タグ:Joe Ledbetter ( 144 ) タグの人気記事
GAMA-GOがeBayでオークションはじめたよ。
名付けてGama-Go Silent Auction on eBay
Gama-Goお馴染のアーティスト、Tim BiskupJoe Ledbetter、Kelley Seda、Greg Long、Grace Fontaineたちのワンオフ作品をオークション販売する。
カラー作品は1点のみキャンバスに印刷して木のフレームに貼り付け加工した約30X30センチ、単色作品はすべてオリジナルのペンシル画で額装されている。
どんな値段で落札されるんだろうね、期限はあと4日と17時間、ゆっくり観戦させていただきましょう。
おっと、それよりずっとお安いGAMA-GOのアート&デザイン集を入荷新着情報で予約受付中です、こちらをとくによろしく。
GAMA-GOがeBayでオークションはじめたよ。_a0077842_9443549.jpg

左上/KAIJU ATTACK by Tim Biskup  右上/Deathbot Coffee by Joe Ledbetter
左下/Howl by Kelley Seda  右下/LILY DRAGONS by Grace Fontaine


by tomenosuke_2006 | 2007-06-16 09:54 | ロウブロウアート
アレッツォのシュガー、ヴィアレッジョのシルヴィアへ。
朝8時から夜10時まで、14時間かけて2つのセレクトショップを回った。
1軒目はフィレンツェから南東へクルマで1時間半のところにあるアレッツォ、あのライフ・イズ・ビューティフルの舞台になった小さな田舎町にあるお店、SUGERだよ。
トスカーナ州の田舎町とはいわれてるけれど、アレッツォは中世の面影を残す観光地だから人の往き来も多く、裕福な人たちが住んでる高級住宅地があったりするから、シュガーのようなお店も成り立ってるんだろうな。
アレッツォのシュガー、ヴィアレッジョのシルヴィアへ。_a0077842_10373862.jpg
ここは、PRADA、D&G、DSQUARED2といったイタリアン・ブランドの宝庫のような場所、直接オブジェモチャとは結びつかないんだけれど目の保養には持ってこい、いろいろとインスピレーションもいただけて、店主好みのお店なのだよ。
石畳の通りに面した古い建物の内装を巧みに改装して、シュガーは3つのテーマのショップを構えてる。
中でも店主のお目当ては改装されたばかりのMENS SUGER。
日本でいうなら遊びとゆとりのPaul Smith SPACE 青山店に近いかな、ここでユニポやハズマポやジュンポでお馴染のUNKL BRANDのような少年っぽいオブジェモチャを採り入れたら、世界で最高のメンズセレクトショップになるのになぁ、なんて。
アレッツォのシュガー、ヴィアレッジョのシルヴィアへ。_a0077842_11105590.jpg

上の写真左は、入ってすぐのディスプレー。オーナーのマウロ氏が選んだグラフィック本やヴィンテージLPなどがアクリル製の棚にならぶ。売り物と非売品がごっちゃにディスプレーされてるところが面白い。
写真右は、小さいから見えにくいかも。スニーカーのディスプレーがなかなかカッコよかったんで写した。留之助でも応用できそうな(あまりお金のかからない)集成ボードで作った細かい仕切りの棚が気に入ったよ。

SUGAR
19, Corso Italia, 52100 Arezzo, Italy
tel.0575-354631 / fax.0575-354678

アレッツォのシュガー、ヴィアレッジョのシルヴィアへ。_a0077842_12273574.jpgどこにいようと新作オブジェモチャ情報は次から次に送られてくる。
早々にオーダー入れたのは毎回発売と同時に売り切れてしまう人気シリーズ、ジョー・レッドベターの8 inch Qee Swamp Dog(猛毒沼のワン公)の新作オレンジ版。
けど、売り切れてしまうっていうのは海外でのお話。
留之助では仕入れが高かったからプライスもそれなりで売れ残ってる、でもね、いまじゃ絶版でうちぐらいの値段が世界相場になってるみたい。
集め始めたら最後までいくしかないでしょう、いままでに出た5個のうち、2006年のSDCC版(猛毒沼のクマさんピンク)に次ぐ少数生産の504個限定。
今度はもうちょっと安く仕入れることができました。
by tomenosuke_2006 | 2007-05-09 15:05 | モチャ行脚
ジョー・レッドベターの次回作、7月に登場か。
何かとお世話になっているLAのGallery1988がSF(サンフランシスコ)にも進出、先週4月25日水曜日のオープニング・パーティでジョー・レッドベターが次回作のプロトタイプをお披露目した。
その名もKing of Deadbeets(キング・オブ・デッドビーツ)。
7月にSTRANGEcoから発売予定というから、きっとSDCCあたりでデビューしそうだね。
Wheaty Wheat Studio(ミスターバニーやファイヤーキャット)からKidrobot(オレンジ&ピンクティーター)へ、そして今度はSTRANGEco。
デザイナーズトイの有力メーカーから引っ張りだこなんだね、彼の人気のほどがうかがえる。
ジョー・レッドベターの次回作、7月に登場か。_a0077842_22455590.jpg

タグ:
by tomenosuke_2006 | 2007-04-29 17:19
ジョー・レッドベターの新作リミテッド・エディション。
ジョー・レッドベターの新作リミテッド・エディション。_a0077842_933995.jpg
上のジョー・レッドベター・キャラ総出演の75部限定ポスターは新作じゃない、1ヵ月まえに発売されたヤツ、店主買い逃して、つい最近、やっとこさ手に入れた。
同じ轍を踏むのはもうまっぴらごめんだから、今度こそ、じっくり狙うぞ、GAMA-GOから25日に出るジョーの最新作、下。
GAMA-GOお抱えキャラのデスボットをゲストアーティストのジョーが料理した。
題してDeathbot SNAFU(デスボット大混乱)。
厚めのキャンバス地に印刷後、木製のフレームに貼り付け加工した本格的油絵仕上げで、まさにオリジナル風。
例によって限定数は極少の80部、もちろん作者の直筆サインが入る。
ジョー・レッドベターの熱烈ファンさん、けっしてお見逃しなく。
ジョー・レッドベターの新作リミテッド・エディション。_a0077842_941268.jpg
と、それからGAMA-GOの集大成のような作品集Limited Edition/Art and Design of GAMA-GOが出版される。
サンフランシスコのユニークなオブジェモチャ・デベロッパーGAMA-GOの中心アーティスト、ティム・ビスカップやジョー・レッドベター、設立メンバーでアートディレクターのグレッグ・ロングやブランドデベロッパーのクリス・エドマンソンが、過去6年間に発表したポスターやTシャツやパッケージイラストをくまなく調べ上げ、400ページの画集に仕立てた。
なかなか楽しみな1冊だね。
縦横15センチ、厚さ4.5センチの豆本風、24ドル95セント+送料で6月に出荷される。
ジョー・レッドベターの新作リミテッド・エディション。_a0077842_945014.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-04-20 08:57 | 書店入荷新着情報
8 inch 今度は猛毒沼のネコ君。
8 inch 今度は猛毒沼のネコ君。_a0077842_8552948.jpgおなじみJLED(ジョン・レッドベター)の8 inch Toxic Swamp(猛毒沼)シリーズの新作、紫ネコ君が7月30日に300個限定で発売される。
けれど、あいかわらずToy2Rらしい販売方法で、イギリスのforbiddenplanetのエクスクルーシブ、つまりショップ限定、そこでしか買えない版。
なことよりforbiddenplanetがデザイナーズトイまでやってたなんて知らなかったわ。
どちらかっていうとMonsters In Motion系、日本でいえばBLISTERでしょう、ちょっとカラーがちがうような。
ちょいまえのキッドロボット製品も売っている。
イギリスでアクションフィギュアを主力に扱う大手通販サイトがキッドロボットから三下り半突きつけられたって聞いてたけれど、もしや・・・。
とにかく売り切れないうちに、留之助でもちょっとだけオーダー入れとこーっと。
by tomenosuke_2006 | 2007-04-11 09:38
発売前に売り切れっていうケースが増えてきた。
発売前に売り切れっていうケースが増えてきた。_a0077842_22584168.jpg
ついこのまえ、キッドロボットが自社製品の卸販売を出荷制限することになったって書いたけれど、最近のデザイナーズトイ人気はハンパじゃないね。
よそのメーカーでも似たようなことが起きている。
もともと生産数が少ないからね、コレクターが獲り合いするまえに、ディラー間で熾烈な争奪戦が繰り広げられることもしばしば。
とくに人気のアーティスト作品、最近ではJLED(ジョン・レッドベター)の8 inch Toxic Dog(猛毒沼のワン公)のブラウンとブルーがいい例。
最低注文数がそれぞれ6個だったから、そのようにオーダー入れたというのに、2個ずつしか回してもらえなかった。
これじゃ、お店に飾るまえに売り切れちゃいそうだよ。
ま、売れ残るよりはいっかぁ。

ところでさっきK-Iさんって方からコメントいただきました。
店主がオブジェモチャにこだわる「ワケ」、デザイナーズトイのことを詳しく知らない人のための入門コースのような記事を期待してるって。
確かに、なぜオブジェモチャなのかっていうこと、一度も話してなかったような。
で、近く、その点について語らせていただくこと、約束しますね。
by tomenosuke_2006 | 2007-02-27 23:42
やっぱりねっていうか。
キッドロボットの手配ミスで2月14日のUPS便に載せられたために、まだ到着まえなんだけれど、JLEDことジョー・レッドベターの新作ピンク・ティーターが、思ったとおりっていうか、これまたオベイ・ジャイアントみたいに、即完売しちゃったね。
キッドロボットのオンラインに限らず、向こうのショップはどこも売り切れ。
と同時にebayに出品されるというのが、当たりまえになったみたい。
当店(というより店主)は特約店契約していて予約注文入れられるからいいけれど、むかしみたいにコレクターしてるだけだったら、あせっちゃうよね。
やっぱりねっていうか。_a0077842_1018859.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-02-16 10:19
アートオークション続行中。
売上げのすべてがAlliance for Children's Rights(子供の権利を守る会)に寄付されるという注目のアート・オークションCharity by Numbers! Gala Event & Art Auction(多数参加の慈善事業!華やかな催しと絵画の競売)の近況だよ。
ぜんぶで93点に及ぶ大量の作品群はふたつのグループに分けられ、時間をおいてebayに出品されたみたい。
第1グループはあと余すところ3日、第2グループは5日、とりあえず店主がウォッチしてる作品の一部を紹介するね。
こーいう絵が最近の店主の趣味だと思ってちょーだい。
作風は異なるけれど、どれもロウブロウっていう同じフィールドで写生大会を思う存分楽しんだ少年たちの最新作。
彼らのゲージュツはバクハツなんかじゃなくって、むしろ遠くに上がる花火のよう。
控え目で、穏やかで、けれどしっかり華がある。
めちゃくちゃ日本芸能しちゃうけど、室町時代の能役者、世阿弥(ぜあみ)が能楽論で説いた“華”のことだよ。
つまり「観客の感動を呼び起こす芸の魅力、おもしろさ、珍しさ、またそれを追求・工夫し、感得する心の働き」(新辞林)ってやつね。
ま、そんなことよりも。
あくまでもウォッチだから、眺めるのはタダだから、でも、ひとつぐらいは記念に欲しいよね。
まずは第1グループから2作品。

アートオークション続行中。_a0077842_17235112.jpg

GARY BASEMAN
End time:Feb-17-07 16:09:42 PST
終了日時:日本時間2月18日9時09分


アートオークション続行中。_a0077842_17241995.jpg

JOE LEDBETTER
End time:Feb-17-07 16:12:05 PST
終了日時:日本時間2月18日9時12分



第2グループはこちら。
by tomenosuke_2006 | 2007-02-15 07:49 | ロウブロウアート
ピンク・ティーターをめぐる不可解な出来事。
「2月15日木曜日、東部標準時間午前11時にティーターは放たれるだろう」
キッドロボットのオンラインショップに載ったJLED(ジョー・レッドベター)の新作ピンク・ティーターの発売予告コピー、なかなか挑発的だね。
最近のJLED人気の盛り上がりぐあい、彼の旧作絶版トイの異常な値上がりぐあいなど考えると、限定数2600個はけっして多いとはいえない。
1989個限定で即市場から消えたオベイ・ジャイアントの例もあることだし、キッドロボットの語気も少々荒く、早くしないと買い逃すぞとでもいいたげだね。
このピンク・ティーターはキッドロボットから出た前作オレンジ・ティーターのバリアントで、オレンジを別名ミスター・ティーターと呼んだように、今作はミセス・ティーター、ふたつそろってはじめてティーターご夫妻のできあがりだ。
ピンク・ティーターをめぐる不可解な出来事。_a0077842_14131027.jpg
けれどピンク・ティーターをめぐる不可解な出来事が起きてたんだよ。
この新作ピンク、発売まえだというのに、つい最近までebayに出品されては落札されるという状態がつづいていた。
どれも同じIDによるイギリスからの出品で、何があったんだろうと気になってたわけだけど、なんとなく分かってきたよ。
きのう届いたキッドロボットからの別件メール、「S/H(shipping & handling=配送と出荷)の関係でコジックのリリ・ギンプを発売日より1週間早く届けましたが、いかなる場合も新製品の販売は発売予定日を厳守してください」。
うちのホームページをまめにチェックしてんだねぇ。
そう、留之助商店は世界のどこよりも早く、もちろんキッドロボット本店よりも先にリリ・ギンプを売り出しちゃってたんです、別にいいと思ってね。
これと同じようなことがピンク・ティーターに起きたんでしょ。
さて、そーいうピンクだけれど、海外で予想されるような奪い合いの心配は日本じゃないと思うよ、世界のコジック・ファンが待ちわびたリリ・ギンプだって、こっちじゃぼちぼちなんだから。
アメリカンなオブジェモチャにとって日本はまだまだな市場だってこと? いろいろがんばらなくっちゃね。
ピンク・ティーターをめぐる不可解な出来事。_a0077842_1414232.jpg

タグ:
by tomenosuke_2006 | 2007-02-08 14:22
3月6日(火)午後7時、メルローズとラブレアの角で会いましょう。
3月6日(火)午後7時、メルローズとラブレアの角で会いましょう。_a0077842_127534.jpg
いまさっき入ってきたニュース。
来る3月6日〜30日までLAの1988ギャラリーでジョー・レッドベターの個展が開催される。
初日は午後7時からレセプションあり。
参加希望者は事前にRSVP(参加申込)が必要。
こういうときしか原画はみられません、買えません、もちろん店主、出かけます。
ちなみに明日まで、同じギャラリーでロボット・ガールなど最新のデザイナーズヌイグルミ展開催中。
3月6日(火)午後7時、メルローズとラブレアの角で会いましょう。_a0077842_1284654.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-01-29 05:27 | ロウブロウアート