タグ:Matias Vigliano ( 2 ) タグの人気記事
手短に再入荷や新入荷のこと。
10月14日の記事で「エアエクスプレス、陸上輸送、航空貨物のグローバルリーダーであり、海上貨物とコントラクトロジスティクスにおいても業界ナンバー1を誇ります」の“D”社が、LAで出荷された留之助宛の荷物を紛失してしまった話、したよね。
はっきりいうけど、“D”社とはDHLのこと。
出荷元は3D Retroの卸売り部門。
両者ともスゴイ、お互い責任のなすり合いするばかりで、お金を払ったウチなんか完全に蚊帳の外だもん。
DHLの日本とLAの連携がとれてないのも情けなくって、日本支社に説明求めても何の回答も得られないんだから。
店主の結論はDHLと3D RetroのURLもメールアドレも電話番号も全部デリート、経理上は今回の仕入れ分を“損失”で処理することにしました(つまり赤字の上塗り)。
手短に再入荷や新入荷のこと。_a0077842_10255828.jpg
で、消えてしまった品物のうち、とくに問い合わせが多かったマティアス・ヴィジリアーノのセントリー・ロボットとカラーブロクのモノを別のディーラーさんに頼んでたんだけれど、それがやっと到着した。
店長情報によると、待ちきれず海外からプレミア価格で取り寄せた人もいらっしゃるとか、大変ご迷惑をおかけしました。
同時入荷のリンゼー・クーン作9インチ爆裂人形のモンキー・スカルといっしょに、もちろんレギュラー価格で入荷新着情報に上げました。
by tomenosuke_2006 | 2007-11-18 10:46
KACHING BRANDSの新作3種、入荷決定しました。
SDCCで発表になったKACHING BRANDSの新作が、わずかだけれど留之助で扱えれることになって安堵。
どだい300個未満の限定商品を付き合いの浅い、しかもオブジェモチャ屋歴1年未満の留之助に卸してもらおうってのが無謀な話?、SDCCでしみじみ感じたよ。
なんていうのかな、作家性が色濃く反映された小ロット多品種販売を目指すメーカーさんにとって、日本の市場なんて数のうちじゃないみたいな一種冷ややかな空気を感じたね。
発売と同時に北米だけで即、売り切れてしまうんだもの、大量に作る気はないんだし、これ以上販路を拡大してもしょうがないってか。
ま、ひとことでいってそういうところへ分け入り商談した結果の、まずはふたつを見てちょうだいな。
カラーブロクのモノ(左)とマティアス・ヴィジリアーノのセントリー・ロボット(右)。
7月17日の記事で紹介したから覚えてる人もいるかと、なんともふんわりな風貌、他に類を見ない別世界感に一目惚れしちゃいました。
プレミア価格必至のコミコン限定版到着目前に、胸を張って出せるレギュラープライスの、といっても本国アメリカではほぼ売り切れたこの2点、早々に入荷新着情報に上げるから。
それともうひとつ、SDCCで買いそびれたトビー・HKのコミコン限定版も特別に回してもらえたんで、こちらもレギュラープライスで。
さて、どーなんだろう、オーダー入るのかな、日本の市場なんて数のうちじゃないなんて思われたくないんだけれどなぁ。
KACHING BRANDSの新作3種、入荷決定しました。_a0077842_21312578.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-08-04 22:20