タグ:Gary Baseman ( 112 ) タグの人気記事
STGCC 2009現地リポート-2/ベースマンとジョーレッド。
さらに略してポミコンには、Gary BasemanJoe Ledbetterのふたりがゲスト参加している。
じつは店主、ゲイリーの秘書のSusan Ledgerwoodとは何かとヤリトリが多いのだけれど、ゲイリー本人とは2度ほどブリーフリーに会っただけだったし、ジョーレッドにいたっては面識がまったくなかった。
で、今回の旅の目的のひとつが彼らの大脳皮質にしっかりと留之助商店を記録してもらうこと。
なんたってご両人の日本以外のメーカー製モチャをはじめ、書籍、アートプリント、ポスターの取り扱い量はウチがたぶん日本一だもの、ファンとしてではなく、きちんと名刺交換しておかなきゃと思ったのだった。
a0077842_7575775.jpg
結果はパーフェクト。
Walk of Fameと名付けられたコーナーの右端に専用ブースを提供されたゲイリー(下)とは、ブース内に招かれ熱く語り合えた。
で、未発売のPink CHOUCHOU GID Ver.を5個購入、もちろんサインを入れてもらった。
これはゲイリーのために100個だけ作られ、うち20個をポミコンへ持参、あとの80個は後日彼のサイトで売り出す予定の特別な夜行性チョウチョウなんだと、おみやげに持ち帰ります。
a0077842_8553897.jpg
左端のブースではファンが持参したモチャやノートに黙々とサインするジョーレッド(下)の姿が。
あまりに忙しそうだったから、PIのJacky Teoに頼んで翌日(ポミコン最終日)のサイン会の後に会うことにした。
スランダースネークをさっそく留之助が日本でリリースすること、これまでもKidrobotのティーターやユニコーナサウルス、Wheaty Wheatのリンゴベア、Toy2Rのスマッシュアなど、レッドベターモチャを積極的に取り扱ってきたことなど話したら、日本にそんなショップがあることなどまったく知らなかったみたいで、驚いたり、喜んだり、彼の方から名刺を出されたり。
a0077842_9202122.jpg
そこで商魂逞しく名案が浮かんだ。
1枚10シンガポールドルで5枚購入したポミコンのオフィシャル・ポスターにジョーレッドとゲイリーのサインを入れてもらい、GIDチョウチョウと4色のスランダースネークをセットで購入された先着3名様にプレゼントはどーかなと。
a0077842_1013815.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-08-16 23:00 | イマモチャ
G・ベースマンのマスク、いまなら間に合うかも。
6月25日に紹介したGary Basemanデザインの夜店のお面の発売が、日本時間のきょう午前2時からはじまった。
さっき(6時)のぞいたら、まだ在庫があったんで、予約分の他に別名義のPayPal口座を使ってもうひとつ注文入れた。
できれば7色ぜんぶ欲しいのだけれど。
http://www.garybaseman.com/
a0077842_6254976.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-07-02 06:00 | ロウブロウアート
変種チョウチョウ・マスクが発売される。
製作数は公表されていないけれど、きっと極少数だと思われる。
5月にLAで開催されたGary Basemanの個展La Noche de la Fusionのコスチュームプレー用に作られた手塗りのバキュームフォーム製マスク(夜店で売ってるようなお面)がロサンゼルス時間の7月1日(水)午前10時から、ゲイリーのサイトで発売される。
サインなしが75ドル、サイン入りが90ドルと、じつにリーズナブル。
パープル、ブラック、ゴールド、ピンク、ブルー、オフホワイト、シルバーの7色が用意され、とりあえず第3希望まで申し込めることになっているけれど、好きなカラーが手に入る保証はなし。
おかげさまで店主は個展がはじまった直後にこのことを知り、ウエイティングリストに加えてもらえたので必ず1個は手に入る、のでなきゃ、こんなふうに教えません。
a0077842_10421545.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-06-25 10:44 | ロウブロウアート
ゲイリー・ベースマン新作個展のオープニングナイト。
LAはCorey Helford Galleryで開催中のGary Baseman新作個展La Noche de la Fusionの、去る5月2日に賑々しく催されたちょい頽廃で、とっても楽しそーなオープニングの模様が見られます。
http://www.garybaseman.com/lanoche/
a0077842_8505620.jpg
このショーで記念発売された各50部限定のアートプリントは、留之助ギャラリーで展示即売の予定です。
by tomenosuke_2006 | 2009-05-14 08:52 | ロウブロウアート
Gary Basemanの新作個展、日本からでも覗けます。
はじまったね、Corey Helford Galleryで開催のゲイリー・ベースマン新作個展。
色使いがますます明るくなった、目を凝らせばそこかしこにホラーな表現を見つけるけれど、それよりもエクストラバガンザ、古き良き時代の狂想劇を眺めるよう、突飛でおかしく、奇態でじつに楽しい。
a0077842_7165844.jpg
プレビューリンクを下に貼り付けるので、ぜひご覧ください。

PREVIEW LINK FOR NEW PAINTINGS:
http://www.coreyhelfordgallery.com/preview/basemanfusion/

PREVIEW LINK FOR NEW WORKS ON PAPER:
http://www.coreyhelfordgallery.com/preview/basemanfusion2/index.html
a0077842_7173723.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-05-03 07:16 | ロウブロウアート
ベースマンの35部限定APも入荷。
今年1月にイスラエルのテルアビブで開催されたGary Basemanの個展 The Sacrificing of the Cake(ケーキを捧ぐ)のために作られたポスターの、たった35枚あるアーティストプルーフのうちの3枚が入荷した。
チョウチョウの頭を持つ三頭竜と戯れる少女の図、いままでの展覧会ポスター同様、特徴的な4色のシルクスクリーンで仕上げられている。
欲しい人は留之助書店へ急行した方がいいかも。
a0077842_16263197.jpg
ついでに5月2日からLAのCorey Helford Galleryではじまるベースマンの最新作品展 La Noche de la Fusión の開催情報をご紹介。
GWでLA旅行などするロウブロウアート・ファンにおすすめです。
ところで月末、ブラスター取材で出張の榎本店長は現地を5月1日に発つようチケット購入済みで、ベースマンの個展に参加できないと悔しんでおりましたが、二兎追うもの一兎を得ずと言うでしょ、この店主を飛騨に置いといてそんな贅沢はさせません!
a0077842_14592644.jpg

Corey Helford Gallery presents
Gary Baseman"La Noche de la Fusión"
Opening Reception Saturday, May 2, 2009
On View May 2 until May 23, 2009


by tomenosuke_2006 | 2009-04-11 15:14 | ロウブロウアート
よかったっていうか。
Gary Basemanのクリーミーに次ぐ通算2個目のメタルフィギュア、Clown Coneが届きました。
これまでのFULLY VISUAL製品より倍の大きさのこいつは、缶詰めではなく段ボール箱入り。
それを知ってホッと胸を撫で下ろす人も少なくないんじゃ。
たとえばエリック・スケアクローのTOMENOSUKE SPECIAL、スーパ・マリア・ウォーホルタカヤマ・コンフィデンシャルをご購入いただいた方の中には、いまもパッケージの封印シールを破れず、中身を見られないでいらっしゃる人がおよそ2名も、分かる気がします。
そういう意味でも、今回のクラウン・コーンが簡単に出し入れできる箱入りっていうのは、よかったと思うわけです。
a0077842_1335388.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-03-13 13:41 | イマモチャ
ワン・パウンド・モチャの予約を受け付けます。
去年のいまごろ120ドルで100個だけ発売されたジョー・レッドベターのメタル・フィギュアBummerの狂騒を覚えてらっしゃいますか。
ビニールやプラではないという素材の目新しさも手伝って、一瞬で売り切れたかと思うと即座に2倍の値段でeBayに出品され、落札価格は14倍強、目を疑いましたよ。
製造発売元はLAのFULLY VISUALというできたての会社で、その後もアマンダ・ヴィゼル、ホアック・ジー、コジック、バフモンスター、ルーク・チューたちの小さくて重いモチャをリリースしてきた。
たぶん発売順でいうと5番目あたりだと思う、コジックのあとのGary Baseman作品、Creamy(下の画像)が完売したころから過熱気味だったブームも落ち着きをみせて、ある程度、欲しい人に行き渡るようになった。
a0077842_17373952.jpg
このシリーズの面白いところはモチャが缶詰めされている点。
留之助でもジョーレッドのバマーとゲイリーのクリーミィ、どちらも未開封を在庫しているけれど、どなたか気前のいい人にお買い上げいただき、目の前でガリガリ切り開いていてもらえたら10%OFFにしますが、いかがですか。
なんてことより本題です、ゲーリーのメタル・フィギュア第2弾、予約受付のお話。
いまもLAのCorey Helford Galleryで展示中の絵(6500ドルで原画を購入することもできる)Clown Cone(下の画像)を元にFULLY VISUALがプロデュースした立体作品100個限定の予約を募ります。
a0077842_17524812.jpg
これより30時間、3月4日23時59分が締め切り。
このクラウン・コーンはメーカーが小売店に卸す最初の作品で3週間前の2月11日に発売開始された。
ので、どれだけ当店が取り寄せられるかは未定、予約は早めがいいかも。
大きさはシリーズ中いちばんノッポの6インチ(15センチ)、目方もワン・パウンド(454グラム)と最重量級だ。
しかも仕上げがいままでにない多色のシルバー、ゴールド、カッパー、ニッケルをいぶしたような取り合わせで、不思議と金属のヒンヤリ感はおろかアイスクリームの冷たささえ感じさせない、ところはゲーリーの絵的でもある。
これが缶詰めになっているかは未確認、できれば簡単に取り出せて、難なくもとに戻せれるようなパッケージを希望。
a0077842_1851228.gif

by tomenosuke_2006 | 2009-03-03 18:00 | イマモチャ
ゲイリー・ベースマンのあの図録、やっと入荷。
詳しくは6月27日の記事をご参照願います。
スペイン・バルセロナのIguapop Galleryで開催されたゲイリーの個展会場限定図録、28x38センチの大判ハードカバー、フルカラー44ページ。
どの絵も、ずべてのミックスド・メディア作品も、ことごとく滴ってます。
2時間後に発売のKRINKの場合は引力の法則に従って下へ下へと滴りますが、ゲイリーは重力から解放されたかのような自由さで上にも滴るという不思議をみせる。
もはや巨匠の風格。
この1冊を見ずして、ゲイリーの2008年は終わりませんよ。
a0077842_21571871.jpg
a0077842_21584415.jpg
a0077842_21592175.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-12-27 22:00 | ロウブロウアート
ゲイリーのアート・バーゼル・マイアミビーチ作品。
こちらはゲイリー・ベースマンがアート・バーゼル・マイアミビーチで発表する新作 The Magi of Creamy Goodness(善良なるクリーミィ、マギ)。
いっとき、不気味に歯止めがきかず、深くて遠い所に行ってしまいそうだった彼が、一転して軟らかでやさしいマギを伴ってあらわれた。
あのチョウチョウをすっぽり抱きかかえる、こんな大きなマギを作ってみたいものです。
ゲイリーの新作は明日よりeBayのここでオークションにかけられる。
a0077842_1384025.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-12-04 01:39 | ロウブロウアート