タグ:Lindsey Kuhn ( 7 ) タグの人気記事
Lindsey Kuhnのレーア姫ポスター、69部限定
オブジェモチャ界の重鎮であり、かつてはロック・ポスター・アーティストとして名を馳せたあのKozik先生の言葉をかりれば、Lindsey Kuhn(リンゼー・クーン)こそは現在最も勢いのあるロック・ポスターのセルフ・メード・パイオニアなんである。
1984年以来、小さな場末のクラブからメジャーなコンサート会場にいたるまで、さまざまなシーンで60〜70年代のサイケでアナーキーなロック・ポスターのリバイバルを目指し、デザインはおろか、所有のスクリーン印刷機で自ら1枚1枚刷り上げ、発表し続けているのがリンゼイ。
経歴については2007-10-30のポストで紹介しているので、興味おありの方はそちらを参照。
そういうリンゼーがスター・ウォーズのレーア姫のシルクスクリーンを発表したんで、もちろん仕入れた。
日頃のリンゼイらしいムチャ度は鳴りを潜めて、着色と、ちょっとしたコラージュで仕上げられ、じつに分かりやすく楽しい作品となっている。
たった69部限定、シリアルナンバーとアーティストの直筆サインが入る。

ご注文はこちらから→http://tomeshoten.exblog.jp/21233079/
Lindsey Kuhnのレーア姫ポスター、69部限定_a0077842_12304277.jpg

"Leia" by Lindsey Kuhn
3 Color Serigraph / 18"x24"
Signed & Numbered / Edition of 69


by tomenosuke_2006 | 2013-12-23 12:39 | 書店入荷新着情報
リンゼー・クーンのロック・ポスター集大成、着。
ロック・ポスター・アーティストとして名を馳せ、オブジェモチャ界の重鎮でもあるKozikをして、ロック・ポスターの最も勢いのあるセルフ・メード・パイオニアだと言わしめたのがLindsey Kuhn(リンゼー・クーン)である。
1984年以来、小さな場末のクラブからメジャーなコンサート会場にいたるまで、さまざまなシーンで60〜70年代のサイケでアナーキーなロック・ポスターのリバイバルを目指し、デザインはおろか、所有のスクリーン印刷機で自ら1枚1枚刷り上げ、発表し続けている男。
経歴については2007年10月30日のポストで触れているので、そちらを参照いただきたい。
そのリンゼーの2008年6月に発表された厳選ミニ・ポスターの詰め合わせClassic Poster Tin(ロック・ポスター缶)に次ぐ最新作品集、スクリーン・プリント・ロック・ポスター全集Lure of the SWAMP(湿地帯の誘惑)が到着した。
26年に及ぶ、これぞリンゼーのクロニクルとでもいえそうな内容。
フルカラー100ページにアメリカで最有力のロック・ポスター・アーティストの作品が網羅され、そりゃぁもう、やりたい放題の芸風にド肝を抜かれること間違いない。
If you like Modern Rock, you need this book!なのである。
リンゼー・クーンのロック・ポスター集大成、着。_a0077842_935189.jpg
ご注文はこちらから→http://tomeshoten.exblog.jp/16228810/

リンゼー・クーンの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Lindsey+Kuhn/

More:『湿地帯の誘惑』の内容プレビューはこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-04-22 23:59 | 書店入荷新着情報
限定25個のうちのたったのン個しか入荷しませんでした。
ビルの街にガオーッ、夜のハイウェイにガオーッ。
少年心をゆさぶる28号ノリの、これだけ出来がよくって入荷数が少ないレジン・フィギュアだと、販売するのが切実に惜しくなってしまう。
ので、さっさと売れなきゃ、1個、隠匿しちゃおうと思う。
Kozikと双璧を成すロック・ポスター界の巨星Lindsey Kuhn(リンゼイ・クーン)がハンドペイントで仕上げたDestroyrrr X(デストロイヤー・エックス)。
シルクスクリーン仕上げの段ボール箱を開けると、12インチ(30.5センチ)四方のサイン入りアートプリントが出現し、その下で緩衝材に守られた高さ9インチ(23センチ)、たっぷり重い4ポンド(1800g)もあるスカルヘッドのロボットが、始動のスイッチが入るのを待っていた。
限定25個のうちのたったのン個しか入荷しませんでした。_a0077842_2134145.jpg
サイズを書いても、重量を記しても、なかなか大きさや重さをイメージしてもらうのはむずかしいものだけれど、とりわけデストロイヤー・エックスほど意表を突くヤツはいない。
その圧倒的な存在感は、日ごろカワイ気なソフビモチャに浮かれる我々に、真っ向から突きつけられたリンゼイ・クーンからの果し状のようでもある。
「耳の長いのもいいけれど、たまにはこーゆーのを触ってみやがれ!」みたいな。
限定25個のうちのたったのン個しか入荷しませんでした。_a0077842_22235811.jpg
限定25個のうちのたったのン個しか入荷しませんでした。_a0077842_2248827.jpg
ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/13545164/
by tomenosuke_2006 | 2010-11-01 00:36 | 商店入荷新着情報
リンゼー・クーンのちょっと鉄人なレジン製、近日飛来す。
スカルが大好きなロック・ポスター・アーティストLindsey Kuhn(リンゼー・クーン)が、ひさしぶりに立体作品を発表してくれました。
しかも少数生産のレジン・フィギュアで、自ら1点ずつエアブラシと筆で仕上げた入魂の逸品です。
リンゼー・クーンのちょっと鉄人なレジン製、近日飛来す。_a0077842_11343848.jpg
鉄人28号を彷彿とさせる「ガオーッ」のポーズもいさましいこのスカル君、本名をDestroyrrr X(デストロイヤー・エックス)といいます。
身長9インチ(23センチ)、体重4ポンド(1800g)の立派な体格の持ち主で、スカルと胴体は別々に切り離されて箱詰めされます。
飾るときはタートルネックにスカルを載せてやってください、歯が隠れて幾分大人しそうに見えるでしょう。
25個限定、本体にサイン入り、12インチ(30.5センチ)四方のサイン入りアートプリントも付属します、近日極僅少入荷。
リンゼー・クーンのちょっと鉄人なレジン製、近日飛来す。_a0077842_1221237.jpg
リンクーンの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Lindsey+Kuhn/
リンクーンの書店在庫をチェック→http://tomeshoten.exblog.jp/tags/Lindsey+Kuhn/
by tomenosuke_2006 | 2010-09-27 12:28
リンゼー・クーンの変なものも入荷しました。
売り切れていた9インチ爆裂人形モンキー・スカルがアーティストのサイン入りボックスで再入荷したのをはじめ、5月24日の記事で紹介したCUDDLE SKULL(カドル・スカル=抱きしめガイコツ)ピロを商店にならべました。
それから書店の方へはハンドペイントで仕上げた缶に15種類のビラと4分割のシルクスクリーン・ポスターを収めた150セット限定Classic Poster Tin(クラシックポスター缶)も。
ただし、アテンション。
ポスター缶の仕上げや中の印刷物、ピロの絵などは、なにぶん手仕事のため色などにバラつきがあることを、あらかじめご了承ください。
リンゼー・クーンの変なものも入荷しました。_a0077842_15491749.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-06-10 15:50 | 商店入荷新着情報
こちらはリンゼー・クーンのスカルいろいろ。
リンゼー・クーンを覚えていますか。
JAMUNGOの9インチ爆裂人形シリーズ中、最速で売り切れたモンキー・スカルの作者です。
そのスカルが今度はピロになって帰って来た。
その名もCUDDLE SKULL(カドル・スカル=抱きしめガイコツ)、41センチ。
なんでもシリクスクリーンの手刷りで、100個のみのハンドメイド、ピロのくせにシリアルナンバーが入る。
さらにステッカーのオマケ付き。
こちらはリンゼー・クーンのスカルいろいろ。_a0077842_23165591.jpg
上記は留之助商店での取り扱いですが、こちらは書店用リンゼー・クーン。
ひとつずつハンドペイントで仕上げた缶に15種類のビラと4分割のシルクスクリーン・ポスターを収めた150セット限定Classic Poster Tin(クラシックポスター缶)、十分にリンゼー作品集の趣だね。
これに加えて、リンゼー本人が持っていたという36個の爆裂人形モンキー・スカルのうちの数個がリバイバル入荷する。
とっくに売り切れていた人気者、しかも作者のサイン入りパッケージというからウレシイじゃないですか。
こちらはリンゼー・クーンのスカルいろいろ。_a0077842_23423512.jpg

タグ:
by tomenosuke_2006 | 2008-05-24 00:30
9インチ爆裂人形のデザイナー仕様がついに出た。
9インチ爆裂人形のデザイナー仕様がついに出た。_a0077842_9251853.jpg
スキンデザインをいろんなアーティストが受け持つソフビ・オブジェモチャ・シリーズの中でも、とくに過激なのがJAMUNGO(ジャムンゴ)製Blow Up Dolls(爆裂人形)のバッドとネイドでしょう。
なんたってバッドは爆発準備OKなマッチ棒にぎりしめた丸型爆弾野郎、導火線が1本、ツンと立ってるところがカワユイ。
一方ネイドは脳天に手投げ弾のピンとレバーを装備するこれまた危険分子、ちょっと個性的なヘアスタイルに見えなくもない。
その9インチ判のノッペラボウなDIY(ドゥ・イット・ユアセルフ)とGID(グロウ・インザ・ダーク)を留之助で扱ってるのは知ってるよね。(けっこう在庫かかえてて今月末までバーゲン中だから)
同時に3.5インチのブラインドボックス入りバッドがいい感じで売れている。
そういう今日この頃、とうとう9インチでは最初のデザイナーズ・バッドが入荷することになったんだよ、お待ち申しておりました。
作者はロックコンサートやスケートボード大会など、いまどきのイベントのポスターやステッカーのグラフィック・アーティストとしてけっこうな人気のLindsey Kuhn(リンゼー・クーン)、コロラド州デンバーに住む男子である。
9インチ爆裂人形のデザイナー仕様がついに出た。_a0077842_9261116.jpg
経歴を読ませてもらって面白かったのは、南アラバマ大学でロケット工学を勉強しているときに、たまたま地元のバンドに頼まれてチラシを作ったのがきっかけでグラフィック・アートの虜になり、さっさとドロップアウトしちゃったってこと。
サイケだったりパンクだったり、縦横無尽で自由奔放な作風は、彼の生き方を象徴していそうだね。
過ごしやすい環境で創作に励むため、アラバマの熱さを逃れてテキサス州オースチンへ、さらに涼しいデンバーへと越して来て、いまではシルクスクリーン印刷機も備える立派なスタジオを運営し、自作や友人作のポスターなどを手刷り、販売もしている。
そういうリンゼーの爆裂人形バッドの正式名はモンキー・スカル、猿のガイコツが暗闇に浮かび上がる夜光性だ。
よく見れば丸い頭と小さな胸の絵が緑色に光ってはじめてガイコツに見えるという凝ったデザイン、箱絵も素晴らしく、たった250個の限定生産となる。
9インチ爆裂人形のデザイナー仕様がついに出た。_a0077842_9265156.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-10-30 00:00