タグ:Flying Fortress ( 16 ) タグの人気記事
まぶしすぎます。
留之助商店閉店後、用事ができてお店によったら、ショーケースの中で煌々と緑色に発光する物体を発見。
目を凝らせば、なんと連休さ中の日曜日に届いたばかりの夜光性テディ・トゥループ・10インチじゃないですか。
ビッグサイズだけあって、蓄光力とにかく強大で、光るわ光るわ、まぶしすぎ。
そこでさっそく榎本店長に撮ってもらったのが下の画像。
買って、明るさ、自分の目で確かめてみたくなりません?
ほしくなりませんか?
まぶしすぎます。_a0077842_10332194.jpg
まぶしすぎます。_a0077842_10352989.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-10-14 10:39
まるっと1年ぶりになりますか。
前作のアーティスト・シリーズからまる1年、3.5インチ(9センチ)のテディ・トゥループス・シリーズ3がこの夏、リリースされることになったね。
流通の関係で前作はホンコンとヨーロッパを中心に販売され、店主、指をくわえてながめるばかりだったけれど、今度はうまくいくんでしょうか。
時間をかけただけあって内容はぜんぶで11バリアントと歴代最高数、もちろんブラインドボックスのお楽しみ付き。
とりあえずそのうちの4つが公開されたんで見てちょうだい、全体にしぶいトーンで統一か?
まるっと1年ぶりになりますか。_a0077842_7182412.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-07-17 07:00
新テディ・トゥループ発売を記念して、過去モノおさらいしましょ。
香港のメーカーでアメリカより(とーぜん日本なんかよりも)ヨーロッパで引く手あまたのadFunture
ドーマの宇宙飛行士ジーザス様をはじめ、ファフィのクローディ&ジャネットやロンドン・ポリスのラッド&ドッグ、最近ではジュカイのジィロボなど、地元アジアだけじゃなくヨーロッパ各地のストリート・アーティストたちを起用して、じつに洗練されたオブジェモチャを発表している。
留之助商店でもアドファンチャー製品は主力のひとつ。
そのアドファンの代表作といえば、なんたってドイツのアーティストで今年2月にはダニーもデザインしたFlying Fortress(フライング・フォートレス)のテディ・トゥループシリーズでしょう。
2005年の夏から2006年の夏にかけ、フォートレスをはじめ何人かのアーティストたちが種々多様なスキンをデザイン、どれもこれも傑作ぞろいで、ヨーロッパではダニーを凌ぐ人気を集めた。
にもかかわらず、その後、なぜか10インチ(25センチ)のブランク版、つまりDIYを出したっきりで1年以上も鳴りを潜めていたのだ。
が、このたび待望の10インチ(はデカイぞ)の新作FU(フー)テディ・トゥループを発表、スキン・デザインを台北のアーティスト、Reach(リーチ)が担当した。
新テディ・トゥループ発売を記念して、過去モノおさらいしましょ。_a0077842_19491030.jpg
限定500個をロンドン、パリ、ベルリン、ロサンゼルにある契約ディーラーがそれぞれ125個ずつ均等に分けあい、留之助はというとLAからの調達になんとか成功した。
ショッキングピンクのヘルメットに白っぽいからだ、口元から同じピンク色の血をしたたらせ、激戦から帰還したトルーパーといった感じ。
それにしてもけっしてアメリカものにはないムード、陸続きのアジアとヨーロッパの合作だからこそ生まれた、東西交易&文化交流の見本のようなオブジェモチャだと思いません?
というわけでフー・テディ・トゥループ発売記念、歴代トゥループを紹介しておきます。
すべて絶版品ですが、中には店頭で販売中の当店秘蔵のコレクションもありです。
新テディ・トゥループ発売を記念して、過去モノおさらいしましょ。_a0077842_22193043.jpg

↑ 2005年7月デビューの記念すべきテディ・トゥループ第1弾。高さ9センチのレギュラーサイズで、生みの親のフライング・フォートレスがスキンもデザインした。1個ずつのウィンドーボックス入りと、3個セットの横長パッケージの二通りで発売された。いまでは幻の3点セットといわれている。


新テディ・トゥループ発売を記念して、過去モノおさらいしましょ。_a0077842_2255869.jpg

↑ 続いて2005年8月に発表された9センチのモノトーン3部作。スキン・デザインは左から、イギリスのD・フェイス、台北のショップPixie限定。同じくイギリスのデイブ・ザ・チンプ、イギリス初上陸記念。そしてフライング・フォートレスのヴィジュアル・ロックスター・トゥループ、バルセロナで開催されたデイブ・ザ・チンプとフォートレスの作品展記念。先の3点だけでなく、どれもこれもいまから集めようと思ったらダニー・シリーズ4をコンプリートするくらいの資金と、さらに気長なリサーチを要するだろうね。

新テディ・トゥループ発売を記念して、過去モノおさらいしましょ。_a0077842_23264795.jpg

↑ バルセロナでのデイブ・ザ・チンプとフォートレスの作品展は同年パリ〜ロンドンでも巡回されて、これはその記念のヴィジュアル・ロックスター・トゥループ。左がパリ展、右がロンドン展記念。

新テディ・トゥループ発売を記念して、過去モノおさらいしましょ。_a0077842_23495520.jpg

↑ 2006年7月に登場してファンの度肝を抜いた全高25センチのテディ・トゥループ。第1弾のベーシックの拡大版で、その後、同じサイズの真っ白ムクなブランク・テディ・トゥループも発売された。

新テディ・トゥループ発売を記念して、過去モノおさらいしましょ。_a0077842_23584484.jpg

↑ そして2007年8月、このアーティスト・シリーズが発表されて、まるっと1年、鳴りを潜めることになったのだ。一部ではこれが最後のトゥループだとささやかれたりしたカラフルな傑作。スキン・デザインは左からフォートレス、D・フェイス、フランスのアレキゾーン、デイブ・ザ・チンプ。


最後になりましたが25センチのブランク・テディ・トゥループもフー・テディ・トゥループと同時に入荷の予定です。
新テディ・トゥループ発売を記念して、過去モノおさらいしましょ。_a0077842_0381117.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-10-07 11:59
13金、ロンポリとフラフォ、渋谷に参上。
つまり明日4月13日金曜日に渋谷で開催されるK・SWISSがスポンサーのイベントK-SPRAYに、おなじみのストリートアーティストロンドン・ポリスフライング・フォートレスが参加するっていう耳寄りな情報。
オベイ・ジャイアントの大ファンで留之助商店のお得意さんで、とにかくこういう情報にやたら強い福井の斉藤さんに教えてもらいました。
斉藤さん、当店でお買い上げいただいたロンポリのラッド&ドッグ持参でイベントが開催される渋谷WOMBへ直行、絶対サインもらうんだって。
気をつけて行ってらっしゃい。
13金、ロンポリとフラフォ、渋谷に参上。_a0077842_1705357.jpg
あともうひとりスペイン出身のストリートアーティストPEZ(ペッツ)も参加する。
大きな口、大きな白い歯、真ん丸の目ん玉、ニカッっと笑った魚のような、単にでかい顔のようなキャラクターが有名かな。
まさに三者三様、どんなライブ・アート・ショーになるんだろう、斉藤さん、ひとつレポートもお願いしますね。
13金、ロンポリとフラフォ、渋谷に参上。_a0077842_17113072.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-04-12 17:16
新8インチ・ダニーの作者はドイツの直訳は空飛ぶ要塞クン。
新8インチ・ダニーの作者はドイツの直訳は空飛ぶ要塞クン。_a0077842_11176.jpg
3月1日にチルトの6インチ・ファットキャップが出ると、22日には世界1500個限定で8インチ・ダニーの新作が登場だ。
今回のデザイナーはドイツのストリート・アーティストFlying Fortress(フライング・フォートレス=米空軍爆撃機の総称で直訳すると空飛ぶ要塞)。
香港のオモチャメーカーアドファンチャーの話をしたとき、テディ・トゥループっていうナチヘルメットみたいなのをかぶったクマの兵隊さんフィギュアを紹介したけれど、あれの外見だけじゃなく、ベースのキャラもデザインしたのがフライング・フォートレスだったんだよ。
下の写真はいまじゃ入手不可のテディ・トゥループ・シリーズ1、空飛ぶ要塞所属の兵隊さんたちといったところかな、ぜんぶフライング・フォートレスの仕事。
新8インチ・ダニーの作者はドイツの直訳は空飛ぶ要塞クン。_a0077842_121660.jpg
新作ダニーはアーティスト名で呼ばれているみたいで特別な名前なさそうだから、この際手短にフラフォって呼ぶことにして、さてそのフラフォ・ダニーとテディ・トゥループをよく見くらべると。
フラフォって、テディのりりしく男っぽくもある、あの特徴的なヘルメット脱いだ姿みたいじゃないですか。
なんて思ったりしてね、オモチャを楽しむわけですよ。

フライング・フォートレス作品集。
by tomenosuke_2006 | 2007-02-22 01:17
adFuntureモノ。
adFuntureモノ。_a0077842_9215412.jpg↓のファフィの新作はadFunture(アドファンチャー)という香港のメーカーの商品だ。
2004年にパリのセレクト・ショップColette(コレット)によったとき見つけた青いゴリラJAKe APE(ジェイク・エイプ)が店主にとっては最初のアドファンチャー製品、地元フランスかアメリカのメーカーだと思ってた。
香港で遊んだ人なら(ビジネスした人ならもっと)分かると思うけれど、あの街って東京とは比べようもないくらい国際都市っていうか、東洋でいちばん世界に近いっていうか、世界との隔たりを感じさせない場所なんだよね。
だからいろんな国のアーティストのオブジェモチャが香港のメーカーからリリースされたって、少しも不思議じゃないのかも。
去年、お店を開店したばかりのころ、ファフィと同じディーラーさんからすすめられたアドファンチャーのTeddy Troops(テディ・トゥループス)第2弾、アーティスト・シリーズ も、ヨーロッパのストリート系スター・アーティストが名を連ねてたっけなぁ。
お店の改装代やらいろいろ請求書が送りつけられてきていた時期、お財布キューキューで仕入れるのあきらめたけれど、下の写真のたとえば右端のデザイナーはつい先日話題にしたばかりのデイブ・ザ・チンプ。
ほんと、面白そうだからっていう理由で扱いだしたらキリがないこういうミニフィギュアが、山ほどあるから困ってしまうよ。
adFuntureモノ。_a0077842_10341991.jpg

身長9センチのテディ・トゥループス2。
左からFlying Fortres、DFace、Alexone、Dave the Chimpのデザインです。


じつはっていうか、この度、ファフィの新作といっしょに注文入れたのが同じアドファンチャーのLad & Dog(ラッドとドッグ)のセットで、知る人ぞ知るオランダはアムステルダムを拠点に活躍するストリート・アーティスト、ロンドン・ポリスの作。
ロンポリのグラフィティに登場するお馴染のキャラクターが、高さ30センチというビッグサイズで立体化されたんだよ、世界限定1000セット。
そのロンポリのグラフィティを2、3点紹介するから、下のリンク先を見てちょーだい。
adFuntureモノ。_a0077842_1151633.jpg
追伸:当店ではジェイク・エイプの青いコレット版と薄青のノンコラボ版、さらに黒のコレット&コムデ・ギャルソン・コラボ版の3種を在庫してます。興味おありの方はお気軽にお問い合わせくださいね。

ロンドン・ポリス・グラフィティ。
by tomenosuke_2006 | 2007-02-11 11:12