアートプリントのひとつ。
ヴィトンのモノグラムを雑誌ロゴの“V”のシルエットに沿ってちりばめているところが、オシャレさんな仕上がりである。
もう1点は説明の必要なしのAndy Warholだけれど、いままでのフローレス作品にはない妖しい色使いが晩年のウォーホルの神秘を感じさせてくれる。
先の話だけれどフローレンスといえば9月にキッドロボットから400個限定のディズニーとのコラボ作品をリリース予定、壮絶な争奪戦が予想されるね。
デビッド・フローレスのアートプリント、2作発売。_a0077842_12304020.jpg

"Linda" Print by David Flores
Signed. 18inch x 24inch Edition of 220.


デビッド・フローレスのアートプリント、2作発売。_a0077842_12323872.jpg

"Warhol" Print by David Flores
Signed. 20inch x 27inch Edition of 320.



スーパーモデルのリンダを見てください。
by tomenosuke_2006 | 2009-04-11 13:21 | 書店入荷新着情報
スカルヘッド。
好評のうちに完売した3インチ・ダニー・シリーズ4。
留之助で購入されたお客さまの中にシークレットを引き当てた人がいらしたかどうかは定かじゃございませんが、中でもダニーの顔をスカルヘッドに乗せ替えたホワック・ジー作品の人気は衰える気配がなさそう。
eBayではいまだに1個200ドル以上で取り引きされてるみたいだし、今月はじめにホワック本人のeBayストアで開催されたGID(夜光)とREDのサイン入りペアのチャリティー・オークションの落札価格は、なんと445ドル(約53,000円)。
全額、小児病院へ寄付されるとはいっても、ねぇ。
太っ腹な人がいらっしゃるものです。
文字通り、遠い海の彼方のお話ですわ、日本ではまだまだ。
スカルヘッド。_a0077842_0463498.jpg
あのころはキッドロボットのネームバリューでもなければ、スカルヘッドの人気や、その生みの親のホワック・ジーの名前が決め手じゃなかった。
ほんのちょっとまえ、2005年のいまごろのことだよ。
12インチのスカルヘッド・フィギュアが5種類、ひとつは50個、あとの4つはそれぞれ250個限定で同時発売され、あっという間に売り切れたのは、ニューヨーク・マンハッタンに本店のある高級セレクトショップの老舗バーニーズ・ニューヨークとのコラボだったから。
トップクラスのファッション・デザイナー5名によるその秋冬のコレクションを、共布、同素材で6分の1にリデュース、ホアック・デザインの仕込み杖(日本刀が仕込まれたステッキ)を持つスカルヘッド・フィギュアに着せて、バーニーズ・ニューヨーク本店とキッドロボットでのみ発売されたのだ。
最近、ほとんど更新していない留之助ホームページのここに載せてるんで、一目瞭然かと。
スカルヘッド。_a0077842_0495114.jpg
そしてこれからが肝心なとこ。
プレミア価格だからそう簡単に売れるものじゃないこのスカルヘッドを、この時期になると高山旅行にいらっしゃる鎌倉のご夫人が、今年もひとつ、つまり今回で2つ目をお買い上げくださったということ。
1年まえの留之助オープン時に恐るおそる付けたプライスも、ほとんど入手不可能に
なったいまでは、どこよりも安いはず。
きっとますますプレミアはつくだろうけれど、また来年もひとつ買いますとおっしゃったそのご夫人のためにも、留之助が潰れないかぎり向こう3年間はいまのままのプライスにしておこうと思うのだった。
そしてここが教訓?
ほとんど無名だったホアック・ジーがスター・アーティストになれたのは、石の上にも三年のことわざが示すとおり、アレですよね。
だから留之助もソレ見習わなきゃと自戒するのでした。
スカルヘッド。_a0077842_1262812.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-11-06 23:59
Huck Gee=ホアック・ジーのタンク・ダニーです。
ヤフオクの出品や管理は経験豊富な店長が担当してくれている。
出品された方ならお分かりだろうが、出品者は自分の出品画面で「アクセス数」や「ウォッチリストに追加した総数」などを知ることができる。
さすがにゴリラズの反応はいい。
レドラム・ダニーもコジックの名前が効いてるのだろう、けっこう注目されている。
それにひきかえキッドロボットの新作3体セットとなると、アクセス数は半減、ウォッチリストに追加した数はゼロときた(11月3日0時05分現在)。
ホアック・ジー(ヤフオクの出品ページにハック・ギーとありますが間違いでした)がデザインしたキッドロボット・シリーズの新作だからって、それがどーしたのっていう感じ。
この醒めた空気、でも、とってもいいじゃないですか。
いまの日本にホアック・ジーに飛びついてくる人が大勢いたら、困りますって。
みなさん、これから留之助商店で新しいオブジェモチャを知り、いろいろ学んでいくわけですから。
Huck Gee=ホアック・ジーのタンク・ダニーです。_a0077842_234561.jpg
少年時代のジーはイギリス移民の子として南カリフォルニアでけっこう孤独な日々を送ったらしい。
1990年代にSF(サンフランシスコ)へ越すと、デザイン関係の仕事に就き、がむしゃらに働いた。
彼の言葉をかりるなら「スキルを高めるため昼夜を問わず習作を重ね、インスピレーションを求めて週末を過ごした」。
昼間はwebデザイナー、夜はグラフィティ・アーティストという生活を続けたあと、憧れの宮本武蔵と日本的なるものを積極的に採り入れた作風に到達し、イラストレーターとして成功する。
彼のバーニーズ・ニューヨークのためのデザインワーク(右上のフィギュアがその一例)やキッドロボットでのトイデザインなどは、本場アメリカでは高い評価を得て、新しいタイプのトイ・コレクターを育てている。
現在もSF在住、最近の趣味はレースカー・ドライバー。
ま、そんなジーの個展が今年の3月にLAのキッドロボットで開催され、数種類の1点もの20インチ・カスタム・ダニーが展示されたのだが、そのうちのひとつを縁あって店主、入手することができたのだ。
ジーのもうひとつの作風、アーミー・スタイルが遺憾無く発揮されたタンク・ダニー。
もうじき店頭にならぶ予定である。
スッゴイでしょ? あまり興味ないかもしれませんが・・・。
Huck Gee=ホアック・ジーのタンク・ダニーです。_a0077842_2356299.jpg

by tomenosuke_2006 | 2006-11-03 00:06 | Kidrobot 新製品情報