タグ:NYCC 2010 ( 12 ) タグの人気記事
土曜のミッドナイトは夜光マリアの番でございます。
数あるスーパーマリアのうちでも、これが最初のGID。
NYCC 2010会場以外、一般販売されるのは世界広しといえども留之助商店だけ。
S.Maria Glow in the Dark Pink(スーパ・マリア・GID・ピンク)30個限定のうちの8個、11月6日(土)深夜24時です。
土曜のミッドナイトは夜光マリアの番でございます。_a0077842_0543100.jpg
ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/13578906/

More: 最近、箱の把手は折り畳んで来ます。
by tomenosuke_2006 | 2010-11-05 23:49 | MIDNIGHT SALE
毎夜、NYCCモチャでお騒がせしてすみません。
めったにないことなんですが、じつは店主、先々週のニューヨーク・トリップで時差ボケちゃって、ずっといまも深夜を回るころからモリモリ元気になってしまう。
ので、NYCCモチャの発売も非常識な時間帯となり、みなさまには大変ご迷惑をおかけしています。
で、今夜も準備が整い次第、myplasticheartのブースでお友だち価格で仕入れてきたadfuntureの2種、Nate Van Dyke(ネイト・ヴァン・ダイク)の新作The Last SamuraiとオランダのアーティストParra(パラ)のThe Prostituteを発売します。
そのあと日を改めて(諸事情で明後日以降)、Andrew Bell(アンドリュー・ベル)のレジン・フィギュアGlop in the Boxや、コメント欄からお問い合わせもいただいているJeff SotoThe Deekを発売する予定です。
毎夜、NYCCモチャでお騒がせしてすみません。_a0077842_1203347.jpg
本当はひとつ自分用にキープしておきたかったプロスティチュートですが、開店以来、そんなふうに家へ持ち帰っていたオブジェモチャで8畳間がパンパンになってしまったため、ここは歯を食いしばって自重、榎本店長が撮ってくれた画像を見ながら別れを惜しみたいと思います。
毎夜、NYCCモチャでお騒がせしてすみません。_a0077842_181853.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-10-18 01:24 | 商店入荷新着情報
NYCC 2010限定モチャ、じょじょに発売。
卸値で仕入れたモノ、お友だち価格で分けてもらったモノ、定価で買ったモノなど、きょうからいろいろ留之助オンライン入荷新着情報に並べていきます。
まずはRAJE Toysのミスター・ブレイン・スペシャル・カラーあたりから。
で、その収益はNYで贅沢した1週間分の食事代に充当させていただけたらと思っています、下世話な話で失礼。
NYCC 2010限定モチャ、じょじょに発売。_a0077842_2375226.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-10-16 02:47 | 商店入荷新着情報
NYCC 2010現地リポート-5/いちばんの注目株MPH。
マンハッタンのローアー・イースト・サイドにある小さなショップmyplasticheart (MPH)のブースがいちばん熱かった。
6年前に創業して以来、kidorobotをはじめメーカー各社の公認ショップとして力をつけながら、気鋭のアーティストたちの作品展やカスタムショーを積極的に主催したり、去年からはMPH LABSブランドでオリジナル・モチャを製造販売、いまではアメリカでもっともパワフルな専門店に成長した。
オーナーはVincent(ビンセント/下の画像)、2年前のNYでkaNOに紹介されて以来、仲良くさせてもらっている。
そんなオリジナルとメーカー各社の新製品が所狭しと並ぶブースでは、連日、アーティストたちのサイン会が開催され、人だかりが絶えることはなかった。
NYCC 2010現地リポート-5/いちばんの注目株MPH。_a0077842_15201.jpg
プレミアムトイの生産数を絞り込み、自社のサイトでのみ販売するようになったadfuntureからも、ビンセントのネットワークのなせるワザだろう、すべての新作が届けられていた。
ペイデイ・チンプに次ぐNate Van Dyke(ネイト・ヴァン・ダイク)の新作The Last SamuraiとオランダのアーティストParra(パラ)のThe Prostituteは、もちろん特別価格でゲットしました。
NYCC 2010現地リポート-5/いちばんの注目株MPH。_a0077842_2183985.jpg
NYCC 2010現地リポート-5/いちばんの注目株MPH。_a0077842_323739.jpg
既報のBrandt Peters(ブラント・ピータース)とKathie Olivas(キャシー・オリヴァス)共作のIndigo Fade Mini SkelveもMPHブースで販売され、さらにふたりのサイン会が8日(金)と9日(土)の2日間にわたり開催された。
(ちなみにインディゴ・フェード・ミニ・スケルヴはブラントが直接留之助に送ってくれます)
もちろんMPH LABSの新製品もNYCC 2010に合わせて用意された。
Andrew Bell(アンドリュー・ベル)とのコラボによるたった30個限定のレジン・フィギュア、Glop in the Boxだ。
箱の中から変な生き物がニョッコリと顔を出す、アンベル・ファンにはたまらない新作はノーマル版が20個と汚しの入れられたものが10個売り出され、発売初日に売り切れた。
けれども、もちろんビンセントの計らいで留之助分は確保済みなのだった。
NYCC 2010現地リポート-5/いちばんの注目株MPH。_a0077842_313322.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-10-12 23:59
NYCC 2010現地リポート-4/ToyQube。
ToyQubeではお約束のふたつのモチャをピックアップする。
NYCC 2010会場と、あとはクイーズの中華街フラッシング(37-06 Prince Street, Flushing, NY 11354 )にある彼らのショップとオンラインでしか売らない、つまり普通には卸売りしない新作2種を、送ってもらうより、現地でさっさと精算して持ち帰った方が早いから。
というのもオーナー&デザイナーのKeith Poon(キース・プーン/左端)って、ムリを利いてくれるいい人なんだけれど、事務処理がゆっくりすぎるのが玉にキズなんだよね。
NYCC 2010現地リポート-4/ToyQube。_a0077842_20533297.jpg
NYCC 2010現地リポート-4/ToyQube。_a0077842_455129.jpg
キースとはSDCC 2009以来、ToyQubeファミリーとは2年ぶりの再会である。
ベビー・シャーキーは吊り目のブラック(150個限定)のほかに、垂れ目のグレイ(150個限定)も作られていて、荷物が倍になってしまった。
一方、“十二神話”と命名された十二支シリーズの第1弾、ドラゴン・ウォーリア(50個限定)は、その独特のオリエンタリズムで西欧人のウケがすこぶるよく、キースから3つまでなら回せると言われたのだった。
とにかく商売繁盛でおめでとう。
NYCC 2010現地リポート-4/ToyQube。_a0077842_21365643.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-10-11 23:59 | ToyQube 新製品情報
NYCC 2010現地リポート-3/Ayaさんとツーショット。
RAJE Toysの並びにkidrobotブースがあり、コンベンション初日の午後3時から5時まで2Tone Dunny seriesの参加アーティスト、Chuckboy(左)とPon(中央)とAya Kakedaさん(右)による合同サイン会が開催されたました。
NYCC 2010現地リポート-3/Ayaさんとツーショット。 _a0077842_0335993.jpg
ちょうど同じ時間帯に別の打ち合わせで会場を離れていたため、帰り着いたのはサイン会もお開きになる5時直前。
なんとかAyaさんと2年ぶりに再開を果たし、記念撮影したり、お茶したり、留之助とのコラボプロジェクトについてお話したりで、楽しい時間を過ごさせていただきました。
相変わらず美女の前では緊張のあまり緑に変身する店主であります。
NYCC 2010現地リポート-3/Ayaさんとツーショット。 _a0077842_057312.jpg
注)このポストで使用した画像はAyaさんのデジカメで撮影されたものです。
by tomenosuke_2006 | 2010-10-10 23:59
NYCC 2010現地リポート-2/RAJE Toys。
NYCC 2010現地リポート-2/RAJE Toys。 _a0077842_18143531.jpg
Steven Miller(スティーブン・ミラー/下の画像中央)から、NYCC 2010記念75個限定の完全予約制ドクター・ブレインを留之助用に数個用意しているとメールをもらっていたし、イギリスのメーカーRAJE Toysのブースを次に訪ねた。
スティーブンとはkidrobot USAの商品開発部門の元辣腕メンバーで、KRがNYからコロラド州ボーダーへ本拠を移したのを機にフリーランスとなり、RAJE ToysのUSAレップとして旗揚げに一役買った人物だ。
そんなスティーブンからは今月下旬当店に入荷するDoktor AのG.N.O.M.E.(ノーム)と、11月上旬に出荷されるPatricio Oliver(パトリシオ・オリバー)のTenebrae(テネブレ)が見られるとも聞いていた。
NYCC 2010現地リポート-2/RAJE Toys。 _a0077842_18145634.jpg
ブースでは、なんとRAJE Toysの製品開発ディレクターでありドクター・ブレインの生みの親Jim Freckingham(ジム・フレッキンハム/左)が接客に追われているじゃないか。
よく見ればテネブレの作者パトリシオ・オリバーことPO(ピーオー/右)もいっしょだ。
なら、ゆかりのモチャやポスターにサインを入れてもらおう。
もちろんドクター・ブレインの胴体をプラットホームに使うというコンセプト・シリーズの新作、ノームやテネブレも手に取りしっかりチェックさせてもらった。
新興メーカーが社運を賭けて作り上げた入魂の作だけのことはある、挑戦的で元気ハツラツ、大いに手応えを感じたのだった。
NYCC 2010現地リポート-2/RAJE Toys。 _a0077842_1856082.jpg
ひとことで言えば、ズッシリ。
どちらもドクター・ブレインに付け足す新造の主要パーツにムクのレジンを採用し、結果、重量感たっぷりに仕上がっているのだ。
まるでカスタム・トイのような精密さと風格を兼ね備えた傑作。
さらにドクター・ブレインのいささか心許なかった箱とは比べものにならない大きなパッケージが用意され、しかもこれまで以上に入念なアートワークが施されて、フィギュアは発泡スチロールでがっつりサンドイッチされる、けれどお値段据え置き。
RAJE Toysは品質の高さと良心的な価格設定でオブジェモチャ界の台風の目になるに違いない。
NYCC 2010現地リポート-2/RAJE Toys。 _a0077842_19453476.jpg
注)このポストで使用した画像は話や見物に夢中になってしまう店主の代わりに、NYで写真家をしている友人藤城直也さんに撮ってもらいました。
by tomenosuke_2006 | 2010-10-09 23:59
NYCC 2010に来ています。
NYCC 2010に来ています。_a0077842_1692230.jpg
SDCCは肥大化しすぎて、連日イモを洗うような猛通勤ラッシュ状態は、オブジェモチャ関係のブースをほんの数軒だけ覗きたい老齢の店主には、荷が重過ぎるどころか、もはや拷問である。
なので、今年から行くのはやめた。
代わりに浮上したのがNYCCだ、なんといっても規模がほどよい。
しかもお目当てのディーラーやアーティストがTHE CULTYARDという一画に固められているから、人垣をかき分け這いずり回る必要が一切ない。
半年前にはオンラインでチケットを購入し、航空券はJALのマイレージを使ってエグゼクティブ・クラスにアップグレード、噂のブティックホテルEventi A Kimpton Hotelを予約して、万全の態勢でNYに向かったのだった。
NYCC 2010に来ています。_a0077842_16253539.jpg
開会前日のお昼前にNY着、Gotham Bar and Grillでランチしたりで、おのぼりさん気分全開だ。
オータム・イン・ニューヨークな半日を有意義に過ごし、時差ボケもなく10月8日金曜日、NYCC 2010の初日を迎えたのだった。
会場はハドソン川沿いのThe Jacob K. Javits Convention Center。
ちょっと出遅れたかなと心配しながら開場1時間前に到着すると、なんとのどかな佇まいに目を疑った。
日射病や熱中症に脅えながら長蛇の例に加わったSDCCがまるでウソのようだ、和やかな雰囲気の中でネックストラップに結ばれた入場プレートを手渡され、本開場の入り口に向かう。
NYCC 2010に来ています。_a0077842_1658188.jpg
と、超巨大な倉庫のような駐車場のような、まだ内装工事が終わっていない別のホールに通されて、はじめて表の静寂に納得がいった。
参加者はいったんここに集められ、整然と本開場に向かう仕組みなのだ。
長蛇の列は、けれど淀みなく前進し、午後1時の開場から3、40分遅れで店主はCULTYARDにいたのだった。
真っ先に向かったのはErick Scarecrow(エリック・スケアクロー)のESC-TOYブース。
NYCC 2010限定のふたつのモチャ、プリティボーイ・ドラマチック・バスタードスーパ・マリア・GID・ピンクは、留之助分を除いてとうに売り切れていた。
というわけでESC-TOYのメンバーでエキゾチック美人(下の画像)をご紹介しよう。
エリックの妹のクリスティーンちゃんである。
NYCC 2010に来ています。_a0077842_1817490.jpg


More: ESC-TOYブース。
by tomenosuke_2006 | 2010-10-08 23:59 | 商店入荷新着情報
NYCC 2010限定ミニ・スケルブ、確保しました。
NYCC 2010のmyplasticheartのブースでBrandt Peters(ブラント・ピータース)とKathie Olivas(キャシー・オリヴァス)夫妻を招いて開催されるサイン会の目玉がスケルブの新作、Indigo Fade Mini Skelve、50個限定だ。
ツルンとした藍色のからだに手塗りで仕上げたスカルがくっつく、いままでにない味わい、これも欲しい。
で、いつものようにブラントにお願いして、留之助用を数個、よけといてもらいました。
おっとそれから、Dragon Con限定のクリス・ライニャックのカスタム・スケルブプラズマ・スケルブも、そのうち届く予定。
ブラントによると、なんでもライニャック・スケルブのバランスがやや悪く、ちょっと改良中だとか。
きっとまとめて送られてくると思うけれど、その便には新ミニ・スケルブと同じ藍色のジャック・アンド・ラッキーも同梱されるはずなので、楽しみにお待ちを。
NYCC 2010限定ミニ・スケルブ、確保しました。_a0077842_17364356.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-10-06 17:39
RAJE Toys、最近の話題。
あらかじめオンラインショップで予約し、NYCC 2010の彼らのブースで受け取る式のドクター・ブレイン・NYCC限定とか、先着100名に無料で配られるポスター(下の画像)とか、なにかと飛騨高山にいては入手困難なRAJE Toysモノだけれど、今後の予定はというと。
RAJE Toys、最近の話題。_a0077842_9405872.jpg
遅れていたDoktor AG.N.O.M.E.(ノーム)の出荷が10月中旬に決定した。
そのあとすぐ、11月中旬にはシリーズ第3弾、Patricio Oliver(PO=パトリシオ・オリバー)のTenebrae(テネブレ)も届きそうだ。
意表を突かれたのはテレブレのArgent Paladin(アラザン・パラディン=銀白の騎士)の腕がクリアでできていること、一段と惚れなおしました。
で、留之助では単品販売のほかに、プレゼント付きRuby Paladin(ルビー・パラディン=深紅色の騎士)との2個セットなども計画中です。
注)画像右下がドクター・ブレイン・NYCC限定のイメージ・イラスト。
RAJE Toys、最近の話題。_a0077842_1043436.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-09-29 10:53