タグ:Delta ( 4 ) タグの人気記事
世界的に品薄のMars-1が到着したよ。
ユピテルとクイリヌスとともにローマ三主神を構成する戦いの神、マース。
その栄えある名を冠して始まった宇宙開発計画がMars-1(マース-ワン)であり、人間に代わって数種の二足歩行型機械が最前線に投入された。
武器を搭載しない進化型ロボット、オブザーバーもそのうちのひとつ、透明フードの中には人工知能の小さな顔が見える。
クリエーターは特異な宇宙観で作品を発表しているSF(サンフランシスコ)在住のグラフィティ・アーティストMario Martinez(マリオ・マルチネス)。
2005年、過酷な任務を物語るリアルな汚し仕上げのオブザーバーを発表し、SF好きなオブジェモチャ・ファンを唸らせた。
が、グリーン、グレイ、レッドと3種類を立て続けに発表したあとは沈黙し、オブジェモチャの世界から遠ざかったように思われていたのだけれど。
じつはその間、メーカー&スポンサーSTRANGEcoの提案でスキンデザインを別のアーティストに託す計画が始動し、ついにヨーロッパの新進気鋭、パリ在のシーンとアムステルダム在のデルタのデザインが採用されることになったのだ、今年7月。
マリオが太鼓判を押した新しいオブザーバーは、マリオ作品とは対照的でカラフルかつキレイが特徴。
マース・ワンの地獄をまだ知らない“イノセント”がテーマになっている。
と、まぁ、海外では11月下旬に発売になり、もはや入手困難なオブザーバーの新作2点が、きょうやっとSTRANGEcoから届いた。
じつはね、なるべく混載で送料浮かせようって魂胆だから、お待ちのみなさんにはご心配おかけしたみたいでごめんなさい。
意匠を凝らしたパッケージ(15X20X11センチ)に高さ16センチの小顔オブザーバー、入荷新着情報にアップしときました。
世界的に品薄のMars-1が到着したよ。_a0077842_2258659.jpg


シーンのディテールをご紹介。
by tomenosuke_2006 | 2007-12-11 00:55 | 商店入荷新着情報
Mars-1オブザーバーの新作2点の入荷が決まったよ。
Mars-1オブザーバーの新作2点の入荷が決まったよ。_a0077842_1255015.jpg7月に台北で開催された国際玩具創作大展、通称TTF(Taipei Toy Festival )のSTRANGEcoブースではじめて公開されたのがこれ、サンフランシスコのアート集団Mars-1(マーズ-ワン)の6インチ・フィギュア、オブザーバーの新作だった。
ちょこっとこのブログでも紹介したから入荷を心待ちにしていた人もいるかもね。
いままでのオブザーバーはMars-1の主催者でグラフィティ・アーティストのMario Martinez(マリオ・マルチネス)が素体からスキンまですべてデザインしてきたけれど、今度はダニーのようにヨーロッパの2人のアーティストに仕上げを託した、の結果がこれまたいいじゃないですか。
ひとり(上)はパリのグラフィティ・アーティストSeen(シーン)、もうひとり(下)はアムステルダムのDelta
デルタといえば(平行輸入で取り寄せた在庫がほんの少し残ってる)ロボット・フィギュアレイダーが有名だよね。
んで、このオブザーバーもまさしくデルタな色合い。
どちらも400個しか作られず、入荷は今月末の予定。
by tomenosuke_2006 | 2007-10-18 12:56
盛況御礼。
おかげさまで盛況のうちに七夕セールが無事終了しました。
たくさんお買い上げいただきまして、ありがとうございます。
この売上げ握りしめSDCCへ行ってきます。
ところでこのセール期間中、台北では恒例の国際玩具創作大展、通称TTF(Taipei Toy Festival )が開催されていて、留之助好みのオブジェモチャではSTRANGEcoの新製品が紹介されたみたいだね。
盛況御礼。_a0077842_1385156.jpg
まずはボブ・ダブ作、ルイのレギュラーカラー版。
ハデな赤鬼風でSDCC版よりボブ・ダブの絵により近いかな。
ハデといえばSeenDeltaがリペイントしたMars-1のObserverシリーズがいい、今年の秋のリリースだって。
Mars-1って、どちらかっていうと機械油風のブラシをきかせたリアルな仕上げが特徴だったように思うけど、ゲスト・アーティストのシーンとデルタはふたりともキレイ&クリーンなところを突いてきてるよね。
Kaching Brandsの純白QUADRICS(クアドリクス)もしかりで、今年出るSF系オブジェモチャのこれがトレンドかも。
こっそりお教えしちゃいますが、例のクアドリクスの001と002、少量だけど確保したからね。
盛況御礼。_a0077842_154728.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-07-09 01:55 | 留之助商店計画
ヤスポンさん、了解です。
ヤスポンさん、了解です。_a0077842_4114462.jpg
Jermaine Rogers(ジャーマイン・ロジャース)作のDero君は、ネコ目といい、口元もギザギザで、印象ちょいと強烈でしたが、今度の数字が名前の129は、場末の遊園地で出会いそうな着ぐるみ風。
存在感たっぷりの身長28センチ、グロウ(蛍光)な丸目がスットンキョでいいですね。
このピンクを皮切りに、いろんなカラーリングの兄弟分が出てきそうな気配だし、シリーズものはなんたって最初が肝心、当店でかならず入れます、最低出荷数のオンリー6個。
予定では2月中に出荷とか、しばらくお待ちくださいね。
じつは店長ともどもずっと気になってたのが、同じSTRANGECOから仕入れ可能なヨーロッパのデザイン集団DELTA Inc.のロボット・シリーズRADAR=レイダー(下の写真)です。
サイズはこれまた大きめの25センチ、ちょっと触ってみたくなりませんか?
各色200個限定で、オーダー受け付けの時期が迫ってきました。
し烈なお店同士(日本では当店だけでしょうけど)の奪い合いになること必至、なんとか入れたいと思ってます。
ヤスポンさん、了解です。_a0077842_4123858.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-01-08 00:23