タグ:SDCC 2009 ( 34 ) タグの人気記事
突然、来るから、気をつけて。
夏のSDCC2009でMark Landwehrの3色のPAW!が各色50個限定で発売されたのは周知のことかと思う。
懇意にしているオブジェモチャ専門ディストリビューターのブースで、留之助チームが現地を去ったあとの週末に日替りで抽選販売されたから、現物を見ることもかなわず、なんとか1個ずつ横流ししてくれないかと頼んではみたものの、まだ品物が届いていないからと、やんわり断られてしまった。
eBayで一時は1個600ドル以上で落札されたSDCC2009限定、最近落ち着いたといっても依然定価の倍の450〜500ドルぐらいをキープしている。
それが突然、くだんのディストリビューターから予告もなしに1個ずつ送られてきたのだ、しかも発売時の値段のままで。
突然、来るから、気をつけて。_a0077842_21221910.jpg
去年11月、最初のPAW!を発売した際、カウントミスで店主の分まで注文を受けてしまい、以来、集めるのはきっぱりあきらめて、かわりに仕入れて売るだけはコンプリートしたいと心に決めて、7月中旬には台北まで出かけたくらい、ついにこれで目的達成だ。
ご存知の方もおいでかと思いますが、留之助では定価での輸入品は特別な場合をのぞき、20%の手数料に取り寄せ送料と関税を加算して販売することにしています、なのでけっこう値ごろではないかと。
パープルとイエローとブルーのPAW!、アメリカから突然届けられたように、留之助でも近日、突然売り出す予定です。
突然、来るから、気をつけて。_a0077842_21373674.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-10-01 00:26 | 商店入荷新着情報
デカ・スーパ・マリアも登場のエリック・インタビューをチェック。
オブジェモチャを中心にロウブロウ・アートなあらゆる情報を発信しているアメリカのSpanky Stokes.comにSDCC2009で撮られたErick Scarecrowへのインタビューがアップされている、要チェック。
冒頭にはエリックに抱えられて高さ18インチ(46センチ)のスーパ・マリアも登場する。
この大物、アメリカのディストリビューターを通じて世界配給されるか、エリックのESC-TOY直販になるかは未定、発売日もいまのところ未定、確かなのは商品化の際は世界最速で留之助商店に並ぶということぐらいだね。
それと、LA&SDCC遠征直前にエリックから教えられながら、ついお知らせするのを忘れていたPS3のゲーム・キャラのソフビ化についても言及している。
とにかくエリックの明るい笑顔に触れてください。
デカ・スーパ・マリアも登場のエリック・インタビューをチェック。_a0077842_15414376.jpg
デカ・スーパ・マリアも登場のエリック・インタビューをチェック。_a0077842_18165159.jpg
ビデオゲーム方面の情報にまったく疎い店主は、関連モチャらしきモノが出たりすると、まずは中学生の息子や店長に教えを乞う。
エリックからPS3の新作ゲームUNCHARTED2の主人公をソフビ化するという内容のメールが届いたときもそう、まずはふたりに聞いてみるが、あまり馴染みがないらしくコミコン会場のPlay Stationブースでようやく全体像をつかんだ次第。
トレジャーハンターNathan Drakeが活躍するアクションアドベンチャーがアンチャーテッド、その日本語版パート2の黄金刀と消えた船団は10月15日に発売される。
デカ・スーパ・マリアも登場のエリック・インタビューをチェック。_a0077842_18284775.jpg
デカ・スーパ・マリアも登場のエリック・インタビューをチェック。_a0077842_1829545.jpg
デモムービーなどを見る限り、エリックによるタフガイの主人公ネイザン・ドレイクの解釈はやりすぎなほどに自由奔放、果たしてこれがどんなふうに立体化されるのか興味津々なのだった。
デカ・スーパ・マリアも登場のエリック・インタビューをチェック。_a0077842_18571756.jpg
エリックの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Erick+Scarecrow/
エリックの書店在庫をチェック→http://tomeshoten.exblog.jp/tags/Erick+Scarecrow/
by tomenosuke_2006 | 2009-08-21 19:00
スーパ・マリア・サンドボックスの夜。
今夜0時は、SDCC2009で発売されたコミコン限定Soopa Maria SandboxのAP(アーティストプルーフ)版6個の発売です。
前々回、レジン製フィギュアの一部が割れて届いたため、その後、梱包がいっそう厳重に、したがってやたら大きなサイズの箱で送られてくるようになったため、送料もアップしてしまいました。
Soopa Maria Soopette AP版より、金壱阡円也、高くなりますがご了承ください。
また、当ブログで事前予告なしにヘッドフォーニーズ・シリーズ・2キラ・インスティンクト・トライバルなどを売り出し、その一部が早い時期にSOLD OUTになってしまいました。
たまにはこーゆーこともございます、ご容赦ください。
スーパ・マリア・サンドボックスの夜。_a0077842_1736560.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-08-18 17:36 | 商店入荷新着情報
もちろんコミコン限定のスーパ・マリア、温存してます。
Erick ScarecrowデザインのレジンフィギュアSoopa Mariaの新色Sandbox SDCC2009 Exclusiveが、コミコンのDKEブースで7月24日(金)と25日(土)の2回に分けて10個ずつ抽選販売され、同時にエリックのサイン会が賑々しく催された。
あいにく留之助ファミリーは24日が帰国日だったため、前日23日に会場入りしたエリックとは立ち話をした程度、けれど商談の最終確認は怠らない。
会場販売用の20個のほかに、特別に10個作られたアーティストプルーフのうちの7個を、コミコンのあとで送ってもらう手はずについてだ。
もちろんコミコン限定のスーパ・マリア、温存してます。_a0077842_04462.jpg
ひと足早い秋の訪れを感じさせてくれるアースカラーの新スーパ・マリア、いままでとはちょっとちがうシックで落ち着いた雰囲気を漂わせていますね。
名前のサンドボックスとはこどもが遊ぶ砂場のこと、砂遊びをイメージしたコーディネートといったところでしょうか。
童心に帰るマリアです、もうじき届く7個のうちの6個を来週19日(水)午前0時に発売予定。
もちろんコミコン限定のスーパ・マリア、温存してます。_a0077842_0322298.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-08-14 00:49
お昼ごろ売り出すレアな子たちです。
左のKathie Olivas作Two Faced Hazel EU version(200個限定)と、その右隣のDoktor A作Stephan Le Podd VTN Exclusive(100個限定)は、絶版となって久しいスーパーレアなふたりです。
黄緑色の園児服と赤のトルコ帽は入手困難の目印、この色に条件反射的にそそられる人もいらっしゃるのでは、各1個ずつの発売です。
右のツーフェイス・ヘーゼル(200個限定)とその左隣のスティーブン・レポッド(150個限定)はどちらも最新のSDCC2009 Exclusive、既報のとおり各2個ずつの発売です。
正直なところ、ベタ塗りのSLPは見るまで大丈夫かい(?)と懐疑的だったけれど、現物を手にすると、この異色さに見とれる。
まるでDoktor Aのハイコン画から飛び出してきたようでもあり、SLPのこれがルーツとさえ思えてくるではないですか、付属の3種の帽子はどれをかぶらせてもお似合い。
かたやモクロームなヘーゼル、単に墨色の濃淡で塗り分けるのではなく、微妙に色を加えているからだと思われる、繊細で柔らかな印象しきり。
白黒映画をカラーTVで観るような、カラー映画を白黒TVで観るといってもいいかも、とにかくグレースケールではないCMYKなモノクロ仕上げに、MINDstyleのさすがを感じる。
きょう(8月13日)のお昼ごろ、留之助オンラインに並べます。
お昼ごろ売り出すレアな子たちです。_a0077842_81334100.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-08-13 08:15 | 商店入荷新着情報
ウサギの最高峰は、これに決まりでしょう。
もしかしたらこれは、ミニ、5インチ、10インチ、ソフビ、ヌイグルミ、スモーキン、マスタッシュ等々、カスタム以外の何もかもいっしょくたにしたコジック・ラビットの中でも最高峰に位置するウサギかもしれない。
Amanda Visellとのコラボ作品と銘打ち、SDCC 2009のキッドロボット・ブースで300個だけ発売されたウッドラビット、コジックさんを軽く跳び越え、どこから見てもアマンダ・ワールドのなにものでもない。
木彫りから芽が吹き、葉が生えて、いまも成長しつづけるラビット、ウッド・オブ・ザ・リビングラビット。
留之助ファミリーが去ったあと、ウチのバイヤーさんががんばって手に入れてくれた2個がやっと届いた、で、これから売り出します。
けど、どーしても高くなってしまいますので、ごムリなさらずに。
ウサギの最高峰は、これに決まりでしょう。_a0077842_15132080.jpg


More: 赤いオノは取り外し自在です。
by tomenosuke_2006 | 2009-08-12 15:20 | 商店入荷新着情報
お品代40万円に木枠梱包料4万円と実費送料がかかります。
留之助商店では取り扱いのない大人のカイジュウプロジェクトですが、その中でもKozikさんがデザインした、ひときわコッケーな、正装SALARI-IKA。
その成人大サイズをSDCC 2009で見て、大きいのがやみくもに好きな店主は、お葬式の受付の脇にでも立たせれば涙を誘うだろうか、故人を偲んでもらえるかもしれない、これなら使い道がきっとあると思ったのだった。
お品代40万円に木枠梱包料4万円と実費送料がかかります。_a0077842_5512664.jpg
サラリーイカが手にするのは本物のアタッシュケース、限定25個の受注生産で製作に6〜8週間ほどかかります。
ご購入希望のカイジュウ・コレクターさん、コジック・ファンさんがいらっしゃいましたら、ご遠慮なくお申し付けください。
責任を持ってお取り次ぎさせていただきます。
お品代40万円に木枠梱包料4万円と実費送料がかかります。_a0077842_634459.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-08-10 06:17
売り切れご免、1点ずつしかございません。
コミコンから持ち帰ったスーモディ(Supermodifiedstudios)の木製ハンドメイド・エコロボ、MOD:2、ぜんぶで4色4個、これより発売いたします。
数が少ないところへ持ってきて、お問い合わせがことのほか多く、接客担当の榎本店長もどーしていいか分からずに頭を抱えておりましたので、あまりお客さまとは触れ合うことのない、そーいう意味では義理人情のしがらみほとんど皆無の愚拙店主の一存で、抜き打ち販売を決行することにいたしました。
タイミングよく発売を知った人優先、売り切れてたらカンニンな。
売り切れご免、1点ずつしかございません。_a0077842_10545640.jpg


More: スーモディ・ブースで撮りました。
by tomenosuke_2006 | 2009-08-08 10:50 | 商店入荷新着情報
SDCC 2009実況/最後はやっぱりこの人で締めくくり。
プレビューナイトから数えてたったの2日目、とはいっても早朝から広大なコミコン会場を歩き回り、外でランチをとろうとしたらどこも満席でさらに歩き続けるハメとなり、なんとか遅めのランチにありつくと、午後の2時ごろには情け無用の睡魔に襲われる。
しかもその日のうちにLAへ戻り、翌朝帰国するための荷造りをしなきゃならないと思えば、気持ちまでグッタリ萎えてきてしまう。
NYから23日午後3時ごろ現地入りするから会おうと、Erick Scarecrowに言われて楽しみにしていたけれど、実際にその日を迎えると、ランチをとったあとぐらいから、なんでこんなギリギリの時間に約束なんかしたんだろうと、コミコン会場の待ち合わせ場所の床にへたり込んで、ちょっとネガティブな気持ちになるのだった。
が、さすがにエリックはスゴイと改めて思うことに。
SDCC 2009実況/最後はやっぱりこの人で締めくくり。_a0077842_18261187.jpg
この笑顔と再会したら、一気に疲れなど吹っ飛んでしまったのだ。
ありきたりの表現だけれど、“元気をいただく”を実感した瞬間だった。
エリックは彼の作品同様、人を愉快に、元気にするオーラに溢れていた。
で、エリックの近況報告は後日に回し、7月17日にポストしたとおり、もしかしたら彼のレジンスタチューの最高傑作かもしれない、触れたら分かる心地よく滑らかな彫刻と手塗りとは思えない見事な色付けによる最新作、Wood Hermitの発売をお知らせします。
限定25個のうち、18個はエリックのオンラインショップで発売され、残り7個を留之助があずかり、6個を8月2日(日)午前0時から発売します。
突然の告知になってしまいましたが、お買い逃しのなきように。(上のエリックが手にしているのは、もちろんウッドハーミットではございません、念のため)
SDCC 2009実況/最後はやっぱりこの人で締めくくり。_a0077842_18575967.jpg

Wood Hermit(森の隠者)
レジンフィギュア 高さ 8インチ(20センチ)
限定25個 留之助商店販売分6個
8月2日(木)午前0時発売開始



More: 前から、後ろから、ジックリご覧ください。
by tomenosuke_2006 | 2009-07-31 19:24 | 商店入荷新着情報
SDCC 2009実況/スナップ。
国に帰って5日がたつというのに実況はないだろ。
というわけで、そろそろお開きにするまえに、きょうは残りのスナップをご紹介。
SDCC 2009実況/スナップ。_a0077842_9574630.jpg
Onell Design and Callgrim.comのブースで我らがゴッコ堂のチッチを発見。
日本びいきなFig-LabのDon Kratzer(画像のお兄さん)のエスコートでARTDENKAの新作レジントイMAGGOT BRAINもいっしょに出品されると聞いていたけれど、見当たらなかった、売れちゃったのかもね。
SDCC 2009実況/スナップ。_a0077842_10105848.jpg
Hasbroのブースで特別扱い的に展示されていたのが水野純子さんのMy Little Pony。
左の大きなのは去年NYで開催されたカスタムショーの時の出品作、真ん中の小さなのが秋に発売される製品版と、左がそのウィンドーボックス・タイプのパッケージ。
SDCC 2009実況/スナップ。_a0077842_10184735.jpg
ハリコレのオーナー、胸組さんはトイナミ・ブースの一角で自社オリジナルのバットマンモノのプロトタイプを展示、精度の高さで注目を集めていた。
氏のブログに美しい画像と詳細なレポートあり。
ハリコレ日記→http://blogs.yahoo.co.jp/sovjapan/MYBLOG/yblog.html
SDCC 2009実況/スナップ。_a0077842_10295544.jpg
セットアップに2000万円以上はかかっていると噂のSIDESHOWのブースでつい凝視してしまったのがこれ、『マーズアタック』の12インチとディフォルメ版。
個人的に絶対買おうと思います。
SDCC 2009実況/スナップ。_a0077842_10445148.jpg
ヨースケ・ヤマモトさんを訪ねたMUNKY KINGのブースで「やぁ」と声をかけられたんで振り向くと、TTF 2009で自己紹介し合ったDGPHのふたり。
南米アルゼンチンから台湾へ出かけ、TTFではADFANTUREのブースでお茄子君のBerenjenaをプロモート、そのあと中野ブロードウェイのOne upさんで作品展に参加し、ここSDCCではMUNKY KING製Tsuchiの限定カラー発売とサイン会、じつにインターナショナルな活躍ぶりだ。
ツチの新色(下の画像)はいずれ留之助でも取り扱いの予定、お楽しみに。
SDCC 2009実況/スナップ。_a0077842_1193548.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-07-30 11:10