タグ:Dr. Seuss ( 2 ) タグの人気記事
覚えていますかぁ? ホートン。
最近は若手NY勢の活躍が目立つよね、目まぐるしく変容する西洋オブジェモチャ界って、眺めているだけでも楽しいけれど、冒険好きなメーカーや旬のアーティストたちと交流していると、時に自分までモチャ作りに参加しているような気にさせられることがある。
たとえばおよそ1年前、SRT(SUPER RUD TOYS)の代表にしてクリエイティブ・ディレクターのJonathan Catheyとメール交換していた時もそうだった。
ドクター・スースの絵本『ぞうのホートンひとだすけ』のタイトルロール君を量産する準備が整い、いくつかのカラーバリアントが計画されたところで、ジョナサン・キャセイから3色選ぶとしたらどれがいいかと聞かれたり、フィギュアのお尻あたりに製品ロゴをプリントするっていうアイディアをどう思うかとたずねられたりした。
その後も製作費の捻出に懸命な彼から卸値をさらに5%割り引くので前払いで予約を入れてくれないかと言われ、喜んでそうさせてもらった。
a0077842_942250.jpg
こうして生まれることになった製品版ホートンについては、2008年3月22日の記事に詳述したんで、よかったら見てください、画像もたっぷりあります。
が、ホートンの完成を待ちわびていた去年の夏、突然ジョナサンからSRTを辞めることになったとメールが入った。
ホートン・プロジェクトは別の者が引き継ぐので心配しないように、もし問題が起きたら直接連絡してほしい、最善は尽くすと言ってきたのだ。
寝耳に水とはこのことだ、ジョナサンがいるからSRTに声援を送り続けてきたんだし、売れ残るのは承知の上でニィンギョー・プロジェクトも欠かさず仕入れてきた。
SRTの事情に詳しいあるアーティストから聞いた話では、お家騒動があり、ジョナサンが代表者の座を追われたんだとか。
で、ホートンの完成は大幅に遅れて去年12月末になんとかリリース、ただし跡を引き継いだ人に問題ありで、(中略)、紆余曲折を経てやっとこの度、留之助に届いた次第。
ジョナサンの置き土産となったホートンはSRT最後のモチャになるかも、その後、新しいスキンデザインのゴショやその他新製品の話は聞かれない。
ジョナサンのその後の動向もいま現在まったくつかめない。
ホートンのブルーとホワイト、のちほど入荷新着情報に並べます。
a0077842_12465522.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-02-07 23:55 | 商店入荷新着情報
ホートンがニンギョー・プロジェクトのSRTから。
a0077842_7553326.jpg
“現代のマザー・グース”と呼ばれ、世界で読み継がれているアメリカの童話作家ドクター・スース(1904-91年)の絵本。
ユニークなイラストと韻文の心地よい音とリズム、奇想天外なストーリーが特徴で、欧米の子どもたちは彼の絵本で育つとさえいわれている。
日本では英語教育用に読まれたりすることが多いのかな、ずいぶんむかし子供の出産祝いか何かでいただいて、はじめて知った。
ロン・ハワード監督、リック・ベイカーSFXメイク、ジム・キャリー主演の、けっこう見入ってしまった映画『グリンチ』(2000年)は、ドクター・スースの絵本の実写版だった。
で、今度は『ぞうのホートンひとだすけ』が『ホートンふしぎな世界のダレダーレ』として20世紀フォックスでCGアニメ化、今月14日には全米公開されて大ヒット中だとか(日本は夏に公開)。
a0077842_7555863.jpg
ホートンの声をジム・キャリーが、そんちょうさんをスティーヴ・キャレルが演じたりで、話題にはことかかないこのアニメ、もう日本でも予告編が流れているから観た人もいるでしょ。
ぞうのホートンが小さな“チリ”の世界の住人たちをよこしまなジャングルの動物たちから守るっていうお話。
でも、その程度のことならここでは紹介しないよ、留之助商店はオブジェモチャ屋なんですから。
かといって、そのホートンがフィギュア化されると聞いても、別段、驚かない。
シネコンに併設のグッズショップに並ぶようなヤツだと思うから。
が、あわてましたよ、ニンギョー・プロジェクト悪の枢軸5人衆など、とりわけ売りにくい大人のオブジェモチャを発表しているSRT(スーパー・ラッド・トイズ)の若きオーナー、ジョナサン・キャセイから「以前から準備していたホートンがやっと商品化できる」とメールが入ったのだ。
しかもグッズショップやトイザラス向けじゃない、ウチ向けの限定生産・高品質のオブジェモチャ版。
a0077842_9121139.jpg
これは映画の公開年に合わせて企画されたと思われそうだけれど、正確には映画グッズじゃぁない、絵本『ぞうのホートンひとだすけ』の中のキャラクター、つまりドクター・スースの絵の忠実な立体化なんだよ、目を見れば分かる。
SRTとしてはもはや童話の古典といってもいい『ぞうのホートンひとだすけ』の中のキャラクターたちを、ひとつずつ、愛情込めて、ていねいにフィギュア化させたいと考えている。
の、第1弾がこのホートンというわけだ。
留之助にはライトブルーのクラシックブック・エディションとホワイトグレーのホワイトブックカバー・エディション(上)の2色が入荷予定。
ホートンの背丈は9インチ(約23センチ)、ニンギョー・プロジェクトを手にした人ならご存知のじつにSRTっぽい、ドクター・スースの絵をあしらったグラフィカルなウィンドーボックス入りだ。

SRTのホートン、もうちょっと見てみましょうか。
by tomenosuke_2006 | 2008-03-22 10:29