タグ:Gary Baseman ( 116 ) タグの人気記事
Quentin Tarantino & Toby
いきさつは不明だけれど、これは3月公開が楽しみな西部劇『ジャンゴ 繋がれざる者』のクエンティン・タランティーノ監督とTobyのツーショットである。
facebookのOfficial Gary Baseman Fan Page!で紹介されていた。
ちなみにこのトビーはゲイリーの市販された唯一のヌイグルミ。
2005年、個展が開催されたギャラリーBilly Shire Fine Artsで200点のみ発売されたコレクター垂涎の逸品なのだ。

なぜかウチで買えます→http://www.tomenosuke.com/2-udt-6%28GB%29/index.html
a0077842_7105739.jpg
This is an interesting two-shot of Quentin Tarantino & Toby which I found at Official Gary Baseman Fan Page! of facebook. I don't know how it came about.
by tomenosuke_2006 | 2013-01-09 07:29
The Door is Always Open展の記念スーベニア
4月25日から8月18日までLAのSkirball Museum(スカーボール博物館)を会場に、いままでで最も規模が大きく濃密なGary Baseman(ゲイリー・ベースマン)の作品展The Door is Always Open(ドアはいつでも開いてるよ)が開催される。
で、その記念スーベニアをほぼ全品、留之助でも販売することになったのだ。
時期は展覧会オープンのころ、なので4月。
この展覧会はゲイリーがこれまで創作した絵画、オモチャ、テキスタイル、映像のすべてを展示するばかりでなく、彼のユダヤ人の祖先について、また彼自身の生い立ちなどを古い写真や絵を交えながらたどり、さらに彼の家を埋めつくさんばかりに飾られている魅力的なコレクションや宝物も持ち込まれる。
つまりゲイリーのすべてを総覧できる内容なのだ。
スーベニアの詳細については、いずれまた。
a0077842_0101199.jpg
Save the date for this first major museum survey of the art of Gary Baseman. Opening in April 25th at Skirball Museum, "Gary Baseman: The Door Is Always Open" will celebrate the impact of Baseman's imaginative, whimsical work on popular culture. On view will be a colorful array of original illustrations and paintings, toys, games, textiles, film, and video. The exhibition will also follow the narrative of Baseman's Jewish ancestry and his upbringing right here in Los Angeles, and include treasures from his fascinating personal collection.


by tomenosuke_2006 | 2013-01-05 23:40 | ロウブロウアート
スラッグリシャスのチェイスカラーが明らかに
The mystery of Slugilicious's Chase colorways was revealed.
a0077842_2226784.jpg

by tomenosuke_2006 | 2012-12-30 08:22 | 商店入荷新着情報
例のArts Unknownモチャの箱
カリフォルニア州サクラメントのギャラリー・ショップDragatomiにはきのう荷物が届いたらしい。
UKのメーカーArts Unknownの3作品、パッケージも三者三様で期待は募る一方だ。
a0077842_2273866.jpg
It seems that all the new toys of Arts Unknown reached my friend's store Dragatomi. They showed the hot pic of the interesting package which was took at their store.
by tomenosuke_2006 | 2012-12-29 22:09
そろそろ届きそうなArts Unknownモチャ-その2
これもそう、ゲイリー・ベースマンレギュラーカラーとは異なる“スラッグリシャス”だけれど、はたしてメンバーズオンリーなのかチェイスなのかは謎のまま。

まもなく発売→http://tomesyoten.exblog.jp/19341069/
a0077842_11241871.jpg
This is not the regular colorway of "Slugilicious" by Gary Baseman. But we are not sure this is Members only colorway or Chase colorway.
by tomenosuke_2006 | 2012-12-26 11:46 | 商店入荷新着情報
Gary Basemanついでに
Ayaさんと訪ねたGary Baseman(ゲイリー・ベースマン)邸の模様をご紹介、下のMORE PICS and INFOのリンク・ページをご覧あれ。
のついでに、留之助限定Rovno Warrior(ロブノ・ウォーリアー)を特別価格でご提供、年の瀬まで。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/18852287/
a0077842_2349104.jpg
I would like to introduce the wonderful house of Gary Baseman's when I visited with Aya. Please click the link button "MORE PICS and INFO" below.
So, Tomenosuike exclusive Gary Baseman's Rovno Warrior is sold at a special price now. Up to an end of the year.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2012-12-21 00:00 | 留之助限定モチャ
Aya Kakedaの店、オープンにつき
2ヵ月まえ、NYCC 2012で仕入れたAya Kakeda(懸田阿也)作品を発売するAyaまつりを今度開催、なんて言っておきながらズルズルしておりました。
が、やっと準備が整いましたよ。
話は突然変わりますが、下の写真は11月にLAでAyaさんと落ち合い、DCon 2012へ参加した2日後、Gary Baseman(ゲイリー・ベースマン)の家へ遊びに行った時のもの。
ゲイリーの部屋にあったチョウチョウのマスクを持ち出し、彼に記念撮影をねだるAyaさんなのでした、よく似合ってます。
a0077842_2152255.jpg
This photo was taken in November when we and Aya Kakeda visited Gary Baseman two days after we met her in LA and we took part in DCon 2012. Aya asked Gary to take a ceremonial photograph when she took a ChouChou mask which she found in his room.

あらためまして、Ayaさんの簡単なプロフィールを。
ブルックリン在住の不思議アーティストさんは、東京の下町生まれ。
10代に渡米し、 そのまま大学・大学院卒業後、 ニューヨークに居を構えました。
興味と好奇心のおもむくまま、イラストレーション、ギャラリーアート、パフォーマンス、音楽、映像、 コスチューム・デザインなど多方面で活動中であります。
ただし日本よりも海外での活躍が目立つ。
日本のオブジェモチャ好きには6つのDunny seriesで個性に富んだデザインを発表した日本人アーティストとして有名ですよね。
で、縁あって、このたび彼女のプライベート作品を販売するオンラインストア「あや屋」を開店するはこびとなりました。
ご来店をお待ちします。
右にあしたごろ現れる"Aya Kakeda"バナーから、どうぞ。
a0077842_22183028.jpg
Aya who lives in Brooklyn is an intriguing artist. She was born in Tokyo’s downtown. She left for USA in her teens, graduated from a college and a graduate school there and now lives in New York.
Wherever her heart and curiosity go, she is active in various fields such as illustrations, gallery-arts, performance, music, movie and costume designs. However, her success is more noticeable in overseas than in Japan. She is famous among those who love art toys as a Japanese artist who released Dunny series which had an abundance of distinct personalities.
Recently we are lucky to open an online store "Aya-ya" selling her private works. We are looking forward to your visits. Please find the "Aya Kakeda" banner which will be appeared around tomorrow to the right side.
a0077842_2219765.jpg

by tomenosuke_2006 | 2012-12-20 23:05 | あや屋
うまくいけば年内入荷のArts Unknownモチャ-その2
こちらも、うまくいけば年内入荷になりそうなゲイリー・ベースマンの“スラッグリシャス”である。
あとちょっとの辛抱、新着画像でも見ながら発売を楽しみにお待ちください。
a0077842_10313415.jpg

▲ Slugilicious by Gary Baseman


by tomenosuke_2006 | 2012-12-11 20:03 | 商店入荷新着情報
留之助限定ロブノ・エディション15%OFF
お母さんが亡くなったり、慌ただしい日々を送っていたGary Baseman(ゲイリー・ベースマン)から、やっとBuckingham Warrior (バッキンガム・ウォーリアー)の留之助限定Rovno Warrior(ロブノ・ウォーリアー)のフライヤーが届いた。
作品名の日本語表記を教えてほしいといわれ、"Rovno Edition"については"ロブノ・エディション"か"ロブノ版"のどちらか好きな方を選んでくださいと言ったつもりが、ていねいにも両方とも手描きして使っちゃってくれたのだった。
デジタル・フライヤー完成記念、ロブノ・エディションを15%OFFで発売だ。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/18852287/
a0077842_1356023.jpg
Now we are starting 15% off sale of Gary Baseman's Rovno Warrior at here.
by tomenosuke_2006 | 2012-11-29 14:40 | 留之助限定モチャ
留之助6周年ロブノ・ウォーリアー物語
第1弾にしてシリーズの総称でもあるBuckingham Warrior(バッキンガム・ウォーリアー)が、ホロコーストから生還したGary Baseman(ゲイリー・ベースマン)の父親に捧げられた作品だということや、第2弾のKostopol Warrior(コストポル・ウォーリアー)がゲイリーの母親の故郷であり、ナチによるユダヤ人虐殺の舞台となったウクライナのコストポルに由来していることなど、これまでにも紹介してきたけれど、留之助開店6周年記念Rovno Warrior(ロブノ・ウォーリアー)について、ゲイリーから作品解説が届いたので直訳する。

バッキンガム・ウォーリアーについてだけど、知ってのとおり、それぞれのカラーウェイは僕の両親の故郷の町に関係がある。
僕の父親はBerezne(ベレーゼン)、母親はKostopol(コストポル)の出身だ。
両親が育った町は、Rovno(ロブノ)という名前の都市の郊外にある。
両親の故郷はそれぞれ人口3000人の町で、ロブノには20,000人が住んでいた。
でも、ロブノに住むユダヤ人の運命は、両親の町に住むユダヤ人と同じくらい暗いものだった。

彼らも全員が大量虐殺されたんだ。
ロブノはあの地域を代表する大都市で工業的に発展した都市だと思ったから、ロブノを表現するのにシルバーを選んだ。
シルバーを選んだ理由は他にもある。父は自分の両親と同胞の殺害に関与した男たちを制裁したあと、もうひとりの“同志”といっしょにロブノ刑務所に入れられた。

でも、どんな収容所、有刺鉄線、鉄格子でも無理だったように、ロブノ刑務所も父を拘束することはできなかった。

父は何とかして、逃げたか、釈放されたか、誰かに助けられて自由の身になった。

生き残ることに懸命な“鉄の意志”ではないにせよ、生きようとする父の強い意志をシルバーは象徴しているんだ。

発売は9月29日24時5分→http://tomesyoten.exblog.jp/18852287/
a0077842_554487.jpg
We received the explanation about Rovno Warrior from Gary Baseman.

With the Buckingham Warrior, each color way has to do with the towns of my Parents, as you know.
My father is from Berezne, my mother is from Kostopol.
Rovno is the name of the city that my parent's towns were part of the suburbs.
Where my parents came from towns of 3000, there were 20,000 in Rovno.
But the fate of the Jews of Rovno were just as dark as the fate of them in my parents towns.
They were also all mass murdered.
I picked SILVER to represent Rovno since I imagined it to be the bigger more industrial city representing the area.
I also picked Silver, because after my father killed the men responsible for the deaths of his parents and brethren, he and another "partisan" was thrown in the Rovno Jail.
But just like any other camp or barb wire or bars, the Rovno Jail could not hold my father.
Somehow he either escaped, was released or freed by others.
The silver also represents his strong will to live, if not "iron will" to survive and strive.

Rovno Warrior will go on sale here at midnight 24:05 on September 29 as an exclusive piece for Tomenosuke's 6th anniversary.
If orders are placed in North America, we will send directly from our warehouse in Oregon at domestic delivery charges. For the delivery to other countries excluding Japan, they will be delivered via post office’s EMS from Japan.
a0077842_5524764.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2012-09-21 05:55 | 留之助限定モチャ