タグ:IWG ( 6 ) タグの人気記事
既報や新顔、徐々に発売中
到着までに時間がかかってしまったドイツ人アーティスト、フィリップ・ジョーダンの1000 Teddies Vinyl Figure(1000匹のテディ・ベア記念フィギュア)をはじめ、既報のアレやコレや、I.W.G.のCombat Mod Squad(戦闘モッズ・チーム)などの珍しいところも入荷した。
モノによっては数に限りあり、早めのオーダーをオススメする。

商店入荷新着情報をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/i0/
既報や新顔、徐々に発売中_a0077842_164544.jpg
We are now adding the new items to our online store. Check it immediately.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2012-04-05 23:59 | 商店入荷新着情報
帰って来たIWG - STAR TREK。
去年7月に予約を募ったSDCC 2010限定IWG Rocket Worldの宇宙大作戦3傑セット。(詳しくは2010年7月1日のポストを参照→http://tenshu53.exblog.jp/10903066/
じつは輸送事故で品物が紛失し、ご予約いただいたみなさまにはご迷惑をおかけしていたわけですが、なんとこのたび、別のチャンネルから取り寄せることができました、しかも定価販売。
で、はじめて実物と対面し、IWGのクリエイターPatrick York Ma(パトリック・ヨーク・マ)の思い入れの強さに驚くことしきりなのだった。
コスチュームやアクセサリーへのこだわりが尋常じゃない。
フェイザーは最初期のピストル型タイプII、当然コミュニケーターやトリコーダーも『スタートレック』がまだ『宇宙大作戦』と呼ばれていたTV時代の年代物を見事に再現している。
帰って来たIWG - STAR TREK。_a0077842_17485783.jpg
脱がす必要なんてないと思うけれど、とりあえず背中のマジックテープをはがせば裸にできるコスチューム。
ミスター・スポックやドクター・マッコイの青の制服に付いていたサイエンス記章、カーク船長の黄色の制服のコマンド記章、機関主任スコッティの赤の制服のエンジニアリング記章など、胸のバッジもこれまた執拗に再現しているのだ。
300セット限定で、肉球がキュートにあしらわれた足裏にはシリアルナンバーが入る。
おっとそれから、毛玉風宇宙生物トリブルのヌイグルミは、ホワイト、グレー、ブラウンの3色が確認できた。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/15557258/
帰って来たIWG - STAR TREK。_a0077842_18214721.jpg
The three animals of IWG have been re-imagined as Star Trek figures: Captain Titus, the bear, Commander Affonso, the rhino, and Lt. Commander Hannibal, the gorilla.
Each figure is boxed and numbered individually. Each vinyl and PVC figure is 7" tall and articulated. All three figures come accessorized with Starfleet uniform shirt, Starfleet insignia, Type II phaser, communication, tricorder and mini plush Tribble.

More: IWG - スタトレの追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-09-23 18:48 | 商店入荷新着情報
IWG、往年のヒーロー・シリーズ発売。
パッケージは3種供用、傑作な箱絵、7インチ(18センチ)というサイズは3つ並べるにいいバランス。
IWGとひと目で分かるディフォルメ・キャラに、好対照の作り込みで泣かせる鉄砲が、作者Patrick York Maのマニア度を表している。
何はさておき、昭和40年代に少年だった大人のあなたに、とくに遊んでもらいたいサイ君にクマちゃんにゴリラさんです。
IWG、往年のヒーロー・シリーズ発売。_a0077842_1030247.jpg


More: ヒーローをじっくり観察。
by tomenosuke_2006 | 2009-09-13 10:38 | 商店入荷新着情報
IWG、デスティネーション留之助。
1950年に公開されたアメリカ映画に『月世界征服』っていうのがあった。
原題はDESTINATION MOON(デスティネーション・ムーン=最終目的地・月)、世界で最初のカラーで撮られた宇宙SFである。
ロバート・A・ハインラインの『宇宙船ガリレオ号』を原作にしたというだけあって、当時としては最新の科学考証に基づいた、ある意味、教材的な仕上がり。
スタンドバイミーの宇宙版になっただろう、少年3人が集まって月旅行ロケットを作るという話は割愛されて、いまとなっては退屈至極だけれど。
永遠に色褪せないのはその美術、とりわけ月世界の風景や、岩山なめの地球など、宇宙空間の書き割りセットが見事だった。
そう、CGでもなければデジタル合成でもない、セットいっぱいに張り巡らされた大きな絵の何と手作りで神秘的で迫力のあったことか。
クレジットはTechnical Advisor of Astronomical Art、つまり天体画の技術顧問として、当時、宇宙を描かせたら右に出る者はいないといわれたChesley Bonestell(チェズリー・ボーンステル)が参加していたのだ。
その後も同じプロデューサーGeorge Pal(ジョージ・パル)のSF映画『地球最後の日』(1951年)、『宇宙戦争』(1953年)、『宇宙征服』(1955年)等で素晴らしい宇宙画を披露している。
なんて昔話をしてみたくなったのは、留之助で発売開始したIWGのミニフィギュアや円盤のアドが、『月世界征服』のボーンステルの絵を使った月面セットに酷似していたから。
このまえは エドワード・ホッパーの絵をパロッたり、ただかわいいだけじゃないIWGのこーいうところが大好きである。
IWG、デスティネーション留之助。_a0077842_25494.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-10-29 02:09 | TV・映画・ビデオ
警告・IWGが新型兵器を配備した模様。
戦闘用宇宙服で武装したゴリラ、クマ、サイの3名が円盤型攻撃機に乗り宇宙の秩序を乱す人間狩りに出撃する。
な、設定で作られたのがIWGの新作、これがまたバリエーション豊富で頭がこんがらがりそうなのよ。
まず留之助に配属される3名の仲間は、それぞれ3種類の宇宙服を着用した3人組の編成となる。
1.オレンジ・ヘルメット付きエコ・グリーン宇宙服。
2.クリア・ヘルメット付きクラッシック・ギャラクティック・シルバー宇宙服。
3.グリーン・ヘルメット付きスペース・パイレーツ・ブラック宇宙服。
警告・IWGが新型兵器を配備した模様。_a0077842_9454348.jpg
警告・IWGが新型兵器を配備した模様。_a0077842_9562912.jpg
で、それぞれ1名にレイガン1挺と戦利品の頭蓋骨1個が配分される。
一方、円盤型攻撃機も3機種が配備されるが、内、宇宙服と同じ配色なのは2機種のみで、あと1機種はGID。
1.エコ・グリーン円盤。
2.クラッシック・ギャラクティック・シルバー円盤。
3.夜光性円盤。
それぞれ開閉自在のキャノピーを装備、細部まで作り込まれたコクピットが用意され、ランディングギア4脚は飛行中、本体に収納される。
マニア好みのシェイプとディテール、IWGロケットを知る人ならお分かりでしょう、単体でも満足な、ミニフィギュア用というには出来過ぎの小型ビークルである。
警告・IWGが新型兵器を配備した模様。_a0077842_10145131.jpg
警告・IWGが新型兵器を配備した模様。_a0077842_10154671.jpg
宇宙兵士3名の平均身長は3.5インチ(約9センチ)、円盤は直径5インチ(約13センチ)、一人乗り。
以上をどんな組み合わせでみなさんのお宅へ着任させるかただいま検討中、とりあえずラインナップをご覧いただき発売を楽しみにお待ちください。

新IWGの面々と円盤型攻撃機各種はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2008-10-19 23:59
IWG、宇宙を目指す。
IWG、宇宙を目指す。_a0077842_236146.jpg
いつまでも人間どもの好き勝手にさせてちゃ種が滅んじゃう、と立ち上がったのがIWG(I.surgents W.ilderness G.ruppo=反乱を起こした・自然界の・群)。
9匹の代表メンバーで構成され、陸海空で無慈悲な人間どもを次々に血祭りにあげていく。
どーだ、空担当のフクロウ君はミサイルを、イルカ君は魚雷をジャックしたぞ。
あとの面々も森で見つけたハンターたちをまんまと返り討ちにして、記念のドクロを足元に置いている、コワイだろ、スゴイだろ、とってもかわいいいだろ。
去年かな、大きいバージョンも出たけれど、こっちは値段も手頃な平均身長8センチのミニフィギュア・シリーズ、もうじき留之助商店に来るから。
で、このIWGが今度手にする新兵器こそ、地球のゴミを燃料に天翔ちゃうスペースロケット、宇宙侵略を企てる人間どもを成敗するために使われるのだよ。
もちろん高さ約50センチはミニフィギュアにぴったりのスケールで、出撃まえに留之助商店に寄港する予定。
IWG、宇宙を目指す。_a0077842_236426.jpg
品物の話。
デザイナーはPatrick York Ma(パトリック・ヨーク・マ)。
ミニフィギュアは1個ずつ迷彩柄のウィンドーボックスに小分けされ、9個揃いのカートンケースに詰められて入荷する。
当店ではその9個入りカートンで販売の予定だよ。
ロケットはというと、クラシック・ギャラクティック・シルバーとフューチャー・エコ・グリーンの2色がそれぞれ450個限定で発売になるけれど、入荷はエコ・グリーンのみ、特製ミニフィギュアがオマケで付く(上の写真のクマさんではございません、特製です)。
それにしてもたくさん売れそうな気配ないから、最低ロットで注文入れたわけだけれど、数が少なければそれだけ割引率も悪くなる。
商売って考えるとキツイけど、でも Show Buy なんだと思えば、なんとかなりそうな気がしてくるから不思議だね、単なる気休め。
↓のリトグラフも同時リリース、けど注文するかどうかは検討中。
IWG、宇宙を目指す。_a0077842_073285.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-01-26 00:13