タグ:UUP ( 11 ) タグの人気記事
入荷新着情報、ごそっとアップしました。
入荷新着情報、ごそっとアップしました。_a0077842_91815100.jpg

SDCC 2007で撮影したMINDstyleのショーケース


これ以上モタモタしてたら大切なお客さまはもちろん、店長や経理事務所の先生にまで叱られそうだね。
何、もったいぶってんの?
さっさと売ること考えなさい!
返す言葉もございません、ただいまより順々に、残る10点ぐらいのコミコン限定商品を入荷新着情報にアップしていきます。
値段、そこそこ高くなっちゃったからビックリしないよう、お願いします。
入荷新着情報、ごそっとアップしました。_a0077842_2152225.jpg

タグ:
by tomenosuke_2006 | 2007-08-12 21:53
けっこう便利かも。
ぼちぼちコミコン限定版を入荷新着情報にアップしはじめたよ、eBayで買うよりはずっとリーズナブルだと思う。
で、下の写真を見てちょうだい。
先月UUP会場で先着1000名の来場者に無料配布された50x40x14センチの大きなトートバッグ、アメリカの錚々たるオブジェモチャ屋のロゴに紛れて見えるよね、“留”のマーク。
これ、協賛の印なんだけど、1000人からの人たちがこのバッグを肩から下げてUUPやSDCC会場をウロウロして、ウチはともかくヨソのお店は大いに宣伝になったみたい。
30枚ぐらい持ち帰ったんで、これよりコミコン限定版に限らず1万円以上お買い上げのみなさんにプレゼントさせていていただきます。
大きくって、何かと役に立つかもしれません。
けっこう便利かも。_a0077842_224087.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-08-08 22:38 | 商店入荷新着情報
SDCC 2007 実況/UUP班の仕事はというと。
SDCC 2007 実況/UUP班の仕事はというと。_a0077842_1559211.jpg

入り口を固めるふたりのボウヤ。
開場まえに忍び込もうとするファンに睨みをきかすのが彼らのおもな仕事です。


SDCC会場で2日かけても手に入らなかったキャシー・オリヴァスのBenny and Red Bird(ベニーと赤い鳥)、ミス・ミンディのDink(ディンク)、CJ・メッツガーのMischievous Maeve(ミスチヴェス・マーヴ)の3点を、UUPでコネと特権を悪用してせしめるというのが店主に課せられた使命でしょうか。
開場は午後2時、当然、昼前にはVIP待遇で準備中の会場に入りました。
SDCC 2007 実況/UUP班の仕事はというと。_a0077842_1614945.jpg

嵐のまえの静けさ。
ベンダーさんたちがブースを準備中。


店主が狙う3点の取り扱いベンダーさんいわく、いましがたKACHING BRANDSからディンクとミスチヴェス・マーヴが各40個届いたけれど、ひとり1個、1日20個ずつ売るようキツく指示されている。
2、3個ぐらいなら特別に回してもらえるよねって、商談成立させたまではよかったのですが、MINDstyleのキャシー・オリヴァス作品ベニーと赤い鳥だけは明日のデリバリーになり、しかも入荷数は20個のみ、横流しなんかしたらMINDstyleと取り引きできなくなってしまうという。
交渉はあとにまわし、次なる狙い目に向かいました。
KIM JONG iLLとCheTrooperで有名な闘うアート集団URBANMEDIUMです。
誰もが狙う10個限定のゴールド・チェ・トルーパーと、現場塗りチェ・トルーパー(シルバーをリクエスト)に黒ムク・チェ・トルーパーの合計3点を早々に押さえ、ひと安心したのでした。
SDCC 2007 実況/UUP班の仕事はというと。_a0077842_16282979.jpg
ところでシェパード・フェアレイと親しく、彼のゲリラな生き方を標榜するデレク・アーバンメディアム(ペイント中の青年)とはどんなにあぶないアーティストかと思っていたら、蓄膿気味な鼻声がトボケて聞こえるいいヤツでした。
by tomenosuke_2006 | 2007-07-30 16:45 | モチャ行脚
SDCC 2007 実況/SDCC班とUUP班を結成す。
7月27日(金)SDCC 2007の2日目。
eBayのToy & Hobbiesのカテゴリで“SDCC2007”を検索すると、出てくる、出てくる、あっという間に売り切れたコミコン限定品が販売時の2〜4倍もの出品価格で、しかもほとんどに入札がある。
コミコンに限らず、とかく限定品というヤツは売り切れと同時にプレミア価格で売買されて、「この風潮、どうにかならないものか」とつぶやきながらも店主、欲しいものには大枚を投じてきた。
けれどね、最近、LAのバラクーダやSDCCで限定品が売り出される様子を目の当たりにして「しょうがないかも」と思いはじめたのだった。
バフ・モンスターの夜光版を手に入れるため炎天下に2時間以上ならぶ人。
SDCCの初日に1日20個しか売り出されないエリック・スケアクローの自由の女神コミコン限定版を手に入れた人は、早朝6時には会場入り口に到着していたという。
SDCC 2007 実況/SDCC班とUUP班を結成す。_a0077842_4393961.jpg
午前8時前。
駐車するだけでも1時間はかかりそうな大混乱のコンベンション・センター専用駐車場を避け、高くつくのは承知の上で会場手前のハイアット・リゾートにクルマをとめ、駆け足で入り口近辺に到着すると、もはやアングリでござりますゥ。
入り口から伸びた長い行列の最後尾まで、高山市本町商店街のおよそ5倍(といっても分からないと思いますが)、原宿表参道の2倍の距離はありそう。
歩くのだって骨身にしみるっていうのに、この上、2時間、太陽の直射を浴びるなんて、カリフォルニアの最果てで死ねと言われたのも同じ。
急きょ招集した作戦会議の結果、店長は日本のベンダーを装い10時の開場とともに、いまは立ち入り禁止の会場2階の通路から忍び込み、自由の女神像やきのう手遅れだったキャシー・オリヴァス、ミス・ミンディ、CJ・メッツガー作品を売るTOYTOKYOへピンポイントで直行。
のために、かわいそうだけど只今より待機してもらう。
その後、ブレードランナーの新DVDのプロモーションをかねて開催されるスタッフ&キャスト・ミーティングで何でもいいからスーベニアになりそうなものをゲットすることに。
SDCC 2007 実況/SDCC班とUUP班を結成す。_a0077842_4481348.jpg
店主はお店の常連さんを連れてひとまずハイアットでお茶したあと、クルマを出してしまうと再入場は何かとやっかいだろうと判断、午後2にオープンするUUP周辺の駐車場のチェックやら主催者のデビー(Wheaty Wheat Studios)とベン(3D RETRO)に挨拶がてら開催場所へと徒歩で向かったのでした。
が、地図の読みが甘〜い、原宿表参道のこちらも2倍は固いでしょう、クジケそうっていうか、なんとなくいまの自分が悲しくなってきたのだった。
SDCC 2007 実況/SDCC班とUUP班を結成す。_a0077842_5294051.jpg

コンベンション・センターから10数ブロック先のUUP会場。
大きな倉庫の2階にオブジェモチャ専門のメーカー、アーティスト、ベンダーが
およそ20、一堂に会しブースを出す。


UUPに協賛したのは他でもない、特権を利用したコミコン限定品の確保だったし、SDCC会場で手に入れられなくても、ここで買えるからとタカをくくっていた。
が、またまた読みが甘〜い、MINDstylenとKACHING BRANDSの商品は日替わりで販売されることになっていて、2日目の分は当日にならないとデリバリーされない仕組み、念の入り過ぎだよ。
そこへ店長から電話、「自由の女神像だけなんとかひとつゲットしましたが、あとはぜんぶダメでした。これからブレランのスタッフ&キャストのサイン会がはじまるらしいので、そこに寄ってからUUPへ向かいます」。
by tomenosuke_2006 | 2007-07-30 05:38 | モチャ行脚
忘れてました、MINDstyleもうひとつSDCC限定。
留之助にもうじき入荷するMINDstyleのあれ、バフ・モンスターのフィギュア・シリーズ1にSDCC限定バリアントがあること忘れてました。
これ、絶対欲しい。
忘れてました、MINDstyleもうひとつSDCC限定。_a0077842_9351414.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-07-19 09:42
SDCC限定MINDstyleモチャ。
好評マニアッ君のメーカーさんMINDstyle(マインドスタイル)のSDCCスペシャルをご紹介。
SDCC限定MINDstyleモチャ。_a0077842_8435225.jpg

Kathie Olivas(キャシー・オリヴァス)といえば、魔女の残酷な呪いをかけられたようなヌメっぽい色合いと異形のキャラが特徴だね。
不気味が魅力の画家にして彫刻家の彼女の記念すべき最初のオブジェモチャはBenny and Red Bird(ベニーと赤い鳥)、そのモノクロ版が200セットだけ売り出される。
モノクロだと呪われた雰囲気がやわらいで、ちょうどいいぐらい?
予定では秋ごろにカラーのレギュラー版が300~500セット出るらしい。

SDCC限定MINDstyleモチャ。_a0077842_8441941.jpg

“細菌”という名のLAベースのロウブロウ・アーティストGerms(ジャームス)の、こちらもまた処女作オブジェモチャのConehead(コーンヘッド)。
星条旗の赤と白のストライプな頭に虫の足のような触角つけて、ロボットなのか、ロケットなのか、はたまたロボットロケットなのか、とにかくジャームスのハンドペインティングな絵のタッチをソフビの上にみごと再現した傑作だね、これは。
限定数未確認。
SDCC限定MINDstyleモチャ。_a0077842_8445340.jpg

右上の写真は今年5月7日に発表された画家Brandt Peters(ブランズ・ピータース)創作のキャラクター、Slap Happy(スラップ・ハッピー)のプロトタイプ。
骨をくわえてるような不思議なスカルヘッドが面白い。
で、左がSDCC限定のモノクロ版で100セットしか出ないっていうし、ほんと買えるのかな、ほかにも寄らなきゃなんないブースがたくさんあるんだよ。
SDCC限定MINDstyleモチャ。_a0077842_8483037.jpg

ファンタシー・イラストレーターBrom(ブロム)が彼のイラスト・ノヴェルPluckerに登場させたキャラを彫刻家LGIが立体化したのが右上の4人衆。
『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』的で、さらにグロ怖くて、ぜったい動くところを見たくなる。
SDCCではこの4キャラ中、右後ろのノッポと最前列のチビの2体セットが変形ボックス入りで売られるけれど、限定数は未確認。
そーいえば今度のMINDstyle製品って、ジャームスのコーンヘッド以外はどれも2個入りボックスセットだね。
コーンヘッドが落語だとすれば、あとの3つは漫才ってところでしょうか、店主、落語が大好きです。
タグ:
by tomenosuke_2006 | 2007-07-19 09:19 | MINDstyle 新製品情報
コジックさんのSDCCスペシャル・トレキシ。
Kozik TREXIのアナーキー版がSDCCに登場だね。
ミニなのか、10インチなのか、UUPが開催される7月27日午後2時までは秘密なんだって。
10インチだったら、まぁるい頭の中にはどんなのが入っているのか楽しみだ。
留之助、10インチなら絶対持ち帰ります。
コジックさんのSDCCスペシャル・トレキシ。_a0077842_8291032.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-07-18 08:31
SDCC限定KACHING BRANDSモチャ。
ざっと紹介しておくね、どこまで手に入るか分からないけれど留之助が狙うSDCC限定KACHING BRANDS(カーチンブランド)モチャ5種。
SDCC限定KACHING BRANDSモチャ。_a0077842_21294446.jpg

ダム・ダミーやシームとダムでお馴染のToby HK(トビーHK)の新作、Holy MD(左)。
左耳が千切れてるところが貫録の縦横12インチ(約30センチ)もある巨大ボクサー君だ。
足元の感じが見えないのが興味をそそります、きっと意表を突く造型なんだろうな。
右はIncredible MDといってクリスマスシーズンに発売予定のバリアント。
SDCC限定KACHING BRANDSモチャ。_a0077842_21583282.jpg
アーティスト姉妹のCJ Metzger(CJ・メッツガー/左の女性)とMiss Mindy(ミス・ミンディ/右の女性)が、そろってオブジェモチャを発表する。
ふたりの絵はまったく異なる作風だけれど、大人の絵本のようなクラシカルな少女趣味は共通のテーマ? 
ちがいの分かる女性オブジェモチャ・ファンのために、店主、必ず持ち帰ります。
で、上のお人形はミス・ミンディのDink(ディンク)。
下がCJのMischievous Maeve(ミスチヴェス=いたずらなマーヴ)で、左がSDCC限定、右がクリスマスシーズンに発売されるカラー版。
SDCC限定KACHING BRANDSモチャ。_a0077842_23315540.jpg
さて、上が姉妹なら、下はおしどり夫婦Colorblok(カラーブロク/妻)とMatias Vigliano(マティアス・ヴィジリアーノ/夫)の作品。
カラーブロクといえばテレビヘッド・シリーズで一足先にオブジェモチャ作家としてデビューしてたよね、左下が彼女の新作のMONOで12インチ+アンテナの大物だ。
一方、ご主人マティアスはこれがはじめてのオブジェモチャ、右下の作品Sentry(セントリー=歩哨)12インチを発表する。
それぞれまったくちがうストーリーから生まれたキャラクターなんだけれど、そこはやっぱり相思相愛なふたりの作品、ならべて飾りたくなってしまいます。
SDCC限定KACHING BRANDSモチャ。_a0077842_23322953.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-07-17 23:44
留之助商店、SDCCのUUPに協賛します。
カリフォルニア州最南端の街サンディエゴで来週はじまる夏恒例のビッグイベント、サンディエゴ・コミック・コンベンション、略してSDCC。
と同時開催のアーティスト多数参加によるオブジェモチャ専門の展示即売会UUP(アーバン・アンダーグラウンド・プロジェクト)については何度か紹介たよね。
で、留之助、そのUUPのスポンサーになりました。
同業のショップではNYのTOY TOKYOやシカゴのrotofugi、ディーラー&メーカーではSUPER 7KACHING BRANDSが名を連ねてる。
ま、本場の皆さんと親睦を深めてきますわ。
ついでにスポンサー特権でアーティストと慣れなれしくしたり、もちろんレアもの仕入れたり、特注入れたり、ご期待にそえるようがんばります。
留之助商店、SDCCのUUPに協賛します。_a0077842_1048313.jpg
UUP参加アーティストの顔ぶれ。
Christopher Lee Andrew Bell Buff Monster Toby HK Colorblok Germs Brom Matias of Doma その他。
タグ:
by tomenosuke_2006 | 2007-07-17 11:02
「以前の記事」と「タグ」の表示仕様が修正されました。
とっくにお気付きの方もいらっしゃるとは思いますが、6月26日の記事でグチったままじゃエキサイトブログの主催者さんに失礼ってもんです。
はい、おかげさまで「以前の記事」と「タグ」の表示仕様が修正され、記事タイトルが従来どおり一覧表示されるようになりました。
これでひとまず落着だね。

なんて話だけじゃタメにならないから、SDCCの最新情報でも。
6月6日の記事で触れたSDCC会期中の2日間(7月27日、28日)に近くの別会場で開催されるUUP(アーバン・アンダーグラウンド・プロジェクト)の概要が見えてきた。
HPをチェックしてみると、参加ベンダーはWheaty Wheat Studios(ウィーティ・ウィート・スタジオ)をはじめ、Toy2RCIARCUS PUNKS(サーカスパンクス)のメーカーさんからPINK GHOST(ピンクゴースト)や3D RETRO(3Dレトロ)のショップさんたちまで多種多様。
それよりも参加アーティストがそうそうたる顔ぶれで楽しみだね。
アンドリュー・ベル、トビーHK、クリストファー・リー、バフ・モンスター、スコォクなどなど、留之助を賑わすオブジェモチャ作家が遊びに来るみたい。
サインねだったり、記念撮影したり、ミーハーしちゃおうかしらね。
「以前の記事」と「タグ」の表示仕様が修正されました。_a0077842_19573514.jpg

タグ:
by tomenosuke_2006 | 2007-06-29 19:59 | 3DRetro 新製品情報