タグ:Michael Jackson ( 3 ) タグの人気記事
こんな鉄砲のことを思い出しました + お宝?画像。
前回の留ブラPROの製作レポートでは30を超えるたくさんのコメントをいただき、ありがとうございました。
改めてPROへの期待の大きさを知り、褌をギュウギュウに締め直した次第です。
さて、そのレポートで“生き物の気配”とか“生身の銃”とか、思いつくままに書きながら、直後、脳裏に浮かんだのはデイビッド・クローネンバーグ監督の1982年の映画『ヴィデオドローム』の銃、肉体の一部と化したワルサーPPKでした。
なので「留ブラPROには期待してますが、生き物になっちゃったら気持ち悪いなぁ」とコメントされた方も、あんな感じの銃を連想されたんだったらムリもないと思った次第です。
こんな鉄砲のことを思い出しました + お宝?画像。_a0077842_958687.jpg
『ヴィデオドローム』はメイクアップで6回もアカデミー賞を受賞し、ただいま公開中の『ウルフマン』に参加したスペシャルメイクのオーソリティー、リック・ベイカーが、メイクをはじめSFXプロップも監修したカルト映画です。
ちょうど店主がLAに住んでいたときの作品で、リックの工房に入り浸り、主演のジェームズ・ウッズのテストメイクにも立ち合ったりして、カナダでの撮影前のほとんどのリハーサルを見学しました。
同じころ、クローネンバーグその人にもインタビューできて、その縁で、名前だけではありますが映画に特別出演もしております。
そんなことより、リックの工房では自由に仕事の様子を撮影させてもらい、生身のPPKもいくつかのバリエーションをカメラに収めていたことを思い出し、コメントへのレスのついでにご覧いただこうと、昔の映画資料をしまい込んでいる箱やらロッカーを探し回ったのですが、これがなかなか見つからない。
出てきたのは上のパブリシティ用の35ミリ・スライドぐらいで、代わりに、店主が別の日にリックの工房で撮ったこんなのを見つけました。
こんな鉄砲のことを思い出しました + お宝?画像。_a0077842_1914922.jpg
こんな鉄砲のことを思い出しました + お宝?画像。_a0077842_22242217.jpg
1982〜83年ごろ、ミュージックビデオ『スリラー』でマイケル・ジャクソンが演じたウルフマンの最終ステージの顔を彫刻するリック・ベイカー(上)と、その直前のステージのフォーム製メイクアップ・ピースの画像(下)です。
あのときマイケル・ジャクソンのライフマスク(石膏製の顔型)を見て、なんて顔の小さい人だろうと思ったものでした。

店主はCGやデジタルが台頭するよりはるかむかし、アナログでロウテクなSFXの時代に遊んだ過去の人です。
たとえばモンスターの顔に刻まれた彫刻刀のひと彫り、ひと筋から作者の情感が伝わるような作品を傑作と呼んでいました。
ひとことで言うなら、単なる固有の形をしたマテリアルではない、アイデンティティや作家性を有するもの、魂のこもった創作物を指します。
徳信尊さんによる留ブラの原型がまさしくそれで、彼の一心不乱の仕事振りを目の当たりにするにつけ、この傑作を殺してはいけない、工業製品化にともなうデザイン上の合理化はけっしてあってはならないと思うのです。
『ヴィデオドローム』の肉塊のような銃を持つジェームス・ウッズに、完成した原型を手にとり慈しむ徳さんの姿がダブってしまう。
原型は徳さんのからだの一部であり、血を分けた子どもでもあります。
大袈裟ではなく、生気の失せた留ブラPROなど毛頭造る気はありません。
現在、マルシン工業さんで図面の書き直し中、予定より2ヵ月の遅れ。
こんな鉄砲のことを思い出しました + お宝?画像。_a0077842_1175212.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-05-10 01:31 | TV・映画・ビデオ
待望のマーク・ライデン作品の予約を募ります。
ついにやったー、という感じです。
カウンターカルチャー・アート誌HI-FRUCTOSEの紹介記事でしか触れる機会のなかったロウブロウアートの雄Mark Ryden初のソフビ製オブジェモチャ、YHWHの取り扱いが決まり、ひとりでも多くのコレクターさんへ確実にお届けするために急きょ予約を募ることにしました。
待望のマーク・ライデン作品の予約を募ります。_a0077842_952977.jpg

art by Mark Ryden

マークの絵を元にソフビ化計画がはじまったのは3年以上まえ。
メーカー2社の提案したプロトタイプがオミットされ、やっとNecessaries Toy Foundationでの製作が決まり、いまを迎える。
高さ17インチ(43センチ)の大型作品。
ネセサリーズ・トイとは、あの好評のうちに売り切れたFafiのメーカーだ、品質に間違いはない。
待望のマーク・ライデン作品の予約を募ります。_a0077842_9523829.jpg

photo by Brian McCarty

マーク・ライデンのプロフィールは下記のとおり。
1963年生まれ。オレゴン州メッドフォード出身。
カスタムカー・アーティストの父親とアートに造詣の深い母親のもと、4人兄弟とともに南カリフォルニアで育つ。
1987年にカリフォルニア州パサデナのArt Center College of Designを卒業。
アーティストの兄、KRK Rydenに影響を受け、画家として活動をはじめる。
当初は雑誌の表紙やレコードジャケットなどのポップアート・イラストレーターとして働き、Red Hot Chili Peppers、Butthole Surfers、Michael Jackson (Dangerous)等のジャケットを手がけた。
90年代に入ってからはファインアートに創作の中心をシフト、多くの熱烈なファンを持つようになる。
マーク作品のコレクターとしては、Stephen King、Leonardo DiCaprio、Patrick Leonard、Ringo Starr、Danny Elfman, Kirk Hammett、Paul Leary、Chris Carter、Don Was、Kidada Jones、Bridget Fonda、Henry Selik、Long Gone Johnたちセレブが名を連ねる。
残酷な童話というべきか、純粋さと恐怖を特有のタッチで綯い交ぜにしたマーク作品は、観る者の心を一瞬にして非日常へとジャンプさせてしまう。
現在、学生時代を過ごしたパサデナにあるお城のような自宅兼アトリエで、アンティークトイや民族彫像や骸骨などの奇妙なオブジェに囲まれて精力的に創作活動を続けている。
待望のマーク・ライデン作品の予約を募ります。_a0077842_1192563.jpg

package design by Mark Ryden

予約締め切りはおよそ24時間後の7月5日正午。
ご予約いただきましても、すべてのみなさんにお届けできないことが考えられます。
その場合は先着順となりますのでご了承ください。
ご予約はこちらから。

More: マイケル・ジャクソンのデンジャラス。
by tomenosuke_2006 | 2009-07-04 10:59 | 商店入荷新着情報
店主オススメの2008年度3大ハロウィンもの。
ここに紹介する品物の内、イマモチャ以外は当店取り扱い商品ではございませんので、どうしても欲しいって人はよそでお買い求めいただきたいと思います。

チョイマモチャの部
ジョン・ランディス監督のミュージックビデオ『スリラー』(1983年)でマイケル・ジャクソンが演じた青年とゾンビの2バージョン。
自称フィギュア業界のトップを目指すメーカー玩具番長の公式ライセンス商品、高さ各17センチ、うまく特徴をとらえている。
ニュース・バラエティで使われる政治家やスポーツ選手のディフォルメ人形を彷彿とさせて、モデルは外人でも、なんとはなしに日本的。
マクファーレンが真面目臭って作るより、ずっとヌケてるのがよろしい。
店主オススメの2008年度3大ハロウィンもの。_a0077842_013642.jpg
コスチュームの部
ゴーストバスターズ』(1984年)の戦闘服女性用。
自分もゴーストになってみたい、こんな子に退治されてみたいと謙虚な気持ちにさせてくれる逸品です。
日本で入手できるかは不明、eBayで見つけた。

イマモチャの部
ようはこいつの宣伝をしたかっただけなのかもしれない、10月19日(日) 午前0時発売のキッドロボット君15番、アンドリュー・ベル作のキッドリーパーだ。
まだ言ってなかったけれど、今度のはGID(夜光)仕様でガイコツが浮かび上がる。
で、下の画像はアンドリューのコンセプト画、黄色い部分が光る箇所というわけ。
ナイトメア・ダニーミス・ノーベンバーと同じ数だけ入って来るけれど、どこまで伸びるか楽しみだ。
店主オススメの2008年度3大ハロウィンもの。_a0077842_101717.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-10-14 01:00