タグ:Joe Ledbetter ( 144 ) タグの人気記事
お忘れなく、3月と4月のダニー。
こちらのダニーについては説明を省略します。
来週、3月21日深夜0時発売です。
お忘れなく、3月と4月のダニー。_a0077842_21521618.jpg
が、下のダニーについては、ひとこと。
何をいいたいかというと、オブジェモチャを通じてですね、無知な店主は世界のいろんなアーティストのことを教えてもらっていると。
4月に発売されるゾンビー・ペット・グロウ・ダニーの作者もそう、アルゼンチンはブエノスアイレス在のグラフィック・デザイナー兼イラストレーターでPatricio Oliver(パトリシオ・オリヴァー)っていう。
ブエノスアイレスといえばDGPHが南米を中心に七面六臂の活躍をしていることも、やはりオブジェモチャのTOPOTopo Joeで知った。
とにかく店主にとっては新人、しかし世界的にはベテランのパトリシオ・オリヴァーのダニーはなかなかのもんなんだよ。
半透明のソフビに夜光塗料の印刷。
ヒビが入ったり骨折して痛々しいダニーの骨格が、まるでレントゲン写真のように闇夜にボーッと浮かび上がる仕組み。
4月で唯一のキッドロボットもの、発売は4月25日深夜0時です。
お忘れなく、3月と4月のダニー。_a0077842_21534444.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-03-13 09:57
これって何かの間違いなんじゃないですか?
太平洋標準時2月13日午前11時、日本の14日午前4時に定価120ドルでオンライン販売されたジョー・レッドベターのメタル・フィギュアBummer(バマー)は、金メッキが1個と銀メッキが99個の合計100個が瞬時に売り切れた。
支払いは方法はPayPalのみ。
そこで店主は自分とワイフのふたつのアカウントを使うことに決め、ふたつのブラウザを立ち上げ、発売と同時にオーダーを入れて、まんまとふたつの精算を済ませることに成功した。
PayPalからのレシートメールの受信時間は店主の分が4:00:55、もうひとつが4:01:15、もはや気分は「ゴールドが当たったらどうしよー」だった。
と同時に「1分足らずで120ドル×100個=1万2千ドルのビジネスかぁ、留之助じゃありえねぇ」だった。
のに、およそ3時間後、PayPalからかようなメールが続けざまに2通。

Nanomonsters (info@nanomonsters.com) has issued you a full or partial refund for your payment.

Please do not reply to this email. Email sent to this address cannot be answered.

Due to an extremely overwhelming amount of traffic this morning our servers oversold on the bummer figure. Unfortunately your order was one of these versold orders. We are sending you a full refund for this item today. Joe, would like to apologize for the inconvenience and disappointment we are working with our provider to prevent this from happening again in the future.
Thank you so much for your understanding.

これって何かの間違いなんじゃないですか?
つまり店主が入れたオーダーはふたつとも時間切れで却下され、返金されるっていう内容、ガチョ〜ンである。
頼みの綱はもはやeBayのみ、利殖に余念のないエセ・コレクターは必ずいるもので、出てきましたよ、きょうまでに2件。
まずは定価でスタートした最初のひとつをウォッチ、落札2分まえに500ドルまで登りつめたかと思ったら、土壇場で店主の625ドルを軽くはじいて、なんと909.99ドルで落札ですよ、目が点。
これって何かの間違いなんじゃないですか?_a0077842_1434526.jpg
定価150ドルで売り出された50個限定のロンポリ・トゥループが2ヶ月後に倍の300ドルになったなんて恐るるに足らず、上には上がいるものなのだ。
で、最初のオークションが終わるのを待ちかまえていたかのように出てきました2件目が。
250ドルの開始価格でオークション終了1分前に600ドルとなり、10秒前に610ドル、店主あとさき考えないで8秒前に勢い710ドルを入札したというのに、信じられます? 直後にドドッと1775ドルまで跳ね上がっての終了。
目が点どころか、一瞬、クラッときました。
これって何かの間違いなんじゃないですか?_a0077842_14291872.jpg
なんか、変。
どこか、自分の世界とはかけ離れつつあると思う。
ふつうに定価で買ったオブジェモチャがそのうちに絶版となり、コレクターの間でレアだとか騒がれはじめて、ある日オークションサイトを覗いたらけっこうな値段で売買されていた・・・うれしい、なんか得しちゃった気分・・・ぐらいでとどめておきたいよね。
まちがってもこんなにレアなのいっぱい持ってるオレは、たいした資産家だなんて勘違いしないでもらいたい。
留之助で10万円で買った絶版レアなオブジェモチャもコメ兵の買い取りセンターへ持ち込めば、「はぁ?」ですから。
当店の絶版品のほとんどは店主の長年のコレクションの放出品で、プライスは、もしそれが売れたら、同じモノを補充するためにいまコレクターやオークション出品者に支払わなければならない相場を参考にしている。
けど、きのうの120ドルがきょうの1775ドルなんていうのを相場なんて思いたくないよ。
これにはついていけない、気持ちも、懐も。
人気のジョーレッドだから?
そういえば175ドルで売り出された60個限定のリンゴベアのクロも発売直後は2000ドル、いまでも1500ドル前後で売買されている。
ここまでくるとジョーレッド作品がいいのか、レアなのが魅力なのか、値が出るから価値があるのか、真価とはいったい何なのか混沌としてしまう。
だからこそ、自分専用の物差しを身につけたいと思う。
鑑識眼とか、価値観とか、美意識とか、好みとか、独断と偏見という言葉に置き換えられるかもしれない。
そういう物差しがしっかりはっきりしていれば、値段の安い高いは関係なくなるし、たとえ人が高額と感じるモノも自分にはそうでないと思えたり、その逆もしかりで大多数が無価値と決めつけても自分にはたいそうなモノだったりする、自信を持って、悩むことなく。
という意味でバマーに1775ドルを投じた人も専用の物差しを持っていたとしたら、それは特大サイズなんだろうね。
ちなみにバマー(bummer)とは“怠け者”とか“浮浪者”の意味だけれど、“とっても不愉快”ってときに“It's a real bummer”というんだよ。
これって何かの間違いなんじゃないですか?_a0077842_2236912.jpg

タグ:
by tomenosuke_2006 | 2008-02-29 22:44
3月のキッドロボット。
キッドニンジャが真夜中の発売開始にもかかわらず、日の出を迎えるまえに売り切れて、心配するまでもなかったね。
これで10インチのキッドロボット君シリーズもダニーなみに日本で定着した感じ、よかった、ご声援ありがとうございます。
もちろんキッドロボット本家はもとより、世界中の契約ショップでも即日完売。
日本じゃ留之助しか扱ってないわけだし、それが売れ残ってちゃカッコ悪いでしょ。
先を急いでご注文くださったみなさんに感謝、寸での差で買い逃されたみなさんに陳謝です。
今月はまだ22日深夜0時に待望の3インチ・フレンチ・ダニー・シリーズが、29日深夜0時にはコジックさんのモンガーズ・ブレックファースト5個パックがひかえてます、よろしく。
で、3月はというと、これまた楽しみなラインアップでね、以下の3作品が順次入荷の予定、心の準備しといてください。
3月のキッドロボット。_a0077842_22505913.jpg
Aiko Rabbit in Blue and Gold
3月14日深夜0時、発売開始。
1996年からNYを拠点にストリートアート、グラフィックデザイン、ファインアート、ジュエリーデザインなど、ボーダーレスで奔放なヴィジュアル活動を展開中の日本女子Aiko Nakagawaの記念すべき最初のオブジェモチャが、このアイコ・ラビットなんだよ。
『不思議の国のアリス』の世界から逃げ出してきたようなウサギが2兎、ゴールドとブルーに変身して、スプレー缶を抱いている。
身長は8インチ、各色750個限定で、留之助には6個ずつ入荷の予定。
アイコさんについては、今度また別の機会に紹介してみたいと思う。
3月のキッドロボット。_a0077842_23232278.jpg
Joe Ledbetter 8-inch Tiger Dunny
3月21日深夜0時、発売開始。
ついに来たね、ジョー・レッドベター最初の8インチ・ダニー、大胆な大目玉で名をタイガー・ダニーという。
12分の1の割合でブルーのバリアントが紛れ込んでいるとか、うれしいことにいつも(6個)よりちょっと多めに回してもらえそうだ。
3月のキッドロボット。_a0077842_2334414.jpg
Kozik Chumps Mini-figures
3月28日深夜0時、発売開始。
いまいちばん多忙なトイデザイナー、コジックさんのオールオリジナル作品、アニマル連合チャンプスが3月の“取り”をつとめます。
アブナカワユイ動物たち、シャバ版13個と服役版が12個、さらにシークレットが3種。
高さ2〜3インチっていうから、かなり小さいね、値段も手頃だし、コンプ目指す人が出てきそうだ。
by tomenosuke_2006 | 2008-02-15 23:53
ひさしぶりのジョーレッド8インチ猛毒沼シリーズ。
Toy2Rから出ているキューイーの中でも、ひときわ人気のジョー・レッドベター猛毒沼シリーズ。
2.5インチ版はクマが5種、イヌが2種、ネコが2種の合計9匹で完結したけれど、留之助が機会あるたびに仕入れてきた8インチ版はというと、イヌ3(ブルー、ブラウン、オレンジ)とクマ2(ピンク、グリーン)のみ。
ほかに2、3、ショップ限定版が出たのかな、まんべんなく仕入れるのは困難を極め、当店のキューイーの灯はいままさに絶えようとしていたのだった。
去年の5月以来、たえて久しくなかった猛毒沼情報が突然舞い込んだのは1週間前、アイパッチをしたネコのイエローとレッド2匹の入荷が決定したよ。
もっと何とかならないのっていう熱烈キューイー・コレクターのみなさん、今週中には到着します。
ひさしぶりのジョーレッド8インチ猛毒沼シリーズ。_a0077842_22354974.jpg


お店に出してないのもある猛毒沼。
by tomenosuke_2006 | 2008-01-09 15:00
リンゴ・ベア、当選番号の発表です。
リンゴ・ベア、当選番号の発表です。_a0077842_7515210.jpg
リンゴ・ベアのお申し込み、ありがとうございました。
1発勝負のランダム・ジェネレーターによる選出結果をお知らせします。

お申し込み総数、33。
当選番号、3、17、18。

以上、3名様です。
おめでとうございます。
榎本店長よりご連絡させていただきます。
by tomenosuke_2006 | 2007-12-23 08:00
リンゴ・ベア、今夜0時から注文を受付けます。
The regular edition of Ringo Bear are availble for purchase to customers in Japan only. We do not ship internationally.

ウィンドーボックスのサイズは36×32×21センチとデカイ。
Wheaty Wheat Studiosから発売された歴代ジョーレッドもの、ミスター・バニーやファイヤーキャットの箱よりかなり大きい。
リンゴ・ベアのご注文方法をお知らせした12月9日の記事に1点のみ販売予定のポスターTriple Troubleを添付したでしょ。
あの3キャラのスケールに合わせてある感じかな。
リンゴ・ベア、今夜0時から注文を受付けます。_a0077842_1817241.jpg
さて、待望のリンゴ・ベアのご注文方法は以下のとおりです。

1.入荷新着情報に掲載後、24時間、注文を受付けます。
2.リンゴ・ベアの“ご注文フォームへ”をクリックして専用ホームに必要事項をご記入の上、送信してください。(おひとり1回を厳守。万が一おひとりで複数回申し込まれた場合は無効とさせていただきます)
3.受付け番号をメールでご連絡いたします。
4.受付け締め切り後、すみやかにランダム・ジェネレーターにかけ、当選番号を当ブログで発表し、同時に当選者ご本人にメールでご案内いたします。

留之助に入荷したのは、つまり日本に入ってきたのはたったの4個、そのうち1個は店頭展示用にキープさせていただき、残りの3個を売り出します。
今年最後の運だめしにいかがですか、もちろん定価(eBayのプレミア価格の半額)での販売です。
by tomenosuke_2006 | 2007-12-21 18:47 | 商店入荷新着情報
ジョーレッドのリンゴ・ベア特報です。
The regular edition of Ringo Bear are availble for purchase to customers in Japan only. We do not ship internationally.
ジョーレッドのリンゴ・ベア特報です。_a0077842_2361437.jpg
お詳しい人ならすでにリンゴ・ベアを取り巻く海外の異変にお気付きだと思います。
去る12月2日、LAのパサデナ・コンベンションセンターで開催されたオブジェモチャ・ショーVINYL TOY NETWORKで発売されたリンゴ・ベア・TOXIC(猛毒)版100個限定が、翌日のeBayで定価120ドルの6倍以上で落札されたり、当店に入荷予定のオレンジカラー・レギュラー版600個限定がもう300ドル前後で売買されている。
上はそのレギュラー・リンゴの取り扱い店リストで、留之助商店の名前にはリンクが貼ってない。
なぜなら本国アメリカで品薄になることは必至で、コレクターや個人バイヤーが海外で買い漁りかねない、んで、メーカーのWheaty Wheat Studiosとしては日本のファンに優先的に販売してほしいから、リンクははずしたんだと。
とにかく当店に入荷するのはたったの4個、そのうち1個は店頭用の展示在庫として残し、あと3個をオンラインでのみ販売します。
今回はひさしぶりにランダム・ジェネレーターを採用して受付け処理させていただいますので、ご希望の方は下記をご一読くださいね。

1.販売は当ブログでアナウンスしたのち入荷新着情報に掲載し、24時間受付けいたします。
2.リンゴ・ベアの“ご注文フォームへ”をクリックして専用ホームに必要事項をご記入の上、送信してください。(おひとり1回を厳守。万が一おひとりで複数回申し込まれた場合はすべて無効とさせていただく場合がございます)
3.受付け番号をメールでご連絡いたします。
4.受付け締め切り6時間後にランダム・ジェネレーターにかけ当選番号を当ブログで発表、同時に当選者ご本人にメールでご連絡いたします。

公正を期すため、受付けと受付番号のご案内、当選者へのご連絡は販売担当の榎本店長が行います。
店主はブログでのアナウンス、入荷新着情報への掲載、店長から伝えられた受付番号(以外は何も知らされない)をランダム・ジェネレーターにかけ、当選番号を店長に知らせます。
その後、店長が当選者へご連絡、お取引きとなります。
ジョーレッドのリンゴ・ベア特報です。_a0077842_0132282.jpg
買いたい人も、売り手の留之助側も、こういうのってけっこう面倒なんだけど、これがいちばんフェアかなと。
リンゴ・ベア発売と同時に絶対入手不可のジョーレッド作2005年版の傑作ポスター、Triple Trouble(100部限定サイン入り)を1部だけ販売します。
こちらは値段も高いし注文が殺到しそうもないから、フツーに売り出しますね。

ほんの一例、eBayの出品画面。
by tomenosuke_2006 | 2007-12-09 00:19
Rocket特製、陳列ツリー。
常連のロケットさんがジョーレッドのミニフィギュア・シリーズファインダーズ・キーパーズを制覇した記念に、どこを探しても格好のディスプレーケースがないからって、とうとう自作しちゃったですよ(左下)。
真ん中の木の幹からアクリル板の枝が伸びてるような、陳列台ならぬ陳列ツリー、さすがです。
Rocket特製、陳列ツリー。_a0077842_819181.jpg
で、じつは内心、店主もひとつほしいなぁと。
お店のあっちこっちに飾ってる、というよりは散らばってるサンプル用のミニフィギュアを、ひと所にまとめれたらいいのになぁと。
そう思って(念じて)いたら、きっと気持ちが通じたんでしょうね、なんと留之助用にひとつ作ってプレゼントしてくれたんです(右上)、ありがとうございました。
アクリル板は自在に回転させて位置が変えれるから、背丈のあるヤツ、ないヤツ、いろいろ収容可能で、そこここにワザを感じます。
最近、アメリカでミニダニー用にファンメイドのこんなの(下)が出回ってるけれど、
やっぱりロケット製はちがうと再認識しましたよ。
あっちはたしかに整理整頓用には持ってこい、並べて飾って、でもそれで終わりでしょ。
こっちはというと、いじって遊ぶ、陳列プラスアルファな楽しみがある。
真打ちに座布団3枚!なのでした。
Rocket特製、陳列ツリー。_a0077842_9135116.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-11-14 09:20
リンゴ・ベアの詳細を。
リンゴ・ベアのこと(↓)口にしたんで、ちょっと。
ウィーティ・ウィート・スタジオからもうじき届くジョーレッドのリンゴ・ベアはオレンジカラーのレギュラー版、ほかにも4色あって、それぞれがショップ限定で発売日も販売方法もさまざま。
よっぽど専念しないと集まりそうにないね。
とりあえず、どこが何色をどれだけ出すかというと。

Regular Edition (Orange) (600pcs)
Polar Ringo Bear (Blue) MPH Exclusive (210)
Euro Ringo Bear (Brown) Artoyz (Europe only, 300 pcs)
Toxic Ringo Bear (Green) 3D Retro Exclusive (100 pcs)
Lava Ringo Bear (Black) 5 & a Dime Exclusive (60 pcs)

いつか留之助エクスクルーシヴなんてのが出せれるよう、せいぜい精進したいと思いました。
リンゴ・ベアの詳細を。_a0077842_21364194.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-10-26 21:40
テディ・トゥループ、本格始動のようですね。
テディ・トゥループ、本格始動のようですね。_a0077842_7302927.jpg
リーチのフー・テディを出したと思ったら、ここにきてadFuntureさん、10インチのテディ・トゥループの新作を矢継ぎ早に投入してきたね。
ひとつはジョー・レッドベターのサムハイン(SAMHAIN)トゥルーパー(上)、500個限定。
サムハインとは古代ケルト人が11月1日に冬の始まりと新年を祝って行なったお祭りのことで、じつはハロウィンのルーツなんだよ。
サムハイン・イブ、つまり10月31日の夜には死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていて、そういう魑魅魍魎(チミモウリョウ)から身を守るために魔除けの焚き火をしたり、仮面をかぶったりした。
ジョーレッドのこのトゥルーパーはハロウィン仕様、で、ヘルメットは正しくは魔除けの仮面なんだよ。
ハロウィン向けのこのオブジェモチャ、ディーラーさんらまだ連絡がこないんでヤキモキしてる。
もうひとつの10インチはフランスのデザイン集団123Klanのワンカーズ(WANKERS)トゥルーパー、こちらも500個限定。
ワンカーズっていう言葉にはあまりいい意味がないけれど、これは名前に似ないいい感じの仕上がり。
テディ・トゥループスの生みの親、フライング・フォートレスの基本デザイン(ヘルメットの稲妻マーク)をきちんと踏襲しているね。
11月11日から出荷されるらしいけれど、こちらもディーラーさんの連絡待ち。
テディ・トゥループ、本格始動のようですね。_a0077842_757144.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-10-22 08:02