タグ:Dalek ( 11 ) タグの人気記事
これもCEREALART不朽の名作である
Space Monkey Action Figure by Dalek x CEREALART

ダレクが子どものころのお話。
大工さんごっこ中に投げた木の杭が、なんと自分の頭にぶつかり(本人は頭に刺さったと語っているが)大けがをしたという辛い経験から、スペース・モンキーは生まれた。
それはダレク自身を表現したものだともいわれている。
2003年ごろからポスターをはじめ画集やスケートボードなど、様々なメディアに登場するようになったスペース・モンキーだけれど、やはり人気は立体ものにつきた。
まずはホンコンのToy2R製Qeeをプラットフォームにしたものが人気を集め、次にKidrobotからソフトビニール製フィギュアがリリースされて大ヒット。
しかし後者はせっかくのオリジナルだというのに、自立させるためにビニール製の足を太くしなければならず、ダレクの超スキニーなキャラとはほど遠いものがあった。
そこで発売されたのがメルティング・スノウマンウザマ・モンスターなどのマルセル・ザマ作品と同じCEREALART(シリアルアート)のスペース・モンキーで、レジンとメタルを応用することで理想のシェイプを達成したのである。
今回入手したのはグレイとピンクの2種類、額の第三の目は取り外しておヘソの穴に装着可能、なんといってもムクのレジンで重量感・安定感バツグンなのだ。
オマケにダレクの小さな画集と見応え十分のシリアルアートの製品カタログが付属する。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/i0/
a0077842_14504850.jpg
Made of resin and metal. 9" tall. Top eyeball is removable and fits in stomach hole or hole in back of head. Comes with butcher knife and full color Dalek booklet.
by tomenosuke_2006 | 2015-12-09 15:05 | 商店入荷新着情報
待望のテディ・トゥループ、いっきに発売いきます。
a0077842_1734871.jpg
お待たせしました、ダレクとバフ・モンスターの新10インチTTおよび、留之助商店最初の3.5インチ(9センチ)TTシリーズ(通算第3弾)、発売開始です。
a0077842_1745791.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-01-10 17:30 | 商店入荷新着情報
TTの入荷、待ち続けているんですけどォ。
日本のディストリビューターにならないかっていう誘いを、おかげさまでフランスのBONUSTOYZやホンコンのADFUNTUREから受けている。
ま、そうなると自分んちだけでボチボチやってればいい気楽な商売も、真面目に営業しなくちゃならないとか、シリアスがついて回りそうなので、いまのところは保留、当店分だけの取り引きをお願いしているのが現状だ。
a0077842_0563073.jpg
それにしても、アドファンはじれったい。
呑気というか、こちらからのメールに必ずレスはくれるのだけれど、中3〜5日かかる。
支払いを銀行振込とPayPalのどっちがいいか尋ねられ、もちろん安くて早くて簡易なPayPalを即座にリクエストすると、数日後、バンク・オブ・イースト・アジアの口座番号を送ってきたり。
いままでLAのディーラーさん経由で入ってきてたから配送時間が短縮され、送料も安くなるはずだと喜んだものの、まだそれを実感するまでには至っていないのだ。
だからTT(テディ・トゥループ)のミニフィギュア・シリーズ3(上の画像)をはじめ、10インチ・ダレクTTの新色(下の画像)やバフ・モンスターTTが発送済みなのか、まだなのかは分からないのだよ、即座には。
お問い合わせいただいている皆さん、入荷することに間違いはなし、どうかいましばらくお待ちください。
a0077842_1144491.jpg


25個だけの別版バフ・モンスターTT。
by tomenosuke_2006 | 2009-01-07 10:13
アドファンチャの新作が揃って発売開始です。
いろいろSDCC 2008限定モチャのご予約、ありがとうございます。
一応、榎本店長がウェイティングリストのようなものをこさえていますが、最終的なご購入決定は当店の販売価格をお知らせしてからで結構ですので。
どちらにしても届くまでにはまだちょっと間がありますが、けっしてさびしい思いはさせません、どんどん新着を紹介中です。
まずきょうはアドファンあたりを。
その1.ダレク版テディ・トゥループ。
以前の記事で難しいスキンデザインなんていったけれど、どーして、いい色に日焼けしたモビルスーツ風は、夏の海色DGPHのお茄子君といい感じで双璧をナス。
その2.であるからDGPH作のお茄子(本名をBerenjenaといいますがアルゼンチンでどのように発音するのかいまもって不明)。
テディ・トゥループの10インチに対して、こちらは8インチなのに遜色ないデカさなんです。
ダニーと同じ身長ながら、あっちは突き出た耳が全体の4分の1以上をしめている。
が、こっちは丸々からだだし(本当に丸い)腕も長ければ脚も太い、いわゆるカタマリ。
パッケージを見て驚くな!ってとこでしょうか。
ほかにもお問い合わせの多かったシチの本家SLMが少量、これが最初で最後の再入荷となります、お見逃しなきように。
a0077842_14193547.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-07-25 15:24 | 商店入荷新着情報
腹に顔、腹芸風が流行りですか。
こちら近日入荷のアドファンチャモチャ、2種です。
ひとつは10インチ・テディ・トゥループの新作、ダレクがデザインしました。
不思議にこれ、テディのかたちをしたヨロイカブトとかモビルスーツに見えないでもない無表情さ。
中にスペース・モンキーが潜んでいるような。
顔やからだに点々と残る小さな赤いシミは何?
難しさからいったら、ダレクのニンギョープロジェクトと双璧をなします。
a0077842_1225466.jpg
留之助の異色といえばモグラのトッポでしょうか。
南米アルゼンチンのデザイン・ハウスDGPHの作で、当店ではこどもやフツーのお客さん向けかわいさ一等賞のモチャなんです。
そのDGPHの新作が8インチのBerenjena、なんて発音するかわからないけれど意味は“お茄子”、トッポとくらべたら断然面白くなっている。
茄子の頭の“へた”っていわれてりる部分をボブっぽいヘルメットに見立てたところがよい、取れば中から脳ミソならぬ別の何かが顔を出す。
これまたモビルスーツ風、ダレクのテディ・トゥループと色もかたちもまったくちがうのに、どことなく似ているのは腹に顔があるからでしょうか、一騎打ちさせてみたくなりました。
a0077842_1345471.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-07-01 13:15
シリーズ4,これがシークレットの全貌だよ。
小箱の側面やここでも見られるシークレットのシルエットのうち、ダニー仕様じゃない方のデコボコ頭を見て、ピンとこない店主は修業が足りないっていうか、イマジネーション貧困と恥ずべきか、ホアック・ジーのスカルヘッドだったじゃないですかぁ。
日本神話のヒーロー、ヤマタノオロチを退治したスサノオノミコトのあの特徴あるヘアスタイル風で、2004年にはキッドロボットとバーニーズ・ニューヨークのコラボ・フィギュアにはじめて使われたあれが3インチで復活したんだね。
どれくらいレアなのかは発表されていないけれど、eBayの落札価格は250ドルを突破しそうな気配。
a0077842_18301875.jpg
もうひとつのシークレットも予想外だったダレクのダイバー。
ダニーが誕生した2004年にピンクとイエローとグリーンの8インチが、2005年にはホワイトとブルーのやっぱり8インチが発売されたけれど、これはそのリデュース・オレンジ版。
8インチ同様、水中銃のアクセサリーも付属して、eBayの終値はこれまた200ドル以上だろうね。
店主、怖くて手ぇ出せません。
a0077842_18423876.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-10-01 18:47
不平分子は粛正します!
OX-OPって聞いたことあるよね、OX-OP限定のQeeとかロリトボーイとか。
知ってる人もいると思うけれど、あえて説明するなら、アートシーンにけっこうな影響力を持つといわれてるギャラリーのことで、ミネソタ州ミネア・ポリスにある。
主催者はHAZE XXL(ヘイズ・XXL)、またの名をTom Hazelmyer(トム・へイゼルマイヤー)といい、70〜80年代のパンク&ハードコア・シーンで名を馳せたミュージシャン兼アーティスト、90年代には独自のレーベルを立ち上げてもいる。
2003年にはさらにヴィジュアルな表現を求めてOX-OPギャラリーをオープン、ひと味もふた味もちがったオブジェモチャな展開で異彩を放ってきた。
そのヘイズ XXLがサウンドトラックを担当したのがダレクのアニメとアートの作品集
A PURGE OF DISSIDENTS(パージ・オブ・ディシデンツ=不平分子の粛正)、48ページの画集とCDとDVDのパッケージなんだよ。
ここへ行けばダレクとヘイズ XXLの観て聴くアートのサワリがチェックできる。
留之助には近日入荷、Amazonに負けない値段でのお届けなんで不平は言わせません、言ったら粛正します、ってか。
a0077842_23591721.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-07-03 23:58 | 書店入荷新着情報
一足先にダレクのショップ限定版ニンギョーが入荷する。
ダレクさんの話題が続くけど。
今月はじめに紹介したSRT(Super Rad Toys)の新作ニンギョー・プロジェクト、ダレク版の出荷が遅れてる。
早くからお問い合わせいただいてるみなさん、ごめんなさい。
でも、なんともっとレアな、店主、入手をあきらめてたカリフォルニアはWest Lake Villageのセレクトショップ Tradition限定モノトーン版200個のうちのほんの数個だけど、特別に卸してもらえることになり、もう、うれしくって。
a0077842_10264180.jpg
上の写真はダレク・ニンギョーを囲むダレクさんご本人(左端)とショップ・メンバー、去る3月10日に開催された限定版発売記念のサイン会のときのものだね。
で、下が肝心のモノトーン版、いい感じでしょ。
a0077842_1058424.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-04-26 10:59
今度のニンギョーはDalekの作。
Dalek(ダレク)モノっていうのはアイスボットも含めて、お世辞にもよく売れるとはいいがたい、留之助だけのこと?
デザインが走り過ぎなのかなぁ?
どこか線画っぽく、かつ平面的で、軽い雰囲気が値段に見合わないと思われてるのかなぁ?
そこがいいとこでもあるんだけど。
そんなダレクがニンギョー・プロジェクトに招集された。
a0077842_1639418.jpg
で、上がそのプロトタイプ、どうです、断然いいでしょう。
ヒゲのあたりがダレク・キューイーのYenバージョンっぽいっていえば、そんな感じもするけれど、ついでにいっちゃえば彼の中ではスシもギョーザもいっしょみたいだけれど、でもいつもの作品とは大いにちがう。
あっさりしていない、芸が細かい、ちょい暑い、汗かいてる。
ダニーをダイバーに仕立てたり、パックマンを目玉にあしらった20 inchダニーとは趣を異にする。
けっこう真剣さを感じる。
伝統的な御所人形が素体だから迂闊なことはできないとでも思ったのかな、だったらとってもいい心がけだよね。
最近のToy2R関係のダレク作品には食傷してたし、こういうの見せられるとホッとする、惚れ直す。
アーティストたちの秘められた才能とか、新しいアイディアを導き出すプロジェクトとしても、このSRT(スーパーラッドトイズ)のニンギョー・シリーズは画期的だと思えてきた。
店主、太鼓判!
ダレクのニンギョーは4月中旬入荷予定です。
by tomenosuke_2006 | 2007-04-04 20:49
ダレクさんの新しモノ、ゾクゾク入荷スーン。
まず、ダレクのスペース・モンキー・テーマの新作ポスター2種、グレー(左)とマルーン(右)がやって来る。
サイズは約80cm×60cmと大判、サインとエディション番号入り各100部限定の最新作。
イームズなインテリアのリビングやオフィス向きかな、細めの白木のフレームで仕上げるつもりでいる。
a0077842_993226.jpg
それからダレク通算2冊目の画集SONIC ORDER OF HAPPINESS(左下)、21cm×21cm、176ページも。
出版まもなく売り切れて、店主、買いそびれちゃったんだけれど、取り引きのディーラーさんが出版社に残ってた何冊かを強引に持ってきた、ありがとう!
さらに仕入れがホント手強いキューイー・ダレク版(右下)も。
ちょっと残念なのはレッドのJP¥版とブルーのUK£版はなんとか押さえたものの、ピンクのUS$版がどうにも入手できなかったこと。
a0077842_9405817.jpg
額装に時間のかかるポスター以外の上記商品は、入荷次第、留之助ホームページの入荷新着情報で販売します、ご期待ください。
ものはついでに、3年まえ世界的に売り切れながら、当店ではフツーに在庫してるっていうか、売れ残ってると正直に申し上げるべきか、とにかくデレクのレア・オブジェモチャ、スペース・モンキーも見てやってくださいな。

a0077842_9552778.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-01-31 10:01 | 書店入荷新着情報