タグ:Joe Ledbetter ( 144 ) タグの人気記事
突然ですが、深夜0時からピンク版スマッシュ売り出します。
色がちがうだけじゃない、それぞれ別の表情を持つジョー・レッドベターのスマッシュ。
そのピンク版が本日やっと到着、そろそろ入荷新着情報にならべます。
実際の発売順からいえばゴールディよりも早いスマッシュの第1号がピンク、すべてのカラーウェイ中、もっとも柔和な表情が決め手です。
突然ですが、深夜0時からピンク版スマッシュ売り出します。_a0077842_23342017.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-07-29 23:45 | 商店入荷新着情報
とれたて、産地直送。
これ(↓)、何だと思います?
近所のスーパーから買ってきた袋詰め野菜の特売品ではございません。
5月7日の記事で入荷をお約束し、やっと直送されてきたスケット・ワンの102個限定Buckeye Rot Yellow(バックアイ=栃の実、ロトイエロー=腐った黄色)の独創的なパッケージングなんです。
発案者はこれの生産元ウィーティ・ウィート・スタジオの社長兼彫刻家のリチャード・ヴァン・オーバーと夫人で営業担当のデビー・ユーン、それにこの限定版の販売を一手に仕切ったショップ、3D RETROのオーナーのベン(懇意にしてるのに苗字が思い出せない)なんだけれど、オモチャ作りを心底楽しんでるのが手にとるように分かる。
こちらの記事の上から3点目の画像を参照、右からリチャード、デビー、ベンの面々。
あーゆー顔ぶれが、こーゆー面白いことを発想した。
残念なことにウィーティ・ウィートのオシドリコンビがこのまえ離婚しちゃって、ただいま営業部門が手薄になっているのがちょっと気になるところです。
とれたて、産地直送。_a0077842_931576.jpg
さらにこれ(↓)、何だと思います?
よくお分かりですね、ジョー・レッドベター作のサーカスパンクスの、めったにお目にかかれないお尻っていうか、底の部分です。
手書きのナンバリングとジョーレッドのサインがかくの如く入ります。
入荷新着情報でいずれも販売開始しました。
それからきのう、マッドのMAD Lも載せましたし、ハズマポ3点セットの値段を間違えてたんで訂正しました。
とれたて、産地直送。_a0077842_11163128.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-07-27 14:00 | 商店入荷新着情報
SDCC 2008限定モチャ、買付け情報-7。
こういうことでしたか、25日(日本のきょう)キッドロボットからSDCC限定ジョーレッド・モノが出るとは聞いていたけれど、8月〜9月に発売予定の半ユニコーン半恐竜のユニコーナサウルのカラーウェイだったとは。
名付けてLAVA(ラヴァ=冷えて固まった溶岩)版。
ずいぶんまえにキッドロボット本家から送られてきたマル秘新製品シートのコンセプト画は、まだ披露するわけにはいかないけれど、早くもeBayでBuy It Now(希望落札価格)299.95ドルで即落札されたユニコーナサウルの出品画像だったら問題ないでしょう。
つまりこれのグレーとオレンジ版が留之助に入荷するわけです。
もちろんこのSDCC限定も2個以上、アレックスが持ち帰ってくれるはず。
SDCC 2008限定モチャ、買付け情報-7。_a0077842_10234817.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-07-26 10:26
SDCC 2008限定モチャ、買付け情報-3。
こちらの緑はスマッシュの中でもSwamp Yeti(スワンプ・イエティ)といいます。
他のカラーバリアントが400〜600個限定なのに対して、この沼地の雪男君はたったの100個、Toy2Rのブースで発売されます。
日本でスマッシュを取り扱う唯一のショップ、留之助としては、これを外すわけにはいかないでしょう。
販売用に2個、入荷の予定です。
SDCC 2008限定モチャ、買付け情報-3。_a0077842_6434036.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-07-22 00:15
アナウンスまえにソールドアウトですみません。
3月には注文と支払いを済ませているブラウン版やピンク版のスマッシュ、海外のショップではほぼソールドアウトだというのにまだ入荷しない。
と思っていたら、きのう、最新のゴールディが予告なく送られてきたんで、さっそくけさ入荷新着情報にアップし、ぼちぼちここで告知をと思っていたら、注文殺到で即完売。
さすがジョーレッドというべきか、根気に当店のオンラインショップをチェックされているオブジェモヂャンの勝ちというべきか、とにかくゴールディはもうありません。
来週の入荷が決まったキャンディ・スマッシュを、ぜひ狙ってください。
今度は告知後の販売をお約束します。
と、まだ絵はお見せできませんが、9月(もしかしたら8月)にはキッドロボットからジョーレッドの新作が出るんですよ、ついに。
半ユニコーン半恐竜のユニコーナサウルス、名前はいかめしいけれどもちろんかわいいジョーレッド節。
グレーとオレンジの2種類のカラーがあり、留之助では2種類セットでの購入希望者に限り予約を受け付けさせていただく予定です、詳しくは後日。

注)オブジェモチャの濃〜いファンをオブジェモヂャンといい、フツーのファンはオブジェモチャンというのだ。
アナウンスまえにソールドアウトですみません。_a0077842_19152370.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-07-16 19:20 | 留之助商店計画
サーカスパンクスという文化。
たとえば東のコニーアイランドや西のサンタモニカ・ピアなど、遊園地併設の観光スポットとかカーニバルに付き物の移動遊園地には、そぞろ歩くだけでも楽しいゲームアーケードがある。
ま、日本でいうところのゲーセンの大っきなヤツ。
メニューは多種多様でビデオゲームはもちろん、クォーター(25セント)ライドと呼ばれるコインを入れて遊ぶ幼児用の乗り物から輪投げや射的に水鉄砲、力自慢のパンチングマシンやハンマーゴングなど。
あの悪趣味な映画『ファイナル・デッドコースター』(2006)でいろいろ紹介されていたっけな。
中でもパンチングマシンやハンマーゴングは恋人や仲間にカッコいいところを見せたい男子専用、腕や肩を痛める単細胞君も少なくない。
そういうゲームのひとつに速球とコントロールを競う昔ながらのピッチングゲームがある。
錘が入ったソフトボール・サイズの玉を数メートル先の的に当てると景品がもらえるという遊び。
で、その的をサーカスパンクスといって、そりゃぁもう人をコバカにした挑発的な顔の絵が描かれていたりする。
中には景品なんかいらないから、投げ倒したサーカスパンクスそのものを持ち帰りたいというヒートアップしたお兄さんもいるくらいだ。
サーカスパンクス、それはゲームアーケードの忘れがたいキャラクター、熱くなった青春の日の、ちょっと照れ臭い思い出なのだ。
サーカスパンクスという文化。_a0077842_192127100.jpg
そんなサーカスパンクスをお馴染のロウブロウ・アーティストにスキンデザインさせ、75〜100個限定でコンスタントに発表しているメーカーがCircus Punks
ダニーと同じコンセプトで、ダニーと同じ2004年にデビューし、こちらにはアーティスト直筆のシリアルナンバーとサインが入る。
素材は木製のベースにクッション入りの布製ボディ、ソフビのダニーより手作り感が強い。
サイズは3種類あり、ピッチングゲームに使われているものと同サイズの15インチ(38センチ)プロダクション・パンクス、その倍の30インチ・パンクス、廉価版の5インチ・ミニ・パンクス。
そのうち30インチはまだ商品化されたことはなく、一方、ミニ・パンクスはSTRANGE COのみの取り扱いとなっている。
生産数が極少なためダニーのような盛り上がりはないけれど、ダニーやキューイーではお目にかかれない特徴的なスキンデザインと稀少性で、パンクスの深みにハマっているコレクターも少なくない。
留之助でも上の画像の4点(左からゲイリー・ベースマンのベイビー・ナッパーとネッシー、ティム・ビスカップのガマゴ・イエティとライト・ヘルパー)を在庫しているけれど、当然のプレミア価格だからほとんど動かない。
お気に入りのアーティストによるサーカスパンクスは、やっぱり発売と同時に定価で手に入れたいもの。
で、今度出る100個限定のジョー・レッドベターはいかがですか?
下の画像がそのレッドベター・パンクスの表と裏、留之助に僅かですが入荷することになりました。
サーカスパンクスという文化。_a0077842_2095494.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-06-05 00:01
平和のためのポスター展。
平和のためのポスター展。_a0077842_16413116.jpg
たった1日だけの即売会で購入希望者全員に行き渡るようにと1作品につき300部程度印刷され、売れ残ったものについては即日破棄されたというのが、21人のアーティストによる会場限定反戦ポスター(各45センチ×60センチ)シリーズで、いったいどれだけ販売されたのか一切合切不明。
とりあえずお馴染のゲイリー・ベースマン(上)と、ジョー・レッドベター、ビッグフット・ワン、ルーク・チュー、バフ・モンスター(下・左から右回り)の合計5作品を各方面に手を回し、1部ずつだけどやっと捕まえた。
平和のためのポスター展。_a0077842_1642116.jpg
そもそもその展覧会とは去年の12月6日~9日の間、マイアミで開催されたアートの祭典Art Basel Miami Beach(アート・バーゼル・マイアミビーチ)のメイン会場に集まった世界のトップ・アート・ギャラリー200のうちのひとつで、LAのCorney Helford Gallery主催による "? THE WAR" SHOW-POSTERS FOR PEACE 展のこと。
ロウブロウアーティストの反戦プロパガンダ、どれもこれもシリアス過ぎず、むしろユーモアとシニカルを巧みに絵の具に練り込んだアプローチ、一見いつもの絵と変わらない何気なさがいいね。
上記5点のポスターを3者から譲り受け、一部は到着済み、ぜんぶ揃ったらセットで販売の予定です、ご注意ください。
平和のためのポスター展。_a0077842_18125598.jpg
さて、一度は行ってみたいと思っているのがアート・バーゼル・マイアミビーチ。
オールド・マイアミビーチのトロピカル・デコ・ホテルEssex House Hotel Miam(上の写真)に連泊して遊びまくったころは、まだこんな気の利いたイベントはなかったね。
はじめて開催されたのは2002年、スイス・バーゼルの有名なアートフェアのアメリカ版としてスタートし、いまではメイン会場だけでなく、20以上のサテライトフェアや便乗イベントなどが周辺で同時開催されるアメリカ一の大規模アートフェアに成長したとか。
けっこう老体にはこたえた灼熱のSDCC、今年やや躊躇気味の店主としては、どーせお金を使うなら今度の12月に開催されるアート・バーゼル・マイアミビーチを狙いたいと思いはじめている。
あっちの12月といえば避寒のシーズン、いちばん過ごしやすい夏なんだよね。

注)エセックス・ハウスの写真は店主の著書『アメリカン・デコの楽園』(学研)のために友人のカメラマン都竹晃君が撮り下ろしたもの。いずれダウンロード資料室で作品を大挙公開します。


by tomenosuke_2006 | 2008-04-10 23:59 | ロウブロウアート
SMASHの取り扱いについてです。
SMASHの取り扱いについてです。_a0077842_634730.jpg
4〜5月に発売が予定されているToy2R製、ジョー・レッドベターのSMASH(スマッシュ)について、いろいろお問い合わせいただいてますが、留之助商店へはとりあえず3種類のカラー(ブラウン、キャンディ・ピンク、ゴールディ)がいずれも少数入荷します。
それぞれ600個の限定生産、うちキャンディ・ピンクとゴールディはショップ・エクスクルーシブ、例によって発売と同時に世界中で売り切れるんだろうね。
SMASHの取り扱いについてです。_a0077842_6422937.jpg


ゴールディ・スマッシュの追加画像です。
by tomenosuke_2006 | 2008-03-30 00:00
1分で完売しました、ありがとうございました。
1分で完売しました、ありがとうございました。_a0077842_021059.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-03-21 00:28 | 留之助商店計画
タイガー・ダニーの画像です。
こちらがジョー・レッドベター初の8インチ・ダニー、その名もタイガー・ダニーです。
タイガー・ダニーの画像です。_a0077842_1241636.jpg
上のタイガー・ダニーと下のタイガー・ダニーのちがいがお分かりですか。
そう、縞模様の色が上はグレーで大きな目は左上目遣い、下はブルーで右上目遣い、しかも舌なめずりしている。
この下のダニーこそは何をかくそう12個に1個あるかないかのレア・チェース、あっちでいうところのウルトラ・エンデンジャード(超絶滅危惧)ブラインド・チェース・エディションなんだよ、当たるとうれしいね。
2、3日まえにもいったと思うけれど、来週、3月21日深夜0時発売、専用注文フォームをご用意いたします。
タイガー・ダニーの画像です。_a0077842_1395426.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-03-16 01:43