タグ:HUBLEY ( 4 ) タグの人気記事
求む・HUBLEY 改 MGC COLT できる人
We are looking for collaborators

留之助商店を開業した2006年の12月、スタートして間もない当ブログで、1960年代にアメリカのトイ・メーカーから発売され、少年時代の店主を大いに興奮させたヒューブレー・オートマチックについて紹介たり、同じくそのパッケージをeBayで見つけた話をしたものですが、いまもヒューブレーは手の届くリビングルームのコーヒーテーブルの上に置いてあり、暇さえあれば空撃ちして遊んでいます。
で、それを手にする度、思い出すのは、飛騨高山のお店で販売していた各種ビンテージ・モチャガンの中からヒューブレーをご指名で購入され、それを使って黎明期のMGC(モデルガンという名称を考案した先駆的メーカー)が販売していたコルト・スペシャルだったかコマンダーだったかに見事生まれ変わらせた強者さんのことです。
当時は商品選びや仕入れ、HPやオンラインショップの管理はワタクシ店主が担当し、店番やお客さまの対応、商品発送は店長に任せておりました。
ので、強者さんとのメールのやりとりもヒューブレーに思い入れなど微塵もない若い店長がしており、私はといえば、転送されてくるメールを見るだけでした。
求む・HUBLEY 改 MGC COLT できる人_a0077842_23494091.jpg
ちなみに黎明期のMGCは、巻き火薬を装填して遊ぶ子供向けキャップガンの中でも、とくに水準の高かったアメリカ製のヒューブレー・オートマチック(上の画像)を改造し、モデルガンの原点ともいうべきコルト・スペシャルやコルト・コマンダー(下の画像)を販売していたのです。
1960年代はじめのことです。
モデルガンがまだ鉄製で黒くて風通しがよかったころの、ほとんどすべてのモデル(OLPターゲットをはじめ、ワルサーVPII、ルガー・ブラックホーク、ホンリュー・モーゼルを含む)を持っていた店主が、一度も手にしたことがなかったのがMGCの改造コルトで、晩年を迎えた最近、とくに懐かしく思うのでした。
なんとしてでも手に入れたい、それが無理ならヒューブレーを改造してくれる人はいないものかと、出来たら10数年前に留之助でヒューブレーを購入された強者さんにご連絡いただけないかと激しく思う今日この頃なのでした。
求む・HUBLEY 改 MGC COLT できる人。
求む・HUBLEY 改 MGC COLT できる人_a0077842_23494541.jpg

by tomenosuke_2006 | 2020-01-25 10:47 | ムカシモチャ
60年代が45オートなら、50年代はSF銃。
以前、1960年代の亜鉛合金製テッポモチャヒューブレー・45オートのこと紹介したと思うけど、好きで集めてる割には引き合いがないのがちょっとさびしい。
ま、どっちかっていうと留之助はそんなオモチャばっかりなんだけどね。
ストイックな造りのP38アンクルタイプやブラスターで遊ぶのも楽しいけれど、ちょっと小ぶりで創作の入ったヒューブレーをたまに握るといい気分転換になる。
適度な重量感、ヒヤッとくる鉄の感触がてっとも心地いいし。
で、きょうはそんなヤツの兄貴分(下の写真)についてのお話である。
60年代が45オートなら、50年代はSF銃。_a0077842_1848487.jpg
兄貴とは1950年代のAtomic Disintegrator(アトミック・ディシントゥグレイター=原子破壊銃)という、なんともオッソロシィ名前の製品、見るからにSF銃。
材質は45オートと同じ亜鉛合金の本体にプラのグリップ、の赤いのがかわいいでしょ。
百連発の巻火薬(キャップ)を入れる弾倉がトリガー回りといっしょにストンと下に出てくる工夫(左上の赤丸の写真)が、分かる人には分かるヒューブレーらしさなんだな。
簡単にSF銃といったけれど、もとをたどると大むかし、1930年代にフィリップ・ノーランの原作小説を漫画家ディック・コーキングが新聞連載したバック・ロジャースに行き着く。
弾丸の格納部分がない不思議なかたちの銃、通称レイ・ガン(光線銃)。
それをお手本に、厚めの金属板をモナカプレスした黒色仕上げのものが1934年に、その3年後にひと回り大きな金色仕上げの豪華版が、漫画と同じバック・ロジャースのロゴ入りで発売されたのだ。
引金を引くとZAPP(ザップ)と音がするところからザップ・ガンとあだ名され、いつの間にかSF銃はナンでもカンでもザップ・ガンと呼ばれるようになった、時代があった。
アトミック・ディシントゥグレイターという名前、けっこうハッタリが効いてるけれど、これはきっとレイでもザップでもない、世界で最初のSFキャップガンなんだと、そういうヒューブレーの主張みたいなものが感じられてほほえましい。
60年代が45オートなら、50年代はSF銃。_a0077842_011273.jpgと、ここまで書いて大事なこと思い出したよ。
こんなことしてる場合じゃない。
バック・ロジャースとよく似たスぺ・オペの、アレックス・レイモンドが創作したSF漫画で1936、1938、1940年と3度も映画化さたフラッシュ・ゴードン。
SWのジョージ・ルーカスが影響を受けたというその古典SF映画のDVD版が発売になるとかで、去年の春だったっけ、ライナーノート頼まれて書いたんだけど、約束の商品、まだもらってなかったじゃんかぁ、催促のメール出さなきゃね。
じゃぁ。
by tomenosuke_2006 | 2007-02-19 00:27 | ムカシモチャ
ヒューブレー・オートマチックの箱、入手。
独りよがりだって分かってるんだけれど、店主としてはうれしくってしょうがないから見せびらかしちゃうね。
ついこのまえ話題にした1960年代の亜鉛合金製モチャガンヒューブレー・オートマチックのオリジナル・パッケージ、ebayで見つけたんだよ。
ヒューブレー・オートマチックの箱、入手。_a0077842_13381053.jpg
子供んとき、ヒューブレーで遊んだけれど、どんな箱に入っていたかなんてまるで覚えていない。
が、きっとこれだったんだね。
胸躍るのは↑の表側よりも、むしろ裏に印刷された↓の絵。
ヒューブレー・オートマチックの箱、入手。_a0077842_13541938.jpg

あきらかに第一次世界大戦か、それ以前の兵隊がモチーフになっている。
店主としては、まず、生まれたての軍用銃コルトガバメントを腰に下げたワイルドバンチのウィリアム“レッツゴー”ホールデンを連想した。
次ぎに、彼ら盗賊一党を追うウブな兵隊たちを。
このモチャが作られた時代といえば、ハスブロのGIジョーやTVシリーズコンバットとぴったり一致しているし、そういう相乗効果的背景があったと勝手に決めつけていたけれど、なんとなんと、ヒューブレーはゴーインマイウェイじゃないですか。
ますます気に入っちゃった。
これでガンベルトの独特なデザインのワケも分かりました。
by tomenosuke_2006 | 2006-12-27 14:18 | ムカシモチャ
ヒューブレー・オートマチックです。
さぁ、興味のある人は下の写真をクリック拡大して見てちょーだい。
店主が中学生の時、月刊少年情報誌ボーイズライフの広告見て取り寄せた上野アメ横「堀内商店」のカタログだよ。
中央上の2丁、マテルのファンナーとスナブノーズについては、ずいぶんまえにちょこっと触れたよね。
で、今回はアメリカのHUBLEY=ヒューブレーのオートマチックについて。
ヒューブレー・オートマチックです。_a0077842_22343420.jpg
むかしむかし、旅行カバンから銀色のピストルを取り出しながら「これはな、日本でニセモノが作られるくらい有名で、ホンモノは数が少なく、なかなか手に入らんオートマチックコルトなんだよ」と、もったいぶる父の言葉をいまでもはっきりと覚えている。
残念ながら、父のおみやげのヒューブレー・オートマチックは百連発の巻火薬で撃ちまくり倒して、いつの間にかなくなってしまったけれど、スナブノーズ同様、アメリカ住まいしていた1980年代にアンティック・ショップで本革製のガンベルトとセットになったの見つけて大事にしてきた。
ヒューブレー・オートマチックです。_a0077842_043693.jpg
このヒューブレー、たま〜にebayにかかることがあるのだけれど、火薬を使うタイプのトイガン(キャップガン)はオークション・ポリシーで海外発送が禁止されてるから、指をくわえてながめるだけ。
ながめながら、父のニセモノという言葉を曲解したために、大物を買い逃してしまったことを思い出したり。
それが堀内商店のカタログの中央中ほど、やや右寄りのコルト・コマンダーとPベレッタなんだな。
じつはこれ、あとになって知ったんだけれど、モデルガン・メーカーの老舗MGCが自社オリジナルを製造販売するまえの時代、ヒューブレー・オートマチックを使ってカスタムメイドしたという極上品で、けっしてニセモノなんかじゃなかった。
が、父の言葉の真意が分からなかったもんだから、コルト・コマンダーとPベレッタを無視しちゃったと。
実際はMGCがカスタム用にヒューブレー・オートマチックを買い占めたみたいで品薄となり、東京下町のオモチャ工場がコピーを作ったという話を、これまたあとになって聞いた。
スガモモデルとかいう名前だったように思うのだけれど、まちがってたらゴメン、それが父の言ってたニセモノだった。
とにかく店主はそのむかし、日本に輸入されMGCに買い占められずにすんだ本当にレアなヒューブレー・オートマチックで遊んだ数少ない少年だったのだよ。(だから?)

じっくりヒューブレー・オートマチック。
by tomenosuke_2006 | 2006-12-23 01:18 | ムカシモチャ