タグ:SIDESHOW ( 3 ) タグの人気記事
2008年版、それ行けスマート。
2008年版、それ行けスマート。_a0077842_1182759.jpg
SPY-TV全盛の60年代に登場し、およそ5年間、ぜんぶで138話も作られた傑作パロディ番組Get Smart『それ行け、スマート』が、『40歳の童貞男』のスティーヴ・カレルと『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイのコンビでリメイクされ、日本のことは知らないけれどアメリカではこの夏公開になる。
で、そのたった75秒の予告編を観ただけで大いに笑ちゃって、タイトルとテーマ曲を借りただけの別物映画『ミッション・インポッシブル』や『アイ・スパイ』とはまるでちがういい感じなんで紹介したくなったのだ。
3年前にSIDESHOWから発売された絶版12インチのマックスウエル・スマートとチーフも店主の趣味で在庫しているし、そのセールスもかねようかと思いながら、さて、何から書きはじめていいものか。
SIDESHOWから12インチが出たのはオリジナルのスマート俳優ドン・アダムスが82才で他界した2005年だったけれど、追悼の意味があったかどうか詳しくは知らない。
悲報を聞いて真っ先に思ったのは1981年の劇場映画The Nude Bomb『それ行けスマート/0086笑いの番号』や1989年のTVムービーGet Smart Again!『それ行けスマート/世界一の無責任スパイ』(いずれも日本ではビデオ公開)が、悲しいかな少しも面白くなかったことだった。
2008年版、それ行けスマート。_a0077842_1302683.jpg
81年版はスマートのパートナーの99号役、バーバラ・フェルドンが出ていないのがさびしすぎたし、エマニエル夫人のシルヴィア・クリステルがなけなしのお色気を振りまいていたことが印象に残るのみ。
89年版は、みなさんお年を召されて精彩を欠き、ご年配専門のカラオケ・レパートリーよろしく、一部で盛り上がるだけの懐メロ劇場と化していた。
いちばんの原因は脚本だろうと思ったりした。
全編をユーモアらしきもので塗り固めても、どれもこれも60年代の複製ばかり、お笑いに焼き直しは利かないんだよ。
脚本家がまず自分のアイディアに笑い、その脚本を読んだ監督や俳優が腹をかかえて笑う、で、みんなで噴き出しそうになるのをこらえながらドラマに仕立てる。
幸福で楽しい現場の様子さえ感じさせてくれる出来立て、撮り立て、ホッカホカの笑いが、TVの『それ行けスマート』には満ちていたのだ。
なんたって原案・脚本が当時、天才の出現と騒がれ、いまでは押しも押されもしない映画界の大御所のバック・ヘンリーとメル・ブルックスなんだから当然か。(なんか話が長くなりそうな気配)
2008年版、それ行けスマート。_a0077842_1573970.jpg
さっと流すけれど、バック・ヘンリーは『卒業』(1967)や『イルカの日』(1973)の脚本のほかに『天国から来たチャンピオン』 (1978)を監督しているし、メル・ブルックスは『ヤング・フランケンシュタイン』 (1974)や『スペースボール』 (1987)など数々の名作パロディの脚本監督で有名だ。
さらに付け加えるならバック・ヘンリーの『卒業』でミセス・ロビンソンを演じたアン・バンクロフトがメル・ブルックス夫人であり、そのアン・バンクロフトが舞台女優ケンドール夫人を演じたデイヴィッド・リンチの『エレファントマン』(1980)はメル・ブルックスがプロデュースした。
つまりリンチを見出し、メジャー監督として大成するきっかけをつくったのはプロデューサーとしても辣腕なブルックスその人なのだった。
そんなことより、2008年版『それ行けスマート』の脚本は店主未見の『恋するレシピ 理想のオトコの作り方』(2006)のコンビ、トム・J・アッスルとマット・エンバーだけど、バック・ヘンリーとメル・ブルックスのような屈指の映画人になれるかどうか。
2008年版、それ行けスマート。_a0077842_16385578.jpg
少なくとも予告編にみる新スマート役のスティーヴ・カレルは、映画史上もっともトンマなスパイのマックスウェル・スマートと絶妙の化学反応を起こしたみたい、若かりし日のドン・アダムスの気配を漂わせている。
脚本の出来もいいんじゃないかしら、きっと。
99号役のアン・ハサウェイもコメディの分かるお利口さんだし、往年のバーバラ・フェルドンのように清楚でチャーミングだし、これまたいいんじゃないでしょうか。
次々にコミックを映画化したり、外国映画や昔のヒットTVをリメイクしてアイディアが尽きたといわれるハリウッドだけれど、きちんと作ってくれたら文句はいわないよ。
たぶんどこかで『0011ナポレオン・ソロ』の映画化の話も進んでそうだね、コワイねぇ。
ちなみにオリジナル99号のバーバラ・フェルドンはナポソロTVの第1シーズン25話The Never-Never Affair『拾った危機』にゲスト出演している。
またウィキペディア・フリー百科事典のメル・ブルックスのページで、ブルックスが『それ行けスマート/0086笑いの番号』の脚本家として紹介されているけれど、それは間違い。
英語でいうところの“based on characters created by”、つまり“彼の創作したキャラクターに基づく”という意味だからね。

面白い写真を見せてあげる。
by tomenosuke_2006 | 2008-01-05 18:04 | TV・映画・ビデオ
ラブ・アマゾンの半魚人!
ブレランでダリル・ハンナ演じるレプリカント・プリスがブラスターの一撃をくらいバタバタのたうちまわりながら死んでいくカットに、鉄製のボンベで思いっきり頭を打ちのめされてグルングルン回転暴走する『エイリアン』のイアン=アンドロイド・アッシュ=ホルムを連想する人は少なくないと思うけれど、愛しのダリハナにアマゾンの半魚人が重なってしまう店主は重症かもしれない。
ダリハナといえば1982年のプリスに、もうひとり1984年のマディソン・・・『スプラッシュ』の人魚姫でしょう、だから。
それまで人魚姫について深く考えたことはなかったけれど、84年のあの日以来、人魚姫は半魚姫であってはならず、アマゾンの半魚人を人魚人と呼ぶのはもってのほかだと思うようになった。
女性は人魚、男は半魚の法則がここに成立したのである。
ラブ・アマゾンの半魚人!_a0077842_19152112.jpg
『大アマゾンの半魚人』(1954年)には着ぐるみモンスター賞ベストワンを授与する。
モデルなみの細身で10頭身の元海兵隊潜水記録保持者でもあるR・ブラウニングを起用して、ユニバーサル・スタジオ専属のモンスター・メーカー、バド・ウェストモアが作り上げた半魚人に非の打ち所はない。
腕の付け根や股ぐらに、いわゆるウルトラマン・シワが出てしまって興醒めの他の着ぐるみモンスターとは一線を画す完成度の高さ。
シワを吸収する見事な造型というか、設計で、ロウテクだって、アナログだって、ここまで出来るんだのファイン・エグザンプルなのだ。
なんてことを思ったのはSIDESHOWの新作、プレミアム・フォーマットの半魚人のプレオーダーが始まったから。
ラブ・アマゾンの半魚人!_a0077842_1234156.jpg
彫刻も塗装(映画はモノクロ)もきちんとツボを押さえているし、ポージングだって魚類学者の美しい助手を狙い川底から水を掻き分け水面を目指す半魚人の切なさをうまく表現している。
ゆえに、高さ約60センチのこの置物は横から眺めてちゃダメ、俯瞰してこそ味がある。
たとえば床の間に置いて高いところから見たり、テーブル兼用のアクリルケースでも作ってお茶するなんて最高だね。
定価344ドル99セント(送料別)、どなたかもっとお安く手に入る方法をご存知の方はぜひともご教授ください。
さて、アイ・ラブ・半魚人だからして、留之助ではいろんな絶版半魚人フィギュアを在庫してるんで、よかったらどうぞ。
ラブ・アマゾンの半魚人!_a0077842_1349349.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-12-22 19:16 | Sci-Fi Classicモチャ
Robby the Robot Life-Size Figure
Robby the Robot Life-Size Figure_a0077842_23495210.jpgSIDESHOW(サイドショー)からSF映画の古典禁断の惑星(1956年)でデビューしたあのロボット・ロビーの、これ以上ない精巧なライフサイズ・フィギュアが限定発売されると聞いて、店主、ことのほか苦しい。
音声ギミック、電飾、モーターライズド・メカ等を搭載した完全ハンドメイドのプロップレプリカだよ、誰だって欲しいよね、けど1万7千ドル(約200万円)もする。
ウチにも1台、ライフサイズ・ロビーがいて、お店の真ん中でお客さんのお出迎えしてるんだけれど、ギミックなしの完全モックアップ。
由緒は正しいんだよ、ロビーを実際にデザインした日系2世のデザイナー、ボブ・キノシタさんに監修してもらい、未知との遭遇や1941のミニチュア製作監督グレッグ・ジーンが完成させた。
1992年ごろだったっけ、店主がお手伝いした中日新聞主催のロボット関係のイベント用に特注したものなんだよ。
で、どうですか、そんなロビーをあなたに75万円でお買い上げいただき、それを今度のロビーの購入資金に充てさせてもらうっていうのは。
部屋に飾るよいうよりは、いっしょに暮らす感覚で、ぜひご検討ください、いい買い物だと思いますよ。
いい忘れたけれど、ロビーのデザイナーのボブ・キノシタさんは、'60年代の人気TVシリーズ宇宙家族ロビンソンのロボット・フライデーもデザインしたんだよね。
Robby the Robot Life-Size Figure_a0077842_0573384.jpg


ボブ・キノシタさんからいただきました。
by tomenosuke_2006 | 2007-04-08 01:15 | プロップ