タグ:Tong Yan ( 2 ) タグの人気記事
入荷新着情報に穏健を追加しました。
中国のトン・ヤン作の不思議少年Jellofoxですが、背中に見えた突起の謎が解けました。
大小2個の団子が積み重なったようなシッポでした、やっぱり。
これ、この子の唯一の可動部分です、なぜに。
同じ色白のスケット・ワン作リップル君(高さ8インチ=ダニーと同じ)に声をかけ、お見合いしてもらいました。
a0077842_21461083.jpg
東西穏健派の初会合はスモーキンダニーの闖入で物別れに終わるかと懸念されましたが、むしろダニーの方があまりの穏やかな空気になす術もなく、とうとう隅に引っ込みスネるしまつ。
それにしてもジェロフォックスの、何とスクスク育ったことか。
高さ10インチ(25センチ)は立派に大物の風格です。
a0077842_2284139.jpg
驚きは、ひとつひとつに作者によるナンバーリングとサインが入っていたこと。
それがビニール袋に詰められ、木の檻を模したパッケージぴったりに押し込められています。
マーク・ランドウハのパウは涙を呑んだけれど、これ、売れ残るようなことがあったら絶対お持ち帰りしたいと思います。
a0077842_22215977.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-11-04 00:01 | 商店入荷新着情報
モンスター・カーに次ぐジェロフォックス。
これもぜひ手にとり眺め回したかった、中国のコンテンポラリー・アーティストTong Yan(トン・ヤン)作のJellofoxがやって来る。
最近、東洋系アーティストの起用に力が入るアドファンチャーからのモンスター・カーに次ぐユルリナゴミ系、けれどどちらも浅瀬なようで考え出すと底なし沼。
本来ジェロフォックスは陶磁器で作製され中国の美術界で話題となった芸術作品だったけれど、今年3月から4ヵ月間、ロンドンのV&A(ヴィクトリア・アンド・アルバート)博物館で開催されたChina Design Now 展への出品を機にアドファンがソフビモチャ化、我々一般大衆に供されることになったのだ、ありがたや。
a0077842_1545024.jpg
白い肌が全裸のよう。
汚れを知らない少年がウサギの耳のついた帽子をかぶっていると思わせて、じつは犬か猫がお行儀よくお座りしているようにも見える、それで背中に見える突起は何だろう、こいつは地球外生命体と考えた方がよさそうだ。
高さ10インチ(25センチ)、500個限定、すでに大半がイギリスで売れてしまったジェロフォックス、トン・ヤンが描いた絵に秘密が隠されているかもしれない。
a0077842_15221261.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-10-25 15:00 | イマモチャ