タグ:Scribe ( 10 ) タグの人気記事
Mardivale Dunny、コレクターズ・チェックリスト
これはこれは、コンプリートは至難の業だ。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/21732551/
a0077842_3571372.jpg
It is the most difficult work that collects all.
by tomenosuke_2006 | 2014-03-05 04:01 | kidrobot 新製品情報
Mardivale Dunny、3月5日午前11時発売
当初、3月4日午前11時発売とお知らせしましたが、本国アメリカでの発売時間より時差の関係で14時間も早くなるため、あす5日午前11時に変更させていただきました。
なにとぞよろしくお願いいたします。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/21732551/
a0077842_18465225.jpg
Mardivale Dunny to be released on March 5, 11am (JST).
a0077842_18532741.jpg

by tomenosuke_2006 | 2014-03-04 18:55 | kidrobot 新製品情報
Mardivale Dunnyプレビュー/その5
本家kidrobot Blogとオブジェモチャ・ニュースサイトSpanky Stokesより。
3月5日午前11時発売開始。
a0077842_732745.jpg
a0077842_731349.jpg
Sources from Kidrobot Blog and Spanky Stokes.
Mardivale Dunny to be released on March 5, 11am (JST).
by tomenosuke_2006 | 2014-03-03 07:06 | kidrobot 新製品情報
Mardivale Dunnyプレビュー/その4
本家kidrobot BlogとScribe(スクライブ)のFBより。
3月5日午前11時発売開始。
a0077842_4582943.jpg
a0077842_4581172.jpg
Sources from Kidrobot Blog and Scribe's FB.
Mardivale Dunny to be released on March 5, 11am (JST).
by tomenosuke_2006 | 2014-03-02 05:11 | kidrobot 新製品情報
Mardivale Dunnyプレビュー/その2
本家kidrobot Blogより、明らかにScribe(スクライブ)のデザイン。
a0077842_583136.jpg
This is Scribe's design obviously. A source from Kidrobot Blog.
by tomenosuke_2006 | 2014-02-28 05:40 | kidrobot 新製品情報
Mardivale Dunny Seriesのブラインドボックス
もはや時の人だね、アンドロイドのAndrew Bell (アンドリュー・ベル)がScribe(スクライブ)とタッグを組んだミニフィギュア・シリーズ Mardivale Dunny(マルディベイル・ダニー)の、これがブラインドボックス・デザインだ。
Kidrobot本家の発表によるとシリーズは15種類の狂気のダニーで構成され、発売は推測どおりニューオリンズのカーニバル、マルディグラの開催日に合わせて3月4日。
もちろん留之助も世界と足並み揃えて同時発売だ。
a0077842_22513454.jpg
The biggest party around. Toy phenoms Andrew Bell and Scribe join forces to create a wild festival of Dunnys. The Mardivale Dunny Series party starts Fat Tuesday, March 4, 2014 at Tomenosuke!
by tomenosuke_2006 | 2014-02-22 00:15 | kidrobot 新製品情報
突然発表されたMardivale Dunny Hyper Series
これが全種掲載のコレクターズ・チェックリストなのか、そうでないのか、情報はいっさいなし。
よくよく見れば、Andrew Bell (アンドリュー・ベル)とScribe(スクライブ)らしきタッチのカーニバルの衣装で着飾ったキャラクターが散見できる。
Mardivale(マルディベイル)というシリーズ名はニューオリンズのカーニバル、マルディグラと関係ありそうだし、ということは今年の開催日の3月4日ごろの発売なのか。
とにかくまたひとつ、楽しみがふえたのだった。
a0077842_7533494.jpg
Sneak Peek. Mardivale Dunny Hyper Series…
by tomenosuke_2006 | 2014-02-07 07:57 | kidrobot 新製品情報
野外観察図鑑という名のミニフィギュア・シリーズ
待ちに待ってたぞ。
3年の歳月を経て、やっと小売店へ卸されることになったカリフォルニア州サンタクルーズのギャラリー・ショップ Cardboard Spaceship プロデュースのブラインドボックス・ミニフィギュア・シリーズが、Resound Field Guide(リサウンド・フィールドガイド=反響の野外観察図鑑)。
7種の個性的な動物キャラクター(下の画像の上からサイ、ヤギ、セイウチ、ライオン、ウサギ、タコ、ゾウ)が、それぞれ2種類のカラーウェイで塗り分けられた、壁画家にしてオブジェモチャ作家 Scribe(スクライブ)の、喜々として力強く、動物への愛に満ち、さらに大胆なディフォルメが施された、それはそれは見事な立体動物全集なのである。
発売は単品と、16個入りディスプレーケースの2本立て。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/20873152/
a0077842_2130294.jpg
16 blind boxes per display box. Designed by D. Ross "Scribe". Characters include: goat - walrus - octopus - rhino - hare - lion and elephant. A display box contains all 7 characters and some variant colorways.
by tomenosuke_2006 | 2013-07-31 21:28 | 商店入荷新着情報
FatCap Series 3、1月26日発売。
3年半ぶりの3-inch FatCapの登場である。
14人の個性豊かなアーティストによる、かなり突き抜けたデザインの18種類、内ミステリーは3種、26日の発売をお楽しみに。
と、留之助店頭でFatCap Series 1のスーパーレアなコンプリート・セットを展示発売中、興味おありの方は右の「Inquiry お問い合わせ」バナーか、こちらからご連絡を。
さらに、
DEPHのファットキャップ発売中→http://tomesyoten.exblog.jp/10704304/
a0077842_11375564.jpg
FatCap Series 3 is here! Featuring 18 rad designs by artists new and old, Series 3 pushes the platform like never before.
Artists who rock this series are: Devious, Flying Fortress, Jon Paul Kaiser, Julie West, KaNO, Kronk, MCA, Montana Colors, Pez, Queen Andrea, Quisp, Scribe, Shok 1, and Sket One.
by tomenosuke_2006 | 2012-01-19 23:59 | kidrobot 新製品情報
ヘッドフォーニーズ第2世代、出来。
小さいくせに、けっこういい音で鳴って、Madをメインに新進気鋭のロウブロウアーティストたちが人型ミニポータブルスピーカーをスキンデザインするあたりが新奇だったHeadphonies、機能のわりにはリーズナブルがウケて第1世代は去年クリスマスまえに発売するや、あっという間に売り切れた。
の、第2世代全5機種がやっと勢揃いした。
a0077842_16421033.jpg
じつはMadのSkully(左)とJeremiah Ketner(エレミア・ケナー)のStar Girl(左から2個目)だけが先行発売され、あとの3機種の出荷が大幅に遅れていたのだ。
ちなみにスターガール(スターは星ではなくヒトデの意)の作者ジェレミア・ケナーは、女性や女性的な表情の、たぶん海の生き物ばかり描き続けているんで、女流アーティストと勘違いされることが多いシカゴ・ベースの男性画家。
スターガールはここらへん(↓)の絵のイメージに近い。
a0077842_1652163.jpg
The Secret Nestと名付けられたこの作品は、静寂な海の底でうたた寝をする少女をヒトデやクラゲが見守るというもの、じつに夏向きな色合いとテーマである。
夏で海底ときたら、Mad以外のもうひとりの参加アーティスト、ScribeDiver(左)もそう、好んで描くアニマルキャラが潜水具を着けての登場だ。
a0077842_17203265.jpg
スクライブ=本名はDonald Ross、ボストン・ベースの自称ウォール・アーティストであり、イスラエル、ロンドン、サンフランシスコ、タルサなどに彼のグラフィティというには念入りなアニマル壁画が散在する。
絵本作家でもあり、カスタムトイの作者としても名を馳せる。
そういえばカスタム・スティッチで埋め尽くされたSDCC 2009のMINDstyleブースの正面のいちばん目立つ場所に、スクライブの作品が飾られていたっけなぁ。
a0077842_185524.jpg
では最後に、もう一度いちばん上の画像をご覧ください。
左からSkully by Mad、Star Girl by Jeremiah Ketner、Inked by Mad、Headphonies Man by Mad、Diver by Scribeでした。
仕様については第1世代とまったく変わりません。
by tomenosuke_2006 | 2009-08-04 19:02 | ロウブロウアート