タグ:Philip Lee ( 6 ) タグの人気記事
クラシックボット・クラシックのブラック版が入荷してます
BACK IN STOCK: Classicbot Classic Black by Philip Lee

2ヶ月まえ、iBot G3といっしょに届いたんですが、オンラインで発売するまえにギャラリーを訪ねてくれたヘビーユーザーさんとお連れのみなさんに買い占められ、あわてて再発注かけたのがブラックボディのクラシックボットです。
本日、やっと再入荷しました。
クラシックボットの元ネタになったMacintosh Classicは、実際のところ、黒の筐体は作られませんでしたが、その後、2種類の個性的な黒い一体型Macが発売されたのはご存知ですか。
2台とも、いまでも倉庫の奥にあるはずなんですが。
ひとつは1993年に1万台のみ作られた日本未発売のMacintosh TVで、アメリカから個人輸入しました。
CD-ROMドライブがビルドインされた最初の一体型Macintosh LC 520と同じかたちの筐体で、TVチューナー・カードを内蔵し、キーボードもマウスも黒という極め付きの特別仕様でした。
が、いかんせん日本のTVの周波数域がアメリカのそれとは異なるため、TVとしては使い物にならず、しばらくCDプレーヤーやゲーム機として遊んだあとは箱に戻してしまったのでした。
もうひとつは1996年に日本でも発売されたTVチューナー・カード内蔵のMacintosh Performa 5440
これは使い出がありました。
コンシュマー向け一体型Macとして1994年から作られてきたPerformaシリーズですが、1998年はじめ、この5440を最後に生産終了し、そうです、Appleに復帰したスティーブ・ジョブスが同年8月に発表したiMacに取って代わられたのでした。
話が横道にそれちゃいましたが、ようするに「特別なMac = 黒の筐体」というイメージはこうして定着し、いまではフルスペックにカスタマイズすると150万円もするiMac Proへと受け継がれているのです。
そんな特別感漂うクラシックボット・クラシックのブラック版はいかがですか、と、そういうお話。
よろしくお願いします。

ご注文はこちらから→https://tomenosuke.stores.jp/
a0077842_14043879.jpg

by tomenosuke_2006 | 2019-07-11 23:10 | PCモチャ
iBot G3、入荷します
iBot G3 from Classicbot

香港のオールドMacファン、フィリップ・リーが立ち上げたブランドClassicbotの最新作、iMac G3、じゃなかった、iBot G3が入荷します。
あのセンセーショナルなデビューから、かれこれ20年以上もたつんですね。
初代iMacが発売されたのは、1998年8月15日でした。
15インチCRT搭載の一体型筐体をはじめ、キーボード、マウス、電源ケーブルにいたるまでカラフルでスケルトンでオモチャっぽくもあり、パソコンの概念を根底から塗り変えました。
Appleに戻ったスティーブ・ジョブズの元で、ジョナサン・アイブがデザインした最初のコンピュータがiMac G3だったのです。
ま、本体にマッチさせるべくデザインされた付属の丸いマウスと短いケーブルにはイライラさせられることもありましたが、とにかくパソコンのある風景が明るく一変したのは確かです。
iMac G3を部屋に置きたくてパソコンをはじめたなんていう人も、大勢いたように記憶しています。
パソコンと人の距離が、iMac G3で圧倒的に縮んだのでした。
a0077842_19515621.jpg
で、iBot G3なんですが、本体の高さ8センチというサイズのわりには侮れない作り込みようで、iMac G3のユーザーだった人なら心底驚かされること必至です。
半透明のプラスチックで成型されて、カラーリングから特徴的な曲線まで忠実に再現されています。
さらにCRT、イーサネット接続ポート、底部の換気ファンさえも半透明の筐体を透かして見えるのです。
前作のクラシックボット・クラシック同様、手足はマグネット内蔵で着脱可、ミニ・iMac G3にトランスフォーメーションします。
いまのところボンダイ・ブルーとタンジェリン・オレンジ(なんて懐かしい呼び名でしょう)の2色が作られ、どちらもタップリ入荷の予定です。
楽しみにお待ちくださいね。
a0077842_00232539.jpg
ところで最近は、huluで毎週土曜日配信の『ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心』にハマってます。
1980年代はじめのパソコン革命を架空の企業の視点で描くヒューマンドラマ(huluの番組紹介文を引用)で、パソコン史的には辻褄が合わない点も多々あるのですが、細かいことはそこらにうっちゃって、大いに楽しめます。
2014年にスタートしたシリーズで、4シーズン全10話ずつ製作され、アメリカでは去年完結したといいますが、現在huluではシーズン1の第9話まで観られます。
で、最新第9話のエンディングがこれまたシビれました。
世界初のポータブルPCを開発していた主人公たちの前に、思いもかけない伏兵が現れるのです。
それが、世界を変えた1体型パソコンiMac G3の先祖、マッキントッシュ・クラシック(クラシックボット・クラシックの元ネタ)の、そのまたルーツのMacintoshの名前が使われた最初のコンパクトMac、マッキントッシュ128Kなのです。
メーンキャストのひとりで天才プログラマーを演じるのが、『ブレードランナー2049』で娼婦を演じたマッケンジー・デイヴィスというのも、このシリーズにハマった原因のひとつかも。
もう、今度の土曜日が待ち遠しくてしかたありません。


by tomenosuke_2006 | 2019-03-03 12:23 | PCモチャ
トラッシュボット・アンド・フレンズ、入荷
JUST ARIVED: Trashbot and Friends by Philip Lee

近日入荷と言っておきながら、実際の発売までに丸っと7ヵ月もかかってしまいました。
クラシックボット・クラシックの新しい仲間、トラッシュボット・アンド・フレンズが入荷です。
でもこのモノクロ・アイコンをモチーフのオブジェモチャに懐かしさを感じる人って、けっこうなお年寄り?
相当長いMacの愛好家でしょうね。

ご注文はこちらから→https://goo.gl/PhftWR
a0077842_23480327.jpg

by tomenosuke_2006 | 2018-11-24 23:44 | PCモチャ
クラシックボットの新しい仲間、近日入荷
COMING SOON: Trashbot and Friends by Philip Lee

Mac OSのことを"漢字Talk"なんていっていた90年代のころから、APPLE PCを使っていた人には、とくに懐かしいのではないでしょうか。
今年の初荷だったと思います、元旦に発売すると同時に注文が殺到したクラシックボット・クラシックの新しい仲間が入荷するのです。
その名もトラッシュボット・アンド・フレンズ。
ゴミ箱をはじめ、メールやフロッピーディスクやフォルダや、あのシステムエラー発生時に表示された憎っくき爆弾マークなど、むかしのMacのデスクトップを飾った8ビットの代表的アイコンを、クラシックボット・クラシックの作者、フィリップ・リーが本物のデスクトップ・アクセサリーにしてしまったのです。
中でもゴミ箱のクラッシュボットは、蓋を開けるとペン立てにもなる働き者。
入荷を楽しみにお待ちくださいね。
a0077842_00055093.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2018-04-17 23:59 | PCモチャ
新春第1弾はこれ、クラシックボット・クラシック
NOW ON SALE: Classicbot Classic by Philip Lee

2017-11-07のブログで紹介のMacintosh Classicなフィギュア、クラシックボット・クラシックの発売で、2018年はスタートです。
お求めはTomenosuke Storesで、売り切れの節は入荷新着情報からご予約ください。

ご注文はこちらから→https://goo.gl/QKpo8U
ご予約はこちらから→https://goo.gl/i2bz3g
a0077842_20053066.jpg

by tomenosuke_2006 | 2018-01-01 20:36 | PCモチャ
クラシックボットのクラシック、近日入荷
COMING SOON: Classicbot Classic by Philip Lee
a0077842_22412058.jpg
こういうモチャが出たりすると、ついあの頃を思い出してしまうわけです。
留之助商店を開業する前なので、かれこれ12、3年?
いや、もっと昔でしょうか。
最初期のMacintoshをはじめ、SEやClassicやColor Classicなど、一体型コンパクトMacが可愛すぎて手放せず、アメリカからデッドストックの筐体を取り寄せたり、秋葉原でドーピング用のパーツを仕入れたりして、レストアするのに夢中になった時期がありました。
まだオブジェモチャに巡り会うまえ、リチャード・コイルさんのレジン製ブラスターに感激していたような時代でした。
というわけで、昔日を思い出しつつ、ご紹介させていただきます。
香港のオールドMacファン、フィリップ・リーが立ち上げたブランドクラシックボットの第1回作品"クラシック"。
第3世代のコンパクトMacのクラシックをモチーフに、ABS樹脂でミニチュア・モデル化(本体の高さ10センチ)。
腕は磁石内臓で着脱可能、足は本体底の穴に軸を差し込む仕様です。
フォントスーツケースと角形マウスボットのほか、完璧な外観に仕上げるためのロゴステッカーも付属します。
この後も、iMac G3風も計画されているようで、目が離せません。
入荷を楽しみにお待ちくださいね。
a0077842_22331418.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2017-11-07 22:43 | PCモチャ