タグ:Travis Lampe ( 2 ) タグの人気記事
2色のRayola Plush、もうすぐ到着。
ヌイグルミにはめったに触手が動かない店主ではあるが。
去年暮れ、MUGOMP3プレーヤーで留之助に初登場し、今年6月のDunny 2011ではいちばんお洒落さんな稲妻ダニーをデザインしたシカゴのイラストレーターTravis Lampeのヌイグルミは例外なんである。
だって、出来合いのプラットフォームに絵を描いたわけじゃない、彼の絵をまんま3D化したんだもん、ヌイグルミだろうが着ぐるみだろうが、この際、一切不問。
いやむしろトラビス・ランプが創作したこの世でいちばん悲し気で、ぜんぜん役に立たないマジパン製のクレヨン、Rayola(レヨラ)は、なんていうか抱きしめたくなるほど心細げで、抱きしめるならこれくらいの大きさ(高さ35センチ)の、なおかつ柔らかいヌイグルミに限るのだ。
で、ちょっとうれしいのは先のSDCC 2011で売り切れると思われた80個限定のモノクロ版が、僅かながらオリジナルのレッド版ともども入荷するっていうこと、楽しみにお待ちを。
a0077842_0362041.jpg
a0077842_039922.jpg
By now you are undoubtedly familiar with the tale of Rayola the saddest crayon in all the land. Shaped like a crayon, but somewhat ickily composed of dryer lint and marzipan. He's quite useless as a writing utensil.
This 14-inch plush was painstakingly designed by Travis Lampe to bring his vision of Rayola to life.
by tomenosuke_2006 | 2011-09-15 23:59
Dunny 2011、カウントダウン-1。
a0077842_20561910.jpg
その12は、もしかしたらダニー2011でいちばん好きかもしれない、シカゴのイラストレーターTravis Lampe(トラビス・ランプ)のダニー、1/20。
両手に稲妻、からだに雨を降らせ、霧を通して見たような柔らかな色合いがよいし、彼のイラストに登場するキャラクターたちのあの特徴的なカクカクしたラインの鼻を、ちゃんと形にしてくれたところがありがとうである。
a0077842_21191197.jpg
その13はこれ、ドライブラシで1個ずつ仕上げたのかなぁ、と思ってしまう微妙な色出し、1/20のダニー。
SFベースのカスタム・アーティストDrilOne(ドリルワン)初のマスプロ・ダニーは、彼の手作り作品と見紛うばかりの完成度なのだ。
ガスマスクは着脱可能、ドリルワンについては5月4日のポストを参照のこと。

6月23日午後8時発売/ご注文はこちらから→http://tomenosuke.com/order/D2011.html
by tomenosuke_2006 | 2011-06-23 21:37 | kidrobot 新製品情報