タグ:Easy Hey ( 3 ) タグの人気記事
Kid Onion、フランス産のタマネギに涙。
プロトタイプが公開されたのは去年の夏、8月上旬入荷とお伝えしたのが今年の7月→http://tenshu53.exblog.jp/8645263/
フランスのオブジェモチャ屋ARTOYZが、オリジナル作品Elements Alpha Seriesのプラットフォームも手がけたアーティストEasy Heyとともに、丹精込めて栽培したキッドオニオン2品種、各500玉限定がアメリカから送られてきた。
そう、kidrobot本家がARTOYZモチャの世界配給をバックアップしてる関係で、フランス〜アメリカ〜飛騨高山と、ほぼ世界一周して入荷した次第。
でもご心配なく、鮮度が落ちないよう真空シュリンクパックに詰められ、ネットで包み、さらにブリスターでサンドイッチと、これ以上考えられないくらい念入り厳重なパッケージングですから。
外気に触れないよう、フタの丸いウィンドーから中をのぞいて、赤茶系のレギュラー版と白黒系のUS版が識別でき、いうまでもなく衛生面も万全です。
Kid Onion、フランス産のタマネギに涙。_a0077842_1505137.jpg
いい色、いい顔、Mサイズぐらいのフランス産タマネギを手のひらに乗せてみる。
中空ソフビで普通に軽い。
フワッとしていて、かわいくて、おもちゃのゴムボールをギュッとやるように握りしめたくなる。
次ぎにテーブルの上で遊ばせる。
ダルマ体型で落ち着きなく、重りが入っているわけじゃないから、ちゃんと静止するような、しないような。
そのソワソワ感こそキッドオニオンの特徴であり、味わいなのだ。
皮を剥くまえから、感動のあまり涙がチョチョ切れた。
これより発売いたします、あなたもいっしょに泣きましょう。
Kid Onion、フランス産のタマネギに涙。_a0077842_15424563.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-11-29 15:52 | 商店入荷新着情報
8月上旬のkidrobot。
若者諸君の夏休みが始まる7月19日から25日の1週間、榎本店長ともどもLAやらSDCCへ出かけるため、その間の留之助商店の営業と商品の発送はお休みさせていただきます。
ただし店主のブログはせっせと更新の予定ですので、どうぞよろしくお願いします。
で、話は変わって、このたび発表になったkidrobotモチャ8月上旬発売分のお知らせです。

2009年8月上旬入荷後ただちに発売
8月上旬のkidrobot。_a0077842_14205948.jpg
BoOoya Ghost Mini Series
2008年8月に発売されて好評だったMad初のミニフィギュア・シリーズ、Bent World Vandalsに次ぐ1年ぶりの新作、ボオーヤ・ゴーズト、なんとカラフルなお化けたちでしょう、夏にぴったり。
キャッチフレーズは2-inch Terrors(5センチの恐怖)、シークレットチェイス2個を含む全14種類のコレクターズ・チェックリストは後日発表させてもらいます。

2009年8月7日午前0発売
8月上旬のkidrobot。_a0077842_15174368.jpg
Smorkin’ Labbit 10-inch
いまさら説明は不要でしょう、新しい10インチ・ラビットが3匹、今度のカラーはひんやりなシルバーとブロンズと、すっきりポルカドット、こちらも夏向き。

2009年8月7日午前0発売
8月上旬のkidrobot。_a0077842_14363858.jpg
Rippers Enamel Zipper Pulls
いままでもFWYのラッキーズアーロン・メションのレッツ・ハングといったkidrobot製ジッパープルを紹介してきたけれど、素材はいずれも樹脂で限りなくキャワイイ・デザイン、どちらかというとジッパープル=少年少女向け低額商品という図式ができていたような。
そんな風潮に対してコジックが異(?)を唱えたのがこれ、リッパーズなのだ。
コジックキャラだからもちろん不道徳、だから大人に最適(?)。
そこへもってきてエナメル処理した金属製で、じつに風格がある。
そんなのがいままでのkidrobot製ジッパープルと同じプライスで発売される、ちょっと楽しみである。

2009年8月上旬入荷後ただちに発売
8月上旬のkidrobot。_a0077842_16241939.jpg
Kid Onion Regular and US ver.
kidrobotが世界配給をバックアップしているフランスのオブジェモチャ屋ARTOYZの新作も合わせて紹介させてもらいます。
留之助の常連さんたち(実物を手に取って見ることができる幸福な人々)にウケのいい同じARTOYZ製Elements Alpha Seriesの生みの親、Easy Heyがデザインした5.5インチ(12センチ)のタマネギ、2種。
13才からイラストレーターとして活動し、フランスのレンヌでスタジオ兼ギャラリーショップのDelkographik Studioを運営しているイージー・ヘイの自信作だ。
タマネギとパリのストリートを徘徊するいたずら小僧との混血児がこのキッドオニオンという設定、赤茶系のレギュラーと白黒系のUS版が各500個ずつ作られた。
しかし暖色に水色を混ぜてみたり、モノトーンに紫を持ってくるあたりがとってもフレンチ、色使いにうっとりさせられます。
8月上旬のkidrobot。_a0077842_1819383.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-07-16 18:27 | Kidrobot 新製品情報
フランスのARTOYZモチャがkidrobotから世界配給される。
フランスのARTOYZモチャがkidrobotから世界配給される。_a0077842_23351177.jpg
kidrobotがBEAUTIFUL PLASTICという別会社を発足させ、Devilrobots、Furi Furi、Shin Tanaka、TOUMAなど日本人アーティスト作品を多数発表しているシンガポールのメーカーplay imaginativeや、フランスのオブジェモチャ屋でオリジナルも作り始めたARTOYZの製品卸しを開始した。
で、前者のplay imaginativeモチャは日本の先輩ショップ各位が積極的に取り扱っていらっしゃるので、留之助としてはこれを機会にまだまだ日本では知名度の低いARTOYZに肩入れすることに決めた。
その第1弾がミニフィギュアのErements Alpha Series、セシボンな出来なのである。
そもそもこのエレメンツ・アルファ・シリーズに至るまでに、ARTOYZは最初にエレメンツ・プロローグ・セットをデビューさせ、第2弾のエレメンツ・ファースト・デグリーでしっかり地盤固めをしていたのだった。
フランスのARTOYZモチャがkidrobotから世界配給される。_a0077842_22531675.jpg
フレンチ・ダニーの1/400のスーパーレアな子(↑)を覚えていますか。
デザインしたのはフランス在のEasy Hey
じつはARTOYZファミリーの一員で、彼がARTOYZのためにデザインした4種類のマスコットがエレメンツの元になっている。
つまり、water、fire、air、earthの面々、それをまずスケルトン・プラスチックで立体化したのがプロローグ・セット(↓)だった。
フランスのARTOYZモチャがkidrobotから世界配給される。_a0077842_2315365.jpg
そのあとイージー・ヘイ自らのスキンデザインで誕生したのがファースト・デグリー(↓)。
こじんまりとささやかで、かつ控え目ないい子たち4人組である。
フランスのARTOYZモチャがkidrobotから世界配給される。_a0077842_23141050.jpg
素材はABSプラスチック、共通の胴体に4つの異なる頭がキャップのようにかぶさる仕立て。
だからふたつに分解し、別の胴体に別の頭をかぶせて遊ぶことも出来なくはない。
で、アルファ・シリーズなのである。
フレンチ・ダニーで活躍したフランス人アーティストを含む16名に、オーストリア、ドイツ、イギリス、アメリカから各1名が加わった総勢20人のエレメンツ合戦、ミニ・ダニーに負けてない。
中にはスーパーレアなエレメンツがあるという話だけれど、どれがそれなのか、混入率はどれくらいなのか一切明かされていない。
参加アーティストは下記の通り、その下がコレクターズ・チェックリスト、今月中には入荷の予定。
Koa, Jean Spezial, Pulco Mayo, iLK, Nathan Jurevicius, RUN777, Skwak, Supakitch, Koralie, Artizarnal, Jon Burgerman, Yokaikai, Flying Fortress, Steph Cop, Bwana Spoons, Mist, Gregos, Superdeux, Grems.
フランスのARTOYZモチャがkidrobotから世界配給される。_a0077842_23504852.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-06-10 23:59