タグ:DCon 2012 ( 17 ) タグの人気記事
DCon 2013のは11月9日〜10日の2日間開催
毎年1日のみ開催されてきたDconも、年を追うごとに規模が拡大し、ついに会期も2日間に延長されたのだった。
店主、すでに羽田〜LA便のチケットも予約済み。
下の画像はDConのポスターを描き続けているレトロ・カリフォルニアン・アーティストBrandon Ragnar Johnson(ラグナー)のFBから転載したもの、公式作品かは不明だ。
DCon 2013のは11月9日〜10日の2日間開催_a0077842_144125.jpg
This beautiful art work was re-posted from Brandon Ragnar Johnson's FB.
by tomenosuke_2006 | 2013-04-07 14:07 | モチャ行脚
DConで異様といえば、Doubleparlourが一番である
これほど奇っ怪なDCon 2012の戦利品もないのだった。
DCon 2011で知り合い、お付き合いがはじまったDoubleparlour(ダブルパーラー)の最新作にして友好一周年記念作品。
これまで以上に不可思議な妖怪、あるいは異次元の魔物、あるいは外宇宙から来たエイリアン、とにかく誰も見たことのない姿かたちのトリオや、バシュラスのようなペットを引き連れた女の子たちをじっくりご覧いただきたい。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/i0/
DConで異様といえば、Doubleparlourが一番である_a0077842_19381199.jpg
DConで異様といえば、Doubleparlourが一番である_a0077842_1940887.jpg
There are no other trophies of DCon 2012 as mysterious as this. And these works are for the first anniversary of our friendship. Ghastly apparitions more mysterious than ever, or maybe even creatures of the outer limits, or aliens from outer space. At any rate, please take your time to have a look at the never-seen-before trio, and also the girls with Bashlus-like pets.
DConで異様といえば、Doubleparlourが一番である_a0077842_19511144.jpg
DConで異様といえば、Doubleparlourが一番である_a0077842_19513581.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2012-11-26 19:54 | モチャ行脚
Gary HamとScott Tollesonの日本産ソフビ
最近では、自分のモチャは自分の資金で作るんだっていうセルフ・プロダクション・アーティストが少なくない。
たとえばオー・ノー・スシオー・ノー・サシミAndrew Bell(アンドリュー・ベル)がそうだし、ハーミーズGary Ham(ゲイリー・ハム)やオーティス・アンド・オットーScott Tolleson(スコット・トールソン)もそう。
で、アメリカン・カートゥーン・タッチの洗練された作風がなんとなく似ていて、ついつい混同してしまいそうになる後者のふたりのイラストレーターでオブジェモチャ・クリエイターのゲイリーとスコットが、エージェントを介してだけれど、示し合わせたように、ぐっとくだけたデザインの日本製ソフビを作った。
それがゲイリーのWooper Looper(ウーパー・ルーパー)とスコットのDeadbeet(デッドビート)なんである。

下の画像はDCon 2012のゲイリー・ハム、手にしているのはハンド・スプレーしたウーパー・ルーパーのDCon限定版。
Gary HamとScott Tollesonの日本産ソフビ_a0077842_2210182.jpg
Gary Ham at the DCon 2012. He holds his self-production sofubi figure Wooper Looper DCon Edition which was hand sprayed.

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/19263362/
Gary HamとScott Tollesonの日本産ソフビ_a0077842_22141380.jpg
下の画像はDCon 2012のスコット・トールソン、ブースの右手にデッドビートのメランジ版が見える。
Gary HamとScott Tollesonの日本産ソフビ_a0077842_22395681.jpg
Scott Tolleson at the DCon 2012. His self-production sofubi Deadbeet "Melange" Edition can be seen at the right end of the table.

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/19263295/
Gary HamとScott Tollesonの日本産ソフビ_a0077842_22571593.jpg

by tomenosuke_2006 | 2012-11-25 23:01 | モチャ行脚
DCon恒例、Blamoの今年は
今年もSFから参加した前衛集団Blamo Toysの新作を持ち帰ったので留之助オンライン入荷新着情報に並べる。
DCon恒例、Blamoの今年は_a0077842_22331491.jpg
上の画像はブラモ・ブースの中央でそびえていた奇怪なオブジェ、だと思ったら共同経営者でアーティストで営業担当のMikie Graham(マイキー・グラハム)が帽子のようにかぶって開場をウロウロしている姿を見た、のだけれど残念ながら店主も榎本店長もシャッターチャンスを逃してしまったのだった。
で、持ち帰ったオブジェモチャのひとつは木製のミニ彫刻Teak Hug(チーク・ハグ)、ブースのいたるところに飾ってあった。
無邪気な表情で「抱きしめて」と言われたような、そんな気がして、目につく子たちぜんぶいただいた。
もちろん遠目には同じに見えても、彫りや木目はすべて異なり、ふたつとして同じ物は存在しないのだ。
あと、たった3個しか作られなかったレジンとレザーで作ったヌイグルミのJett Pink Skull(ジェット・ピンク・スカル)も。
DCon恒例、Blamoの今年は_a0077842_225563.jpg
DCon恒例、Blamoの今年は_a0077842_2325753.jpg
The most noticeable among this year’s Blamo Toy booth was the smallest Teak Hug. Impossible to ignore its Innocent look which seems to say “hug me”, I was compelled to buy a few. These are sculptures using teak wood with different color and wood grain. No two products are the same.

by tomenosuke_2006 | 2012-11-22 22:57 | モチャ行脚
万能アーティストJESTERのレジン・クリーチャー
ロケットつながりの話題をまくらに。
今年3月にLAのToy Art Galleryで開催されたNathan Hamill(ネイザン・ハミル)のベリコーズ・バニーのカスタム・ショー"BELLICOSITY"で、ひときわ目を引いたのはTim Jester(ティム・ジェスター)、通称JESTERの作品だった。
ロケットに馬乗りになったウサギのフィギュア、ベリコーズ・バニーのそのロケットを、3倍以上の長さに伸張させて独特のテール・フィンをつけ、バニーもろとも金属風に仕上げ、さらにウェザリングを施した大作。
万能アーティストJESTERのレジン・クリーチャー_a0077842_1547542.jpg
気になってJESTERの素性を調べてみたら、多才で多彩、各方面で創作活動を展開し、その旺盛な仕事ぶりは3つの専門サイトで確認できた。
オブジェモチャ関連のJ6Global
ロゴやコーポレート・デザインを生業とするJ6Studios
上記のどのカテゴリにも属さないコンセプト・アート、フォトグラフィ、キャラクター・デザイン、コスチューム、プロップ専門のJ6x2
そんなJESTERがデザインし、彫刻し、モールドまで自作してレジンで抜いた手作り一貫のフィギュアGibbyGop(ギビゴップ)のカスタム版が、DCon 2012で展示即売されると聞いて楽しみにしていたのだった。
TOYSREVILでTop Ten Art Toy Wants @ NYCC 2011に選ばれたり、ことあるごとにSpanky StokesがJESTER reportしているから、目にした人も少なくないだろう。
背中だけ見るとゴジラにも似ていなくもない、おどけた大きな丸い目と3本のキバが特徴のレジン・クリーチャーのギビゴップ。
ていねいなペイント仕上げでお茶目さもひとしお、ブルーとグリーンのたった2個ずつしか作られなかったDCon 2012版を留之助オンライン商店新着情報で売り出し開始だ。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/GibbyGop/
万能アーティストJESTERのレジン・クリーチャー_a0077842_17161843.jpg
まったくの余談だけれど、プロップ・メーカーでもあり、SFウェポンにも造詣の深いJESTERは留ブラの熱烈なファンで絶賛してくれたのだった。
万能アーティストJESTERのレジン・クリーチャー_a0077842_17175193.jpg
万能アーティストJESTERのレジン・クリーチャー_a0077842_16525957.jpg
JESTER is the great creator who garnered much attention because of Bellicose Bunny custom show "BELLICOSITY". At times an art toy creator, others a graphic designer, he designs and makes costume and prop by himself. Also a fan of Tomenosuke Blaster. I took home the handmade GibbyGop figure (looks like Godzilla viewing from the back only, in reality it is a resin creature with comically large round eyes and three teeth) from him.
by tomenosuke_2006 | 2012-11-22 17:02 | モチャ行脚
Circus Posterusのブースで失速
そもそもDCon 2012T+CPのコラボ・ソフビを販売するブースって、Circus Posterusのブースとは地続きで、展示即売されるCPメンバーの魅力的な作品がすぐそこにあったわけで。
しかも開場まえ、ブースの内側から、スケルヴやレジン製のカリオペ・ジャッカロープなどを間近に見たり触ったりしたのだけれど、いかんせん、いつの間にかCPの一員にされてしまったがために、お客さんでいられなくなったというか、お気楽に彼らの作品をショッピングできない立場になってしまったのだった。
ま、それもいいでしょう、DConで販売されたような新作スケルヴやレジン製のカリオペ・ジャッカロープが近日、届く予定だから。
が、DCon限りで届かないものもある。
Circus Posterusのブースで失速_a0077842_22325957.jpg
それが麗しの人形作家Amanda Louise Spayd(アマンダ・ルイーズ・スペード)のヌイグルミ、Thimbleberry(ティンブルベリー)25個限定なのだった。
ティンブルベリーはアマンダのワンオフ作品を撮影し、いったん生地にプリントして、それを裁断・縫製した量産タイプの、新しいアイディアから生まれたヌイグルミで、かろうじて3個だけ留之助ユーザー用に確保したのだった。
来年のMonsters & Misfits III(2013年9月開催)でも、こんな素敵でリーズナブルな作品を作ってほしいと頼んでおいた。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/i0/
Circus Posterusのブースで失速_a0077842_22504100.jpg
Circus Posterusのブースで失速_a0077842_22504076.jpg
Please watch a left upper group shot. From left to right, Chris Ryniak, Amanda Louise Spayd, Drill One, Doktor A, Tomenosuke and Aya.
by tomenosuke_2006 | 2012-11-21 23:03 | モチャ行脚
Yosiell Lorenzoの帽子をかぶったシックリング
1年ぶり、つまりDCon 2011以来のYosiell Lorenzoである。
彼と彼の作品をレポートした2011年11月25日のポストで、名前をヨシール・ロレンゾと表記していたけれど、この度、ファーストネームはジョシールと発音することが分かったので訂正させていただく。
そのジョシールといえば、ブラント・ピータースとキャシー・オリヴァスのギャラリーStranger Factoryのグループ彫刻展Subterrane(サブテラン=地下)でただいま力作(下の画像)を発表中だ。

オンライン・プレビュー・サイトはこちら→http://strangerfactory.com/exhibitions-current
Yosiell Lorenzoの帽子をかぶったシックリング_a0077842_22231949.jpg
さて、DCon 2012のジョシールは、去年予想以上に好評だったSicklings(シックリング)に帽子を載っけたDance Cap(ダンス・キャップ)版4個限定を持ってきていたので、半分の2個を留之助ユーザー用に提供してもらった。
患った感の血色の悪さ、堪らない淋しさ、気持ち悪いくせに父性(母性)本能をくすぐり、ついつい手を差し伸べたくなってしまう不思議な味わい。
意図して下手なのか、本当に下手なのか、どこまでも謎なジョシール独特の、ひとつひとつ手塗りで仕上げたレジン・フィギュア、今年も里親を募集中。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/19226843/
Yosiell Lorenzoの帽子をかぶったシックリング_a0077842_2245121.jpg
Yosiell Lorenzoの帽子をかぶったシックリング_a0077842_22481694.jpg
Artist Yosiell Lorenzo was at the DCon 2012 and he brought a handful of goodies along with him. We were able to get two of the four 5-inch "Dunce Cap" Sicklings luckily.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2012-11-17 22:55 | モチャ行脚
DCon恒例、今年はMetallic Bobaである
スター・ウォーズ・ネタ第2弾は、DConへ行ったら必ず持ち帰るSpencer Davis(スペンサー・デイビス)のワンオフ・レジン作品、今度はボーバフェットなのだ。
片やフィギュアに合わせて染めた木製の台座、片やズッシリ重いトラバーチンの台座に、艶めかしい女ボーバが鉄筋で支えられている。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Boba%20Babe/
DCon恒例、今年はMetallic Bobaである_a0077842_053960.jpg
DCon恒例、今年はMetallic Bobaである_a0077842_082228.jpg
Boba Fett meets Booty Babe. Comes with a special, signed certificate of authenticity so you will know it was created by Spencer Davis.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2012-11-17 00:12 | モチャ行脚
Dave Floresのスーパー・レアなデスヘッドはどう?
Dave Floresのスーパー・レアなデスヘッドはどう?_a0077842_14462842.jpg
9月6日のポストで予約を募ると注文が殺到、またたく間に入荷数に達してしまったDavid Flores(デビッド・フローレス)のDeathshead OG(デスヘッド・オリジナルカラー)だけれど、その後もいろんなところで限定カラーが発表されて人気のほどがうかがえる。
中でもLAのToy Art Gallery(TAG)がDCon 2012限定で発売したホワイト版は25個のみという絞りにしぼった生産数で、作者フローレスのサイン会がはじまる昼12時半にはほぼ売り切れる始末。
ま、当然のなりゆきだろう。
そのホワイト版をTAGのオーナーのGino Joukar(ジーノ・ジョウカー)の計らいで両手いっぱい抱えるだけかかえて持ち帰った、もちろんフローレスのサイン入りで。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/19214490/
Dave Floresの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/David%20Flores/
Dave Floresのスーパー・レアなデスヘッドはどう?_a0077842_14471337.jpg
Exclusive to DCon 2012 is this exquisite-looking "White Deathhead" from David Flores. Produced by BIC Plastic, this item is limited to only 25 pieces and available at Gino Joukar's own Toy Art Gallery booth.
Dave Floresのスーパー・レアなデスヘッドはどう?_a0077842_16441465.jpg

by tomenosuke_2006 | 2012-11-15 16:13 | モチャ行脚
Joe Ledbetterの新作、DCon 2012限定99個
Joe Ledbetterの新作、DCon 2012限定99個_a0077842_9573042.jpg
新作ソフビが並ぶT+CPブース以外でとりわけ人気を集めたのは、Jonathan Cathey(ジョナサン・キャセイ / 下の画像の左下)率いるLoyal Subjects(ロイヤル・サブジェクツ)のブース(上の画像)だった。
というのもJoe Ledbetter(ジョー・レッドベター)のChaos Bunny Series(カオス・バニー・シリーズ)の第1弾、Chaos Lava Bunny(カオス・ラヴァ・バニー)99個限定がデビューしたから。
しかもジョーレッドのサイン会も同時開催で、99個は午前中で売り切れてしまい、翌日にはeBayでx4の価格で取り引きされる始末、人気のほどがうかがえる。
Joe Ledbetterの新作、DCon 2012限定99個_a0077842_1535724.jpg
このバニーはジョーレッドがオブジェモチャ作家としてデビューした2005年の記念すべき処女作ミスター・バニーの兄弟分に当たる。
で、かつて3色作られたオリジナル・バニーの中でも、とくにラヴァ版はkidrobot限定で、たった50個しか発売されなかったスーパー・レアかつコレクター垂涎の逸品なのだ。
7年まえのバニーがキョトンと腰を下ろしているのに対し、新作は短い足で立っている。
前歯がなくなり、耳は短く、やや肉付きがよくなった感じだ。
もちろん留之助とロイヤル・サブジェクツの仲だもの、長い列に加わることなく、6個入りケースを奪取、ジョーレッドにはフィギュアの背中にサインを入れてもらったのだった。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/i0/
Joe Ledbetterの新作、DCon 2012限定99個_a0077842_165178.jpg
DCon 2012 Exclusive Joe Ledbetter x The Loyal Subjects Chaos Lava Bunny is released a little bit from our store.
New Bunny doesn't follow the original Mr. Bunny. Rather in a sitting position, new Bunny in a standing position. The ears are also shorter than the original and doesn’t feature the little buck teeth.
by tomenosuke_2006 | 2012-11-13 17:16 | モチャ行脚