タグ:Disney ( 47 ) タグの人気記事
30年前、V.I.N.CENT.の1979年っていう年は。
『スター・ウォーズ』の大ヒットでSF映画が娯楽の王道に躍り出たのが1977年、それ以前にSFが好きなんて口にしたら、周りから白い目で見られた迫害の歴史をオジサンなら忘れない。
とにもかくにもSWのおかげさま、SF映画ブームの火は日増しに強まり、70年代の終わりにはもはや猛炎となって世界中に燃え広がっていた。
1979年、いわゆるSFバブル時代の幕開きである。
その年を振り返ると出てくる出てくる、忘れがたき傑作やほとんど忘れてしまった珍作の数々、『ブラックホール』はどちらかというと後者に限りなく近い惜しまれる大予算映画だった。
1979年の傑作:リドリー・スコットの『エイリアン』、クローネンバーグの『ザ・ブルード』、ロメロの『ゾンビ』、ジョージ・ミラーの『マッドマックス』、ロバート・ワイズの『スター・トレック』、ニコラス・メイヤーの『タイム・アフター・タイム』。
1979年の単なる大予算映画:『宇宙空母ギャラクティカ』、『スペース・レイダース』(バック・ロジャースのリメイク)、『ブラックホール』、『メテオ』、『007/ムーンレイカー』、『1941』。
1979年の明らかに珍作:『殺人蜜蜂大襲来アメリカ大陸滅亡の日』、『銀河戦争/宇宙巨大戦艦・スターシップSOS』。
ジャストミートもあればスマッシュヒットもあり、大ぶり三振なんてのも少なくなかったが、いずれにしてもすべてが愛しいSF映画にちがいなかった。
a0077842_2210699.jpg
そんな時代に飛び出したビンセントとは、MINDstyleがリバイバルモチャ化でもしない限り、ほとんど誰の話題にも登らなかった洋風ダルマ、ぶっちゃけ、失われたロボットだった。
けれど、思い出してしまった以上は気になって仕方ない、いまさらながらに頭から離れなくなるSFキャラなのである。
ビンセントにとってこの30年という長く静かな時間は、彼の真の魅力を熟成するためのイニシエーションだったのかもしれない。
a0077842_22373028.jpg
1979年にはUS版STARLOGのこんな別冊が出版されたけれど、『ブラックホール』やビンセントに関する記述は一切載っていなかった。
それがライセンスの問題によるものか、タイミングが悪かったのか、採り上げるに及ばないと編者が考えたのか、そこのところは分からない。
by tomenosuke_2006 | 2009-08-08 23:07 | TV・映画・ビデオ
先着6名さまに必ずお届けします。
a0077842_1613560.jpg
ジャーン、もうすぐ入荷、で、今夜0時、予約受付開始します。
8月2日にポストしたときは販売数2個とお伝えしましたが、いろいろ手を尽くし都合6個販売できることになりました。
コミコン限定として300個作られ、会場で完売、いまではプレミア価格でeBayを賑わせているオリジナルカラーのV.I.N.CENT.のことです。
1979年のディズニー映画『ブラックホール』公開30周年を記念して作られた、店主の知る限りではモチャ化されたビンセントの中ではmpcのプラモデル(8.5インチ)に次ぐ大きさ(8インチ=20センチ)の、精巧さからいったらイチバンの、無名度では1976年の『2300年未来への旅』(Logan's Run)の悪役ロボットのBOXや1979年の『スペース・レイダース』(Buck Rogers in the 25th Century)の小人ロボットTWINKIに匹敵するくらいとっても希薄な、でも、マニアックな物好きさんには懐かし過ぎる無重力装置で空中を浮遊移動するロボット、30周年とはいえ、まさかのモチャ化なのだった。
a0077842_1630575.jpg
古ぼけたパッケージがまたいい。
30年間、クローゼットの奥に仕舞い込まれ、ほとんど忘れ去られていたビンセントっていう感じ。
ブラント・ピータース作品でよく使われているMINDstyleのお家芸的表面処理が利いている。
したがいまして、キズだらけという理由ではお取り換えいたしかねます。
a0077842_16314017.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-08-08 17:17 | Sci-Fi Classicモチャ
MINDstyle x Disney's STITCHに大泣き。
MINDstyleとディズニーのコラボによる5インチ(13センチ)スティッチ・フィギュアを使った6種類の製品版が、先日オーランドで開催されたFX conventionで先行発売された。
これ、シリーズ-1に当たり、今後いろんなアーティストによる新作が続々と発表されるらしい。
文句なしに、キレイ。
人選が、ユニーク。
kaNOがいて、怒れるパンダAngry Woebotで有名なハワイのアーティストAaron Martinを起用したところが泣かせる。
が、もっと泣きたくなるのは、ディズニー・キャラクター商品の日本での販売ライセンスをMINDstyleが持っていないということ。
つまり留之助商店としては、いつものMINDstyleモチャのようには輸入できないのだよ。
平行輸入しかないのか、何かウマイ手を考えねば、いろいろ模索中である。
a0077842_19132465.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-04-24 20:15 | MINDstyle 新製品情報
お待ちかねのディズニーモノ、明日から発送開始。
予約だけで入荷分に達してしまったカリブの海賊:バードヘッド・スケルトンBLOC28のミッキーマウス&New Era 59Fiftyのセット、どちらもSpan of Sunsetのディズニーモノがこのほど到着、明日から発送します。
あと残るはNew Era 59Fiftyのキャップサイズ・7 (56cm)と7 1/2 (60cm)が計4セット。
店主に似合うわけないし、でもミッキーは欲しいし、小さいサイズのキャップだけマイ・サンにあげることにして、ですから残るは3セット。
a0077842_2155136.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-03-11 21:18 | 商店入荷新着情報
沖縄を発つ直前にも比嘉Bros.
3泊4日の沖縄滞在中、毎晩マッサージにかかり、島を離れる1月16日も早めにチェックインした那覇空港でIMAGE(イマージュ)っていうお店を見つけると、これまた60分全身スクワランヒートっていうボディケアにとろけ、初老夫婦の旅はこうして平和なエンディングを迎えたのだった。
最後の最後に間接的だけれど比嘉Bros.の見送りをうけるというオマケまでついて。
というのは、ディズニーアニメのスティッチの絵を2種類ずつあしらった3枚の巨大な垂れ幕を空港ロビーの吹き抜けに見つけ、目を凝らすと右端がヒガブラ作品じゃないですか。
a0077842_151541.jpg
とかく目立ちたがったり、何でもかんでも自分の手柄にしたがる人ばかりの世知辛い世の中で、ヒガブラの寡黙は雑踏に絶滅保護種を発見したような奇跡に等しく、驚くと同時に心底お見逸れしたのだった。
けっこう控え目なつもりの店主でさえ、もし留之助の何かが飛騨高山駅の待合室に飾られたりしたら、絶対帰りに見てくださいねって念を押すに決まってる。
ま、とにかく事の真相を正すべくメールを入れると、こんなレスが。

スティッチ、ご覧になられたのですかぁ!
ポストカードまでご購入くださりありがとうございます。
じつは沖縄を舞台?にしたTV版スティッチが昨年から放送されてまして、その案を出したのが現在のディズニージャパンの社長(アメリカ人)だそうです。
彼は元々、沖縄コカ・コーラで働いていたお偉いさんらしく、大の沖縄好き。
TV版スティッチの放送にあたり、沖縄県でディズニー商品を販売する会社が県内で活躍するアーティストを選び、それをディズニーが最終審査で厳選し、ポストカード・デザインを制作させたということなんですょ。
僕らも最初、ハブ・スティッチ、シーサー・スティッチ、キジムナー・スティッチ等々、キモカワなデザインばかりしたので、ディズニーからダメ出しばかりされ、最終的に無難な琉球空手スティッチになりました。
那覇空港にあります大型垂れ幕は昨年12月から、今月いっぱい展示予定だそうです。(残り半月)
a0077842_2215477.jpg
というわけで那覇空港で買ってきたヒガブラ作のスティッチ人形が印刷された沖縄限定ポストカード6枚を、これより当店で1万円以上お買い上げいただいた先着6名さまへのおみやげにしたいと思います。
ところで摂氏17度の沖縄からセントレアへ戻り、東海北陸自動車道を北上して飛騨高山に帰り着く道すがら、ひるがの高原あたりの気温は氷点下13度ときた。
1日でプラスマイナス30度の経験はこれが生まれて初めてだったかもしれない。
by tomenosuke_2006 | 2009-01-18 01:00 | TV・映画・ビデオ
今度は本物のミッキー、けれどBLOC28 x Span of Sunset。
2007年、LAで興った話題のプロジェクトがディズニーお墨付きのBLOC28、ミッキーマウスを既成のイメージにとらわれず自由な発想でリ・デザインするというもの。
旬なストリート系アーティストとのコラボによる次世代ミッキーがアパレルやモチャ関係で暴れている、なこと知ってるよね。
キャプテン・ロスクロウとキール・ホール・クレッグをデザインしたグレッグ“クラオラ”シムキンズとか、BIC Plasticsから大物(もちろん留之助に入荷する)を出したばかりのデビッド・フローレスたちもプロジェクト・メンバーの一員だ。
で、一時、日本でも話題になったのがホンコンのモチャ・メーカー3mix製のミッキー。
サングラスをかけた直線多様の秀逸デザインで16インチ陶磁器製スタチューと9.5インチのソフビが市場に出た。
元はJohn T. Quinn III(ジョン・T・クイン三世)の絵だったけれど、じつはそのソフビ改訂版がLAのSpan of Sunsetから発売されることになったのだ。
a0077842_12374841.jpg
なにゆえの改訂なのかワケは不明。
鼻がツンと長くなり、色合いも落ち着いた感じで、靴がグレーからベージュに変わった。
サイズも3mixのソフビよりひと回り大きな10.5インチ(27センチ)の500個限定。
しかもアメリカの老舗キャップ・メーカーでスポーツからストリートまで万遍なくファンを有するNew Era Capのオリジナル59Fifty fittedとのセット、クロスボーンのスカル風ミッキーがなかなかです。
が、ひとつ大問題は、このまえ紹介したバード・ヘッド・スケルトン同様、Span of Sunsetはディズニー製品の日本での販売ライセンスを持っていない点。
つまり並行輸入(アメリカの小売り店から定価で買う)しか仕入れの手立てはないということなのだ。
となると当然日本での販売価格はいやが上にも跳ね上がる、フツーはね。
が、ほめてやってください、留之助はそーゆーときのための、ファンのみなさんの負担にならない特殊な仕入れネットワークをちゃんと確保しているんです。
ご希望のみなさんは店主が適当にオーダー入れたキャップのサイズがフィットするかどうか、いまからチェックしておいくださいね。
ちなみにサイズは"7 3/8"、"7 1/2"、"7 5/8"の3種が2セットずつ入荷の予定。
a0077842_1346143.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-11-14 14:03
貴君の部屋にホラー彫刻は如何かのう。
こういうのがもうチョイ早く入荷してたらよかったのに。
今年のハロウィンはアンドリュー・ベルのキッドリーパーが出たくらいで、オブジェモチャ的にはいまいち盛り上がりに欠けたよね。
もっとコワモテの、本格モンスター系で、けれどアクションフィギュアとは一線を画して、大いにアートな香りを放つ新顔をお店に並べたかった。
と、思っていたら、いまごろになってこんなののお誘いが来て、世界限定250個は少な過ぎる、一目散にオーダー入れましたよ。
a0077842_17264983.jpg
怖いっしょ?
全高16インチ(40センチ強)の堂々たる海賊の亡骸、その名もバード・ヘッド・スケルトン。
剣が胸を突き刺し、背後の墓石のような岩に達して、倒れることさえできずに骸骨と化した、これぞ生粋の『パイレーツ・オブ・カリビアン』なのだ。
ジョニー・デップの映画ではなく、その元ネタになったディズニーランドのアトラクション『カリブの海賊』で実際に使用中のアニマトロニクス・クリーチャに基づいている。
ディズニーとのコラボでチェシャ猫(不思議の国のアリスの)シリーズ を製作してきたLAの青少年向けセレクトショップSpan of Sunsetの最新作で、原型をオブジェモチャ業界で活躍中の彫刻師グループ、Monster5が担当した。
リミテッドエディション・プリントが付属するとのことだけれど、詳細は公表されていない。
買ってからのお楽しみってことでしょうか。

バード・ヘッド・スケルトン全容公開。
by tomenosuke_2006 | 2008-11-01 20:07 | チョイマモチャ