タグ:TTF 2009 ( 10 ) タグの人気記事
やっと届いたTTF 2009限定。
本当にお待たせしてすみませんでした、MINDstyleのTTF 2009限定モチャが、それぞれ1カートンずつ、やっとの入荷です。
Serv-O-Maticsのメンバー、テスボットとScavengers Series 2のデイジーのそれぞれブラックベースの限定カラーに、毎回、色ちがいの帽子と洋服で登場のTwo Faced Hazel
どれもTTFでの小売価格がそのまま適用されるオフィシャル製品、日本では留之助商店だけの取り扱いだと思います。
やっと届いたTTF 2009限定。_a0077842_730944.jpg
キャシー・オリヴァスの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Kathie+Olivas/
ブラント・ピータースの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Brandt+Peters/

More: ヘイゼルを別アングルから見る。
by tomenosuke_2006 | 2009-09-06 08:19 | 商店入荷新着情報
MINDstyleモチャ、こちらもお忘れなく。
直近のポスト“MINDstyleモチャの入荷状況について、その1”で紹介したモチャ群はすべて卸販売の流通にのらないものばかりだけれど、こちらの3点はTTF 2009記念の限定品ながら、アジア地区の販売を仕切るホンコンのディストリビューターの好意でそれぞれ1カートンずつ入荷する。
で、TTFでの小売価格がそのまま適用されます、うれしいことに。
MINDstyleモチャ、こちらもお忘れなく。_a0077842_640234.jpg
Daisey from Scavengers series TTF2007 Exclusive 販売数15個
Tesbot from Serv-O-Matics TTF2007 Exclusive 販売数15個
Two-Faced Hazel TTF2007 Exclusive 販売数8個

マイケル・ラウのゴッドファザー希望者は必読です。

当店ではすでに絶版となった今回のゴッドファーザー(オリジナル・マリオネット・バージョン)を、上記のTTF限定ヘイゼル、もしくはツー・フェイス・ヘイゼル・アジアスティーブン・レポッド・アジアとのバンドルで優先提供の予定です。
詳しくは続報をお待ちください。
by tomenosuke_2006 | 2009-08-02 22:38 | MINDstyle 新製品情報
TTF+ADFANTUREモノは水曜日正午から。
Arkiv Instantのレギュラー版とJukaiのサイン入りMini-G-Roboを明日15日の正午から発売します。
またアーキブのサイン入り限定アートプリントやカスタムペイントGID版は、レギュラー版をお買い上げの方にレギュラー版と同じ当店定価でご案内させていただきます。
詳しくは榎本店長から届くレギュラー版のご注文確定メールで。
TTF+ADFANTUREモノは水曜日正午から。_a0077842_1928263.jpg
TTF+ADFANTUREモノは水曜日正午から。_a0077842_19281984.jpg
TTF+ADFANTUREモノは水曜日正午から。_a0077842_12513484.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-07-14 19:54 | 商店入荷新着情報
今夜からTTFお持ち帰りモチャ、発売します。
まずはPixieのブースでひとり1個のところを4個入りカートンで購入させてもらったPAW! milky blissとJAWS "switch"、それからディスカウントしてもらったJAWS "switch" keychainを今夜7時から発売します。
キーチェーンはバラと6個入りケースの2本立てでいきます、まとめて買って親しい方への夏のご挨拶にいかがですか。
ところで今回のホワイトPAW!と、JAWSの中ではいちばんカッコイイと評判の迷彩版はそれぞれ200個作られ、Mark Landwehrがホンコンで運営するCOARSE HKGのショップとオンラインで台湾をのぞく全世界向けに販売、台湾国内販売をPixieが受け持った。
内、COARSE HKG分は一瞬にして完売し、例によっていまではeBayを賑わしている始末。
下の画像は、順にPAW! milky bliss、JAWS "switch"、JAWS "switch" keychainのパッケージ。
今夜からTTFお持ち帰りモチャ、発売します。_a0077842_16305824.jpg
今夜からTTFお持ち帰りモチャ、発売します。_a0077842_16311568.jpg
今夜からTTFお持ち帰りモチャ、発売します。_a0077842_16313086.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-07-13 16:42 | 商店入荷新着情報
TTF 2009現地リポート-5/ADFUNTURE+Arkiv
合計120個しか作られなかった。
内、アーティストのArkiv用と、PR用と、アメリカでのADFUNTURE製品の販売促進用に各12個が供され、8個がTTF会場での販売分、で、残りの76個は直販予約ですでに完売。
インドネシアでコマーシャル・イラストレーターとして活躍するアーキブが長年好んで描き続けてきたミッキーマウス風キャラ、その名もArkiv Instant、別名Metal Mickeyの立体化作品のことである。
なぜここまで生産数を絞らなければならなかったのかと、TTF2日目に会ったアドファンの社長でデザイナーのEddiに聞くと、300個を卸売りするのと80数個を直販するのは、利益の点からいってほとんど同じだということ、それなら限られた数を真に欲するコレクターに直販してアーキブ作品の価値を高めたいと言う。
とにかくTTF会場販売用の8個のうち、残り3日間のためにキープしてあった3/6個を初日に持ち帰った。
TTF 2009現地リポート-5/ADFUNTURE+Arkiv_a0077842_922324.jpg
シンプルなラインとモノトーンな彩色、メタル・ミッキーという名がピッタリのハイテクな様相を呈している。
マスクをかぶっているようにも、目を閉じているようにも、あるいは顔の真ん中の“+”の印が寄り目のようにも見え、どれが正しいのかアーキブに訊ねると「受け取り手次第、君が思ったとおりが正解さ」なんだと。
じつはTTF2日目からメタル・ミッキーのGID(夜光版)が1日10個ずつ、合計30個だけ売り出され、先着数名にはアーキブがカスタムペイントしてくれると知り、ひとり1個のところをこれも3個、真っ先にお願いした。
1個仕上げるのに約30分〜1時間はかかると言われ、歩き詰め立ち詰めでヘタっていた店主は、途中、足裏マッサージに出かけたり、いやじつに台湾のマッサージは水準が高い。
TTF 2009現地リポート-5/ADFUNTURE+Arkiv_a0077842_10191615.jpg
TTF 2009現地リポート-5/ADFUNTURE+Arkiv_a0077842_10193682.jpg
TTF 2009現地リポート-5/ADFUNTURE+Arkiv_a0077842_10222498.jpg
こちらはアーキブの各100部限定のアートプリント・セット、モチャは商店で、プリントは書店でぼちぼち発売の予定。
by tomenosuke_2006 | 2009-07-13 10:31 | モチャ行脚
TTF 2009現地リポート-4/JunとShon。
TTFでいちばんの掘り出しモノ(者)は台湾のアーティスト、JunShonだった。
タトゥーにしてもよさそうなハードコミック風の線画を得意とするジュンと、カートゥーニーな表現が特徴のションが、ひとつのブースを仲良くシェアし、ともにデザインから彫刻からキャスティングまで自力でこなして、ほんの数個だけレジンで抜いた、まったく性格の異なるフィギュアを展示即売していた。
TTF 2009現地リポート-4/JunとShon。_a0077842_23491934.jpg
TTF 2009現地リポート-4/JunとShon。_a0077842_23495945.jpg
Mister CartoonGhost Riderが合体したような、だから違和感がないのか、アメリカンな影響や憧れを強く感じさせるジュンのRebel Angele(上)には難なく入り込めた。
商売っ気がぜんぜんないところがまた好感で、すでに完売していたためふたつをオーダーさせてもらったけれど、前金を受け取ろうとしないし、ちゃんと作って送ってくれるのかしらね。
TTF 2009現地リポート-4/JunとShon。_a0077842_0251922.jpg
TTF 2009現地リポート-4/JunとShon。_a0077842_026225.jpg
目いっぱい深くかぶった野球帽のヒサシをドナルドダックのクチバシに見立てたションのCap Duck(上)。
画像では分からないけれどシッポがスプレー缶の上半分だったり、スプレー缶を握った付け替え自在の右手首が付属する。
グラフィティ・アーティストとしてけっこうヤンチャな創作活動を続けているションのこのキャラは、台湾ではちょいと有名らしい、レギュラーカラー最後のひとつを手に入れ、あとひとつブラック版をオーダーさせてもらった。
ジュンとション、いずれ留之助スペシャルでも作ってもらおうかと思う。
TTF 2009現地リポート-4/JunとShon。_a0077842_0485579.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-07-12 23:59 | モチャ行脚
TTF 2009現地リポート-3、スナップショット。
TTFが不慣れな店主をやさしく導いてくれたToumaさんに、この場をかりてお礼申し上げます。
台北へ行ったはいいけれど、TTFの入場チケットが売り切れていたりでは情けないし、専用サイトは中国語ばかりで分かりにくいし、今回、出展されるというToumaさんに厚かましくもいろいろ質問メールを送り付け、事前に教えてもらっていたのだ。
なのにせっかく会場でお目にかかりながら、彼や彼のブースを撮影し忘れてしまうテイタラク、年は取りたくないなと思いました。
以下は会場スナップ。
TTF 2009現地リポート-3、スナップショット。_a0077842_11512317.jpg
もはやTTFのヌシのような風格?、名古屋の先輩ショップSPANKYの社長(右)とSHELTERBANKの西尾さん(左)。

TTF 2009現地リポート-3、スナップショット。_a0077842_11515780.jpg
TTF 2009現地リポート-3、スナップショット。_a0077842_1152124.jpg
Henry Huang(左)とJukai(右)、彼らのブランドPhalanxのブースで。
上のスカル・フェイスのフィギュアは彼らがプロデュースしたMr.Power、数種類のバリアントとDIYがアメコミ風デザインのブリスターパッケージ入りで発売中、留之助でも取り扱う予定でいる。

TTF 2009現地リポート-3、スナップショット。_a0077842_11524443.jpg
TTF 2009現地リポート-3、スナップショット。_a0077842_1844724.jpg
MINDstyleと自身のブランドSkulloveのふたつのブースを切り盛りしていたToby HK、いわずと知れたMIND styleのクリエイティブ・ディレクターでありオブジェモチャ作家だ。
トビーが会場に来ることはMINDstyleの関係者から事前に知らされていたから、彼そっくりの初期作品ダム・ダミーの在庫2個を日本から持参、パッケージにたっぷりイタズラやら本体にサインを入れてもらった。
さらにTTF限定のオレンジ版をプレゼントされ、それにも。
これまで丹念に彼の作品を日本で紹介してきた話をしたら、ちゃんと留之助を知っていて驚かされた、っていうか、台湾で留之助は軽く有名だった。
ただいまアメリカの新興モチャメーカーKuso Vinylといっしょに新作を準備中だとか、大いに楽しみだ。

TTF 2009現地リポート-3、スナップショット。_a0077842_1854427.jpg
TTF2日目、ADFUNTUREのブースで主宰者のEddi(右)とMetal Mickeyの作者Arkiv(左)に遭遇、大いに特別扱いしてもらいました、については続報を待て!
by tomenosuke_2006 | 2009-07-10 23:59 | モチャ行脚
TTF 2009現地リポート-2/Coarsetoys+Pixie。
この夏からCoarsetoysのアジア地区代理店になった台北のオブジェモチャ屋Pixieのブースを訪ねる。
販売担当のSammy YangとMark Landwehr作品の今後の取り引きについて打ち合わせたり、取り置きしておいてもらったPixie限定のpaw! milky blissやTTFでPixieが限定販売するjaws "switch" を手に入れるためだ。
おっと、Pixie限定のjaws "switch"キーチェーンもなるだけ多く。
TTF 2009現地リポート-2/Coarsetoys+Pixie。_a0077842_6493233.jpg
ほぼマーク・ランドウハの個人ショールームと化したブース、段ボール箱がそこかしこに散乱し、ちょい雑然とした感じが惜しい気もしたけれど、とにかくすべての商談は成立、収穫も上々だった。
ところでサミーの話によるとSDCC 2009で発売されるイエロー、ブルー、パープルのマークものはどれも各50個限定のpaw!だとか、やれやれ。
TTF 2009現地リポート-2/Coarsetoys+Pixie。_a0077842_6581874.jpg
TTF 2009現地リポート-2/Coarsetoys+Pixie。_a0077842_705492.jpg
TTF 2009現地リポート-2/Coarsetoys+Pixie。_a0077842_71460.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-07-10 23:30 | モチャ行脚
TTF 2009現地リポート-1/ADFUNTURE。
8日、ナゴヤドームで16年ぶりの日本ツアーの初日を飾ったサイモンとガーファンクルに大勢の同年代人たちといっしょになって熱狂した翌朝、セントレアから一路、台湾桃園国際機場へ。
台北国際玩具創作大展=TFF 2009におジャマして、種々見聞を広めるためである。
会場の華山文化創意園区へは昼間の喧騒がおさまったころ、午後3時過ぎに向かった。
TTF 2009現地リポート-1/ADFUNTURE。_a0077842_2275688.jpg
会場はむかし有名な果実酒工場だったとかで、メッセとかコンベンションセンターとかドームといった近代的なコンクリートの建造物とは好対照の、木やレンガでできた古くシットリ落ち着いた佇まい、けっこう好きである。
そこへ東洋きってのモチャ・アーティストたちがケッバケバの新作をひっさげ集合し、そういうのが大好きでやって来た東洋のキャピキャピの少年少女たちにプレゼンテーションする。
同窓会のようだった昨夜から父兄参観のようなきょう、はた目には浮いて見えたかもしれないけれど、店主としてはきょうの刺激は格別だった。
入り口近くにブースを構えるADFUNTUREへまず寄ってみた。
TTF 2009現地リポート-1/ADFUNTURE。_a0077842_2473065.jpg
TTF 2009現地リポート-1/ADFUNTURE。_a0077842_2493944.jpg
TTF 2009現地リポート-1/ADFUNTURE。_a0077842_2494922.jpg
本当に商品化されるんだろうか、Nate Van Dykeのラストサムライなんていうプロトに目がいき、いっさい卸売りのない、ずっと欲しいと思っていたインドネシアのアーティスト、Arkivの問題作Metal Mickey(後日ご紹介)を手にし、G-Robotのミニ版をリリースしたばかりのJukaiと遭遇。
店主、映画ジャーナリストとかいってハリウッドに住んでいた1980年代、大勢のスターたちに会ったりしたものだけれど、ツーショットの記念撮影とかサインをねだるとか、チャラチャラしているように思われるのがイヤでほとんどしたことがなかった。
が、いまはちがう、立派にミーハーな大人になりました、さっそくMini-G-Robot数個にサインを入れてもらい、お持ち帰り。
上海と台湾を行ったり来たりのジュカイ君、仲間のHenry Huangと新ブランドPhalanxを立ち上げて、そこでもオリジナルモチャをデザイン&プロデュースしている、まったく知らなかった。
TTF 2009現地リポート-1/ADFUNTURE。_a0077842_835391.jpg

TTF 2009現地リポート-1/ADFUNTURE。_a0077842_8243234.jpg


More: ジュカイのサイン入りミニGロボ、2種。
by tomenosuke_2006 | 2009-07-09 23:59 | モチャ行脚
台北国際玩具創作大展=TFF 2009モチャ速報-1。
いまだに出かけようかどうしようか迷っているTFF 2009(7月9日〜12日)だけれど、とりあえずMINDstyleのTFF限定モチャが留之助でも定価販売できることになったので、ひと安心。

TTF #1: 9-inch Two-Faced Hazel: Limited to 200 pieces
台北国際玩具創作大展=TFF 2009モチャ速報-1。_a0077842_1631680.jpg
いわずと知れたKathie Olivasのツー・フェイス・ヘイゼルの新色。
どこまでメーカーさんはこの手法を続けるんでしょうね、徹底的にお付き合いさせてもらいます。
アジア限定版のように売れ行きスローでも、じっと我慢の店主です。
その他、The Scavengers Series 2からはDeiseyが新色で、キャシーのご主人Brandt Petersの近日発売開始のミニフィギュア・シリーズServ-O-MaticsからはTesbotの別色がそれぞれ入荷します。

TTF #2: Daisey from Scavengers series: Limited to 200 pieces
台北国際玩具創作大展=TFF 2009モチャ速報-1。_a0077842_16153986.jpg

TTF #3: Tesbot from Serv-O-Matics: Limited to 200 pieces
台北国際玩具創作大展=TFF 2009モチャ速報-1。_a0077842_163110100.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-07-02 16:43 | MINDstyle 新製品情報