タグ:Jukai ( 3 ) タグの人気記事
考古学者、変じてパワー・スカルマンとなる。
短足かつ圧倒的逆三角形のスカルヘッドの正体は、考古学者ドルトン・スミス教授である。
ある日、教授は調査に出かけたニューメキシコの洞窟で事故に遭い、意識が薄れゆく中で不思議な生き物と遭遇する。
それは真に高潔で恐れを知らぬ人物を探していたのだ、教授のような。
150年ごとにこの世に災いをもたらす邪悪な者どもを成敗するため、不思議な生き物は教授をニューヒーローへと生まれ変わらせた。
その名はMr. Power Skullman、背に大きな“戦士の目”を持つ身の丈8インチ(20センチ)の超人、時々変身もして、いまのところ3つのカラーウェイが確認できている。
考古学者、変じてパワー・スカルマンとなる。_a0077842_18441276.jpg
と、どこにでもありそうなアメコミ風ストーリーを創作し、なかなかありそうでないキャラクターをデザインしたのはプライベートブランドPhalanxを運営しているHenry HuangとJukai、去る7月10日のポストTTF 2009現地リポート-3で紹介済みの中国人アーティスト・デュオだ。
中でもジュカイは言わずと知れたG-Roboの作者、アメリカンなテーストを今回も万遍なく発揮している。
考古学者、変じてパワー・スカルマンとなる。_a0077842_1844544.jpg
大陸系の発想というべきか、なかなか日本では湧き出てこない喧嘩腰で強引な、大味でカッチョイイところが特徴といえる。
一見、アメトイかと思わせるブリスター・パッケージが笑えてよし。
先述のミスター・パワー・スカルマン誕生のくだりも、パッケージ裏の解説を引用したもの。
さらには「君のパワーを見せてみろ!!」「ただちに君自身のスーパーヒーローを創造せよ!!」と、DIY・ミスター・パワー・スカルマンの宣伝もあり。
モチャ作りとお遊びの精神が1対1でバランスがとれた申し分なしの怪作なのである。
いちばん上の画像はミスター・パワー・スカルマン・GID・ブラック、100個限定。
直上がミスター・パワー・スカルマン・GID・レッド、100個限定。
下がミスター・パワー・スカルマン・レッド、50個限定。
入荷数僅かにつき、早めのお申し込みが賢明かも。
考古学者、変じてパワー・スカルマンとなる。_a0077842_18481127.jpg
ミスター・パワー・スカルマン発売中→http://tomesyoten.exblog.jp/i55/
by tomenosuke_2006 | 2009-11-02 21:08 | 商店入荷新着情報
TTF 2009現地リポート-1/ADFUNTURE。
8日、ナゴヤドームで16年ぶりの日本ツアーの初日を飾ったサイモンとガーファンクルに大勢の同年代人たちといっしょになって熱狂した翌朝、セントレアから一路、台湾桃園国際機場へ。
台北国際玩具創作大展=TFF 2009におジャマして、種々見聞を広めるためである。
会場の華山文化創意園区へは昼間の喧騒がおさまったころ、午後3時過ぎに向かった。
TTF 2009現地リポート-1/ADFUNTURE。_a0077842_2275688.jpg
会場はむかし有名な果実酒工場だったとかで、メッセとかコンベンションセンターとかドームといった近代的なコンクリートの建造物とは好対照の、木やレンガでできた古くシットリ落ち着いた佇まい、けっこう好きである。
そこへ東洋きってのモチャ・アーティストたちがケッバケバの新作をひっさげ集合し、そういうのが大好きでやって来た東洋のキャピキャピの少年少女たちにプレゼンテーションする。
同窓会のようだった昨夜から父兄参観のようなきょう、はた目には浮いて見えたかもしれないけれど、店主としてはきょうの刺激は格別だった。
入り口近くにブースを構えるADFUNTUREへまず寄ってみた。
TTF 2009現地リポート-1/ADFUNTURE。_a0077842_2473065.jpg
TTF 2009現地リポート-1/ADFUNTURE。_a0077842_2493944.jpg
TTF 2009現地リポート-1/ADFUNTURE。_a0077842_2494922.jpg
本当に商品化されるんだろうか、Nate Van Dykeのラストサムライなんていうプロトに目がいき、いっさい卸売りのない、ずっと欲しいと思っていたインドネシアのアーティスト、Arkivの問題作Metal Mickey(後日ご紹介)を手にし、G-Robotのミニ版をリリースしたばかりのJukaiと遭遇。
店主、映画ジャーナリストとかいってハリウッドに住んでいた1980年代、大勢のスターたちに会ったりしたものだけれど、ツーショットの記念撮影とかサインをねだるとか、チャラチャラしているように思われるのがイヤでほとんどしたことがなかった。
が、いまはちがう、立派にミーハーな大人になりました、さっそくMini-G-Robot数個にサインを入れてもらい、お持ち帰り。
上海と台湾を行ったり来たりのジュカイ君、仲間のHenry Huangと新ブランドPhalanxを立ち上げて、そこでもオリジナルモチャをデザイン&プロデュースしている、まったく知らなかった。
TTF 2009現地リポート-1/ADFUNTURE。_a0077842_835391.jpg

TTF 2009現地リポート-1/ADFUNTURE。_a0077842_8243234.jpg


More: ジュカイのサイン入りミニGロボ、2種。
by tomenosuke_2006 | 2009-07-09 23:59 | モチャ行脚
要注意、手投げ弾ロボ炸裂間近。
要注意、手投げ弾ロボ炸裂間近。_a0077842_16432468.jpg
ドーマの宇宙飛行士ジーザス様フライング・フォートレスのテディ・トゥループスファフィのクローディ&ジャネットロンドン・ポリスのラッド&ドッグなどなど、ヨーロッパのストリートアーティストを起用した高品質オブジェモチャをヒットさせてる香港のadFunture(アドファンチャー)。
勢いがあるよね、今度の新作G-ROBOTときたら、まさに威勢のいいアドファンチャそのものっていう感じかな、高さ10inch(25センチ)のでっかい手投げ弾風ロボットだ。
デザイナーはJUKAI(ジュカイ/たぶん香港在住)、上がジィロボ・オリジナルで400個限定、下がジィロボ迷彩で300個限定、あいかわらず極少数だけど近日入荷が決定したよ。
よかったら噛みつかれてみてください。
と、絶版になってる10inch テディ・トゥループスの純白版、ラッド&ドッグ、宇宙飛行士ジーザス様のカラー版もほんの僅かだけどいっしょに入荷予定、お見逃しなく。
要注意、手投げ弾ロボ炸裂間近。_a0077842_1718455.jpg

タグ:
by tomenosuke_2006 | 2007-04-22 17:27