タグ:Motomichi Nakamura ( 4 ) タグの人気記事
これがMotomichi NakamuraのK.である。
NYベースということだけれど、南米にいたかと思うとフランスのリールで展覧会に参加し、数日後にはベルリンでライブ・パフォーマンスを披露する。
Motomichi Nakamuraは世界を舞台に活躍する流浪のパフォーマンス・アーティストなのだ。
シンプルな線とほとんどベタで表現されたキャラクターたちは、プリントされ、アニメ化されて、ときにはマスプロデュース3D作品がこっそり売り出されたりもしてファンを楽しませてくれる。
2007年にモトミチさんの最初のオブジェモチャCHAZ & DAZを発売して以来、細く長くお付き合いさせてもらい、留之助主催の東北地方太平洋沖地震義援金キャンペーンTOYS HELP USでは2種類のシルクスクリーン・ポスターを旅先から送っていただいた。
そんな彼がギヤ・リング(極小の6個の歯車が回転するステンレス製のメカニカルな指輪)の発売元Kinekt Designブランドで発表したソフビ・フィギュアが、やっとこさ留之助でも販売できるようになったのだ。



原案は怪傑ゾロのような覆面を着けているように見えないでもない、モトミチさんがKinekt Designのために作ったイメージ・アニメ『fabriKation』の中のキャラクター、K.で、電子部品のコンポーネントという設定だ。
白っぽいブルーとグリーンのツートーンに、ひと目でモトミチ作品と分かるハーモニカのような口、高さ65ミリ x 幅80ミリの手のひらサイズで、胸にはメーカーのロゴがお行儀よくレイアウトされている。
こういうのって、3つぐらい並べて飾ると、ますますモトミチ・ワールドっていう感じ。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/15409641/
これがMotomichi NakamuraのK.である。_a0077842_14575635.jpg
K. is the very first designer vinyl Kinektible from Kinekt Design. Designed in collaboration with Motomichi Nakamura, K. was first introduced in their animated short "fabriKation." 
Aesthetically, the figure is composed of circular shapes to convey the idea of buttons, gears, light emitting diodes, and other electronic and mechanical components. He stands at a height of three inches and is available in a limited edition of 500 pieces. 
by tomenosuke_2006 | 2011-09-10 15:08 | 商店入荷新着情報
TOYS HELP US x Motomichi Nakamura.
ANDROID 8から発売されたCHAZ & DAZを留之助が取り扱うことになったのを機会に、作者のMotomichi Nakamura(モトミチ・ナカムラ)さんにメールでご挨拶したのは2007年。
そのあと1、2度、交信したっきりで、ご無沙汰していました。
ひさしぶりのメールは、だから3日まえに送ったTOYS HELP USへの協力要請で、モトミチさんはそれを移動中の南米で受け取り、さっそく手元にあったリミテッド・プリントにサインを入れて送ってくれることになったのでした。



海外での活躍が圧倒的に多いモトミチさんはきのうヨーロッパへ移動し、今週の金曜日からフランスのリールで開催される展覧会に参加されるとおっしゃってました。
http://www.fete-anim.com/spip.php?rubrique364
その後、ベルリンでもライブ・パフォーマンスの予定です。
http://berlin.pictoplasma.com/

Motomichi-san, We really appreciate your concern and support.
TOYS HELP US x Motomichi Nakamura._a0077842_17594884.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-03-17 18:02 | 留之助イベント
大事な新着モチャ、セールスするの忘れてた。
大事な新着モチャ、セールスするの忘れてた。_a0077842_1011224.jpg
数日前、新しい荷物が届いたって店長から教えられてたんだけれど、それの値段決めたり、入荷新着情報にアップすること、コロッと忘れてた、いかん。
まずは6月24日の記事で紹介したANDROID 8発モトミチ・ナカムラ作の不思議フィギュア、チャズ&ダズがやっと。
これ、(隠れ)モトミチ・アート・ファンのみなさんからのお問合せや予約が多く、入荷新着情報にアップするまえから残り僅少となってます。
さらに同じANDROID 8とUNKL BRANDのコラボによる傑作オクトポも再入荷しましたが、すみません、予約だけで完売しました。
再入荷の予定はございません、もうお問合せいただいてもムリです。
それより同じアンクル・ブランドのジュンポ買ってください、不人気で可哀相すぎます。
さて、あとはこれ、JAMUNGOのミニフィギュア爆裂人形シリーズです。
店主の好みなんかどーでもいいと思うし、店主の好きなものって、けっこう売れ残っちゃって需要と供給のバランスはなはだ悪いけど、あえていうなら数あるミニフィギュア中、テレビヘッドと同じくらいこの爆裂人形が好きっていうのがいまの心境だね。
っていうか、バフ・モンスターも好きだし、やっぱぜんぶ好きだからアトサキ考えず入れちゃうんだよね。

↓は、最近モトミチがアートしたホンコンの2階建てバスです。
NY在の日本人アーティストのこんな楽しい作品、生まれ故郷の日本ではお目にかかれないんでしょうか。
大事な新着モチャ、セールスするの忘れてた。_a0077842_1045273.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-08-22 10:46
モトミチ・ナカムラのCHAZ & DAZをやっと。
モトミチ・ナカムラのCHAZ & DAZをやっと。_a0077842_20314849.jpg
店主の怠慢と勉強不足をさらすようでお恥ずかしい限りっていうより、Motomichi Nakamuraに失礼な気がしてしまう。
今年2月のNYCCに登場した、本当ならもうとっくに留之助にならんでなきゃならない不思議オブジェモチャのChaz & Daz。
作者がNY在の日本人アーティストさんで、名前をモトミチ・ナカムラっていうこと、NYCCをレポートしたWEBニュースではじめて知った。
ハーモニカのような口元の、立体なのに二次元的な、一見控え目なシルエットを装った、けれどじつに存在感大な二人組。
脚を大きく広げて座っているのがチャズ(高さ11cm)で、手を広げて立ってるのがダズ(高さ15cm)っていうらしい。
微妙にヘアスタイル(っていっていいのかしら)や服装も異なり、黒と白と赤の配色申し分なく、これまた同じ色合いのパッケージ(幅34cm x 高さ20cm x 厚み9cm)はどこから見てもアート。
留之助でも取り扱いのあるブライアン・テイラーのラストボーイやUNKL BRANDのオクトポを出してるANDROID 8から発売になると知り、中をとりもつアメリカのディーラーさんにリクエストしてたんだけれど、やっとこの度、入荷することになった、遅過ぎ?
モトミチ・ナカムラのCHAZ & DAZをやっと。_a0077842_11455868.jpg
MOMAでデジタルアート展でも観ているような気分にさせられるモトミチの丹念に作り込まれたサイトで、おかしくって怖い、かわいい絵本のようでいて残酷な、絵とデシタルアニメとカスタムトイの数々を総覧できる。
MTVのオンライン・ゲームのキャラをデザインしたり、NTT DoCoMoの壁紙やアニメの仕事もしてたんだね。
店主、深読みかな、それともいままでの罪深き行状のせいなのか、モトミチ作品に“生と死”とか、“死後の世界”とか、“49日の冥土の旅”など連想しちゃって、彼の描くモンスターたちが三途の川の鬼やら、その先で待ち受ける閻魔大王に見えてきた、でもやっぱり愛くるしくて好き。
チャズとダズだけじゃなくって、もっとモトミチを欲しくなりサイトのショップでシルクスクリーン2点を注文。
細い白木のフレームに入れて、こいつはもうじき改装工事が終わる高山の家の仕事場に真っ先に飾ることにしましょ。
モトミチにお願い、モンスター・シリーズのどれか、サイトのWORK→PAINTING & MORE→ Monster Seriesの1番上とか、上から3番目や4番目を畳一畳ぐらいの大きなシルクスクリーンにして売り出してほしい、絶対買うから。
モトミチ・ナカムラのCHAZ & DAZをやっと。_a0077842_11463449.jpg

モトミチのサイトで発売中のシルクスクリーン作品、赤い"Dream Texture 11 "。
黒い"Dream Texture 05"もある。


by tomenosuke_2006 | 2007-06-24 11:57