タグ:Disney ( 54 ) タグの人気記事
発売の遅れは意図的のような、ビンセントロン。
新製品の全貌を惜しげもなく公開するから発売間近なのかなぁと思っていると、これがなかなか出荷されない。
から、旬も過ぎて、ファンの気持ちも離れてしまうんじゃないかと心配させられることもしばしばのMINDstyleさんなんですが、去年の8月に早々と発表されたTHE BALCK HOLE V.I.N.CENT. Tron ver.(ブラックホール・ビンセント・トロン版)にかぎっては、この出荷の遅れは計算ずくだと思わざるをえないのだった。
発売の遅れは意図的のような、ビンセントロン。_a0077842_84347.jpg
いまだからこそ、ブルーの冷たいボディカラーがいっそう冴えて見える。
12月に封切られる『トロン・レガシー』の予告編が流れはじめ、氷色に発光するデジタル・ワールドを垣間見るたび、ビンセント・トロン版に大いに納得してしまうのだ。
じつはこのビンセント、『トロン・レガシー』にカメオ出演しているんですよ、なんていう冗談も本気に取られそうな迫真のカラーウェイ。
全高20センチの大玉メロンサイズで存在感もしきり、どちらかというとオリジナル・カラー版よりこっちの方が好きだったりする。
そんな子が、例のライセンスの関係で海外友好店からの並行輸入ながら、限りなく定価に近い価格で近日提供できそうなのだ。

ところで映画の『トロン・レガシー』って、前作から20年後っていう設定だけれど、本当は28年もたっている。
ま、これは前作で主人公のフリン(ジェフ・ブリッジス)に置き去りにされたという息子が、28年もたてば主役を張るには苦しい年齢になってしまうからなんだろう。
それよりも天才プログラマーのフリンが経営していたゲーセンのセットが、そっくりそのまま再現されたり、フリンの同僚だったアラン(ブルース・ボックスライトナー)を同じ俳優が演じたりと、ノスタルジーな要素も往年のSFファンにはうれしいかぎり。
近ごろのデジタルで表現されたフィジカルなモノや現象の荒唐無稽にあまりときめかなくなってしまった店主ではあるが、この映画の舞台はコンピュータの向こうに広がる誰も見たことのない仮想世界なのだ、文句はない。
12月には3Dメガネをかけて劇場のいちばんいい席に陣取りたいと思う。
ところでご存知ですか、前作の『トロン』はCGを呼び物にしたわりには、実際のCGカットは上映時間の3分の1にも満たず、大半は台湾で製作されたセル・アニメを合成してたんですよ。


by tomenosuke_2006 | 2010-09-13 23:59 | TV・映画・ビデオ
このミッキー、手がボクシング・グローブです。
このミッキー、MINDstyleから発売された最初のBloc28のマッド・ミッキーです。
身長13インチ(33センチ)と大柄です。
ほぼ同じ背丈の王者マニー・パッキャオと対戦します。
このミッキー、手がボクシング・グローブです。_a0077842_903577.jpg
こちらで発売中です→http://tomesyoten.exblog.jp/13083371/
by tomenosuke_2006 | 2010-08-13 10:04 | 商店入荷新着情報
さすがに6キャラ x 8セットはかさばる。
さすがに6キャラ x 8セットはかさばる。_a0077842_1373154.jpg
Stitch Experiment 626 Artist Series 2、無事到着しました。
透明ウィンドーにアーティストのシンボル・ロゴ入り丸シールが貼られた以外は、シリーズ-1とまったく同じ仕様のパッケージ。
ただし前作より圧倒的にカラフルな印象を受けました。
ロン・イングリッシュやアングリー・ウォーボッツのようなモノトーン・デザインがないからなんでしょう、6つ並べて見ると眩しくって。
発売は6キャラ・セットで今週土曜日のミッドナイトに。
明けて日曜日には岐阜駅店にも1〜2セット並ぶ予定です。
さすがに6キャラ x 8セットはかさばる。_a0077842_146455.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-06-10 01:10 | MINDstyle 新製品情報
スティッチ・アーティスト・シリーズ-2、いよいよ入荷します。
ライセンスの関係で並行輸入ではありますが、限りなく定価に近いプライスでファンのみなさまには大変好評のMINDstyle x Disneyモチャ。
その最新作にして、お待ちかねのStitch Experiment 626 Artist Series 2(6キャラ組)が8セット、今週半ばに入荷します。
商品の詳細は4月11日のポストをご参照ください→http://tenshu53.exblog.jp/10397227/
スティッチ・アーティスト・シリーズ-2、いよいよ入荷します。_a0077842_1538919.jpg
で、シリーズ-2の発売を記念して、ご注文いただいた方先着6名さまに同シリーズの参加アーティストのひとり、Camilla d’Errico(カミーラ・デリッコ)のオリジナル・コミック『tanpopo』1、2巻を2冊まとめてプレゼントします。
機械に繋がれた無感情の少女が、もっと人らしくなることを熱望し幻想世界を彷徨う知的な物語、16.5cm x 25cm、1巻は40ページ、2巻は52ページ。
日本の漫画に影響を受けたというカミーラのSFファンタジーは、けっこう酔えます。
スティッチ・アーティスト・シリーズ-2、いよいよ入荷します。_a0077842_16394273.jpg
さらに先着3名さまには『tanpopo』の個性的な登場キャラ、悪魔Kuroのヌイグルミ(高さ15センチ)も差し上げます。
ついカミーラに一目惚れしちゃって、LAのディストリビューターさんがいろいろ持っているのを知り、ついつい多めに仕入れてしまいました、の内の3個です。
スティッチ・アーティスト・シリーズ-2は6月12日(土)にミッドナイト・セールの予定。
スティッチ・アーティスト・シリーズ-2、いよいよ入荷します。_a0077842_16531680.jpg


More: タンポポ・ハイライト・ページ。
by tomenosuke_2006 | 2010-06-06 16:57 | MINDstyle 新製品情報
新着MINDstyle x Disney発売のお知らせ。
発売はぜんぶで4種類です。
どれもカートンは4個入り、で、今回の並行輸入販売をヘルプしてくれている海外友好店には3カートンずつ各12個リクエストしました。
けれど、こちらの希望どおりの数を分けてもらえたのと、そうでないのとマチマチ。
まず12個入荷したのは、とくに強力に頼んでおいたティキ・スティッチのみで、あとはジミニー・クリケットとリロ・コスプレ・スティッチが各8個に削られてしまいました。
それから紹介はこれがはじめてとなるAngry Woebot Custom Stitch(アングリー・ウォーボッツ・カスタム・スティッチ)の6個。
ほかのモチャたちのおよそ3分の1の100個限定と少数生産のため、これ以上はムリでした。
このアングリー・ウォーボッツ・カスタム・スティッチはスティッチ・アーティスト・シリーズ-1でオブジェモチャ界に本格デビューしたハワイのパンダ作家Aaron Martin(アーロン・マーチン)による、前作をベースにした血しぶき版で、アーティスト・シリーズやリロ・コスプレ・スティッチと同じ5インチ(13センチ)サイズです。
新着MINDstyle x Disney発売のお知らせ。_a0077842_10304926.jpg
ということでセット販売を企画しました。
まずは全4種セットをアングリー・ウォーボッツの数だけ、つまり6組、本日4日(火)の深夜24時にお得な割り引き価格でミッドナイトセールいたします。
GW終盤です、お出かけのみなさんもいらっしゃるかもしれませんが、とにかく奮ってご注文ください。
4種セットが売り切れても、売り切れなくても、明日5日(水)の深夜24時から単品販売に切り替えます。
新着MINDstyle x Disney発売のお知らせ。_a0077842_11254018.jpg
ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/12583765/

More: リロ・コスプレ・スティッチのこんな画像。
by tomenosuke_2006 | 2010-05-04 11:39 | MIDNIGHT SALE
MINDstyle x Disneyのティキ・スティッチは別格です。
それからEric Tan(エリック・タン)のあの迫力のTiki Stitchも入荷しました。
商品の詳細はこちらのポストを参照→http://tenshu53.exblog.jp/10383759/
MINDstyle x Disneyのティキ・スティッチは別格です。_a0077842_20482663.jpg
ジミニー・クリケットのパッケージとは打って変わってシックな装い。
暗闇でティキ・スティッチをとらえた深い色合いの写真をジャケットに、あとは艶消しダークブラウンの地に同色光沢インクのスティッチやリロやハイビスカスの紋様をちりばめて、抑制の利いた仕上がりです。
オブジェモチャのパッケージというよりはパンドラの箱のよう、恐る恐るフタを開けると厚手の内箱に黄色の生地で丁重に包まれたティキ・スティッチが現れました。
赤と黄色のリースを首に巻き、まるで魔除けのまじないがかけられた霊験あらたかな木彫りの人形を思わせます。
睨みを利かせた吊り目に、あとからくり貫かれたと思しき大きく獰猛そうな口は、災いを追い払うに十分な威厳を漂わせて、石の矢じりを付けた槍を鷲掴みにしています。
丸い台座には呪文のようなEONO ELUA EONO(エオノ・エルア・エオノ=6・2・6)の文字が。
もちろんお分かりだと思います、Experiment 626(試作品626号)のことであり、MINDstyleによるスティッチ・プロジェクトの総称です。
ただいま発売の準備中、明日4日に詳細を発表したいと思います。
MINDstyle x Disneyのティキ・スティッチは別格です。_a0077842_23113892.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-05-03 23:18 | MINDstyle 新製品情報
やっぱりMINDstyleのディズニーモノは格別です。
MINDstyle x Disneyの新作が海外友好店からどっさり届きました。
中でも意表を突かれたのはピノキオを人間の子へと成長させた物言うコオロギ、ジミニー・クリケットの出来栄え。
2008年のScavengers series I以来、MINDstyleがたびたび採用しているのり巻きタイプ、つまり内箱を外側のカバーでクルッとひと巻きしてマグネットで留める式のパッケージが、全面まぶしいくらいの鮮やかな青空というのが驚きなら、それを手にしたときのズッシリくる重量感に胸が高鳴ります。
これまた空色に染められた深めの内箱から、フィギュアをサンドイッチしたブリスターを引き出す際の手応えがたまりません。
ディズニーキャラのソフビといえばMEDICOM TOYのVCDシリーズに勝るものはないと思っていましたが、このジミニー・クリケットはその強敵に成り得る貫録です。
しかも限定生産品でオブジェモチャ業界の約束通り、売れたからといって増産しないところがVCDとは一線を画します。
大きさはVCDの1.5倍ぐらいか、優に30センチはあり、重さは2倍強。
ムクと中空成形のパーツを巧みに組み合わせて素晴らしい安定感を有し、もはやフィギュア(人形)というよりはスタチュー(彫像)と呼びたくなるのでした。
入荷数は8個、このGWのどこかでその他のMINDstyle x Disneyの新作ともども発売の予定です。
こうなると次回作『ファンタジア』のチェルナボーグへの期待は高まるばかり。
やっぱりMINDstyleのディズニーモノは格別です。_a0077842_1051720.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-05-02 23:59 | MINDstyle 新製品情報
FLIX6月号はディズニー・モチャでまとめてもらいました。
ひさしぶりにハリウッドスターが表紙を飾り、こういうの好きだなぁ。
映画専門誌FLIXの最新6月号の連載企画『映画とオブジェモチャ』は、ロケッティアやらブラックホールのビンセントなど、ちょっとタイミングがズレちゃって、完売商品がメインになってしまいました。
FLIX6月号はディズニー・モチャでまとめてもらいました。_a0077842_2312478.jpg
でも、よーく目を凝らして見てください、MINDstyleの最新作が小さな画像で紹介されてるのが分かりますよね。
内、ビンセントのトロンカラー版、ピノキオのジミニー・クリケット、ティキ・スティッチの3点については近日入荷が決まりました。
かねてから発売方法を検討してきた微妙なMINDstyle x Disneyものですが、並行輸入商品と同じ扱いで普通にミッドナイトセールの予定です。
お楽しみに。
FLIX6月号はディズニー・モチャでまとめてもらいました。_a0077842_23334032.jpg


More: 高さ12インチ(30センチ)のジミニー・クリケットです。
by tomenosuke_2006 | 2010-04-22 23:56 | 留之助商店計画
スティッチの、この傑作も追加します。
カスタム・スティッチ・ショーからの選りすぐり6作品が一挙製品化されるのがStitch Experiment 626 Artist Seriesだけれど、ほかにも単発リリースされる傑作がある。
それが先にご紹介のティキ・スティッチだったり、ディズニー・ファンのための公式コミュニティD23ver.と称された最高にかわいく、アイディアの勝利とでも言いたくなるJenny Cheung(ジェニー・チェウン)デザインのLilo Cosplay Stitchなのだった。
ごめん、作者のジェニー・チェウンについては詳しい発表がないため何もお伝えできません。
スティッチの、この傑作も追加します。_a0077842_1271830.jpg
この画像がカスタム・ショーで展示された高さ10インチ(25.5センチ)の素体を使ったオリジナルのリロ・コスプレ・スティッチ。
これを見たディズニーの重役の強い要望でアーティスト・シリーズと同サイズの5インチ(13センチ)版が商品化されることになったといわれ、当初はD23のメンバーだけに頒布される計画だった。
ところでご存知の方もいらっしゃると思いますが、Experiment 626(エクスペリメント626)とはスティッチの本名というか、生みの親のジャンバ博士による遺伝子実験の試作品626号のこと。
両親を亡くし姉のナニとふたりで暮すさみしがり屋のリロが、愛しい試作品626号をスティッチと名付けた。
そんなリロがスティッチのキグルミでコスプレしたのがこれ、アーティスト・シリーズ2の6種類セットと同じ数だけ引っぱってこようと画策中です。
スティッチの、この傑作も追加します。_a0077842_12225155.jpg
MINDstyle x Disney's Lilo Cosplay Stitch D23 Version by Jenny Cheung
by tomenosuke_2006 | 2010-04-16 23:59 | MINDstyle 新製品情報
MINDstyle新製品情報、今度もスティッチです。
6キャラいるうちの2キャラまでが日本のMAD BARBARIANSDEVILROBOTSのデザインだというのに、ディズニーという理由で故郷に錦が飾れないはがゆさ。
なのが、MINDstyleの大ヒット作Stitch Experiment 626 Artist Series 1に次ぐ、最新のSeries 2なのだった。
前作同様あきらめちゃいないけどね、ざっとaから順に作者を紹介しておこう。
a. Triclops Studio (UK)→http://www.triclopsstudio.com/
Rob Ames(ロブ・エイムス)とLuc Hudson(ラク・ハドソン) が2007年に立ち上げたデザイン・チーム。
2009年1月のUKダニー・シリーズでは2種類も、2009年5月のダニー・エンダンジャード・シリーズではいちばんユーモアの利いた逆立ち乳牛をデザインしている。
両名ともHasbroの男児用玩具とゲーム部門で11年間勤めたあと円満独立、ハスブロはもとより、Mattel、kidrobot、Toy2Rなど世界のモチャ・メーカーに企画やデザインを提供する売れっ子だ。
b. Voltaire (USA)→http://www.voltaire.net/
フランスの啓蒙思想家ボルテールと同じ名のスーパー・アーティスト。
NYに住み、ある時はゴスロック・ミュージシャンとして、またある時は文筆家やコミック・アーティストとして七面六臂の活躍をしている。
ボルテール作のスティッチは、これまでにもQeeなどで試みられた自作コミックの主人公Deady(デディ)を投影したもの。
MINDstyle新製品情報、今度もスティッチです。_a0077842_22572329.jpg
c. Scribe(USA)→http://scribeswalk.com/scribe_main.html
スクライブ(本名はDonald Ross=ドナルド・ロス)はボストン・ベースの自称ウォール・アーティストであり、イスラエル、ロンドン、サンフランシスコ、タルサなどに彼のグラフィティというには念入りなアニマル壁画が散在する。
ヘッドフォーニーズ・シリーズの中のひとつダイバーもデザイン。
これ、唯一留之助が在庫しているポータブル・ミニ・スピーカーだけれど不人気が原因で売れ残っているわけではない、とくに気に入って他のモデルよりたくさん仕入れたから。
d と f は先述のデビルロボッツとマッドバーバリアンの作品、もはや説明は不用でしょう。
e. Camilla d’Errico (Canada)→http://www.camilladerrico.com/
ダニー・ファタール・シリーズにラインナップされないものかと期待していたバンクーバー在のイタリア系カナダ人アーティスト。
スティッチ・シリーズでついにオブジェモチャ・デビューを果たした。
少女の頭にいろんなものを乗せたりかぶせたりするのがカミーラ・デリッコの得意技、スチームパンクなメカデザインにもキレがある。
そんなカミーラ作のスティッチは、シリーズ2の中でも最高にイカした横顔をしているのだ。



More: もうちょっと大きな画像で見てください。
by tomenosuke_2006 | 2010-04-11 23:59 | MINDstyle 新製品情報