タグ:YouTube ( 135 ) タグの人気記事
ビリー・アイリッシュのMVを再現した2体のフィギュア発売決定
PRE- ORDER SOON: Billie Eilish 10 1/2-Inch Fashion Doll and 6-Inch Action Figure

留之助店主の孫ぐらい若い女の子で、ジュンコノトモやミスター・クレメントのチャプター2など、留之助オリジナルソフビを買ってくれているとても素敵なお嬢さんがいらっしゃるのですが、そんな彼女からリクエストがありましたので、よろこんで仕入れることに決めました。
年甲斐もなく、まえから面白いと思っていたビリー・アイリッシュ(この天才少女も店主の孫ぐらい)のヒットシングル『bad guy』と『all the good girls go to hell』のMVにインスパイアされたふたつのオフィシャル・フィギュア・コレクションです。
ビリー・アイリッシュのMVを再現した2体のフィギュア発売決定_a0077842_16275013.jpg



上が、商品名 "Bad Guy 10 1/2-Inch Fashion Doll"。
ビデオから抜け出たような黄色のフード付きスウェット・シャツとパンツ着用のファッション・ドールで、全高26.6cm、は、4サイズあるバービー・ドールの上から3番目の身長と同じです。
さらにビデオを彷彿とさせるディスプレー・ステージとドール・スタンドが同梱で、本人そっくりというだけでなく、さまざまなポーズを取らせることができる14の可動部を備えています。
余談ですが、このMVのサムネイルにもなっているシーンがとてもデヴィッド・リンチ風で好きです。
下が、商品名 "All Good Girls Go to Hell 6-Inch Action Figure"。
タールまみれの黒くて大きな翼を広げたビリーを、見事再現した全高15.2cmのアクション・フィギュアです。
実物を見ないと正確なところはわかりませんが、パッケージにひと工夫施され、ビデオさながらのジオラミック・ディスプレー・ステージに変形、フィギュアを飾ることができるとか。
どちらも入荷は12月、近日、Tomenosuke.stores.jpで予約を承ります。
ビリー・アイリッシュのMVを再現した2体のフィギュア発売決定_a0077842_16275475.jpg


by tomenosuke_2006 | 2020-10-16 17:40 | イマモチャ
留ブラ2049・スタント・モデル・キット・メーキング・ビデオ
Tomenosuke Blaster 2049 Stunt Model Kit: A Rokit Props Review

ハリウッドのプロップ・ハウス HMS Creative Productions, Inc.で働くプロップ・メーカー、ロバート・マニオン氏が留ブラ2049・スタント・モデル・キットのメーキング・ビデオを公開中です。
プロらしい徹底した造りのプロセスをご覧いただけます。
このキットは、スター・トレック・プロップ・コレクターの伊藤伸一氏からの寄贈品だということで、ご両人に感謝申し上げます。
ちなみに2019および2049・スタント・モデル・キットは完売し、しばらく増産の予定はございません。



Robert Mannion assembled the Tomenosuke Blaster 2049 Stunt Model Kit donated by Shinich Ito. I would like to express my gratitude to both person once again.
by tomenosuke_2006 | 2020-04-23 23:35 | 留之助ブラスター
ジェームス・グローマンの初ジャンキー
Crocodilius SuperJanky by James Groman

徐々にジャンキー・シリーズが盛り上がってきたというか、好みの作品がリリースされるようになってうれしい限りです。
見てください、この獰猛なデザイン。
あのバットマン・シリーズが大反響だった掟破りのアーティスト、ジェームス・グローマン初のジャンキー、クロコダイリウスです。
当然発注かけました。
ワニの大きな口がせり出して見えるスキンデザインがじつに巧妙じゃないですか。
個人的にはこのモノトーンのジャンキーを見て、1959年の悲劇すぎる白黒モンスター映画『恐怖のワニ人間』を思い出さずにはいられないのでした。

ジェームス・グローマンの初ジャンキー_a0077842_01415840.jpg

by tomenosuke_2006 | 2020-03-21 01:54 | Superplastic 新製品情報
80年代アメリカで人気を博したアニマトロニクスのクマ
Billy Bob by Justin Ishmael

よほど思い入れが強かったんでしょうね。
ほとんどの日本人は見たこともなければ、そのいわれさえ知らないであろう1980年生まれのアニマトロニクスのクマを、私財を投じて復刻フィギュア化したのはジャスティン・イシュマエル
あの『デッドリー・スポーン』の怪物ミニフィギュアを、きちんとライセンスを取得して作った彼です。
で、『デッドリー・スポーン』が1980年代の超B級映画なら、この80年生まれのクマもはっきり言ってマイナーなキャラクターです。
正確には1980年から1992年まで営業していたピッツァ・レストラン・チェーン "Showbiz Pizza Place" で活躍していたアニマトロニクス・ロボット・バンド "Rock-afire Explosion" のバンジョー奏者兼リード・ボーカリストで、名前はビリー・ボブといいます。
それをイシュマエルが全高28センチの堂々たるサイズでビニール・フィギュア化、黄色いルニーバード、バンジョー、アニマトロニクス・ヘッドのアクセサリー付きで完成させたのです。
いずれも着脱可能で、ギターを持たせたり、もちろん頭を載せ替えることもできます。
80年代アメリカで人気を博したアニマトロニクスのクマ_a0077842_18502797.jpg
人が演じたセサミストリートの活躍の場がTVだったのに対し、ライブが売りのロック・アファイア・エクスプロージョンは、ピッツァを頬張った子どもたちを生の迫力で熱狂させたんでしょうね。
きっとイシュマエルも、そんな子どもの一人だったに違いありません。
2017年に原型彫刻に取り組み、2年を製品化に費やして、やっとこのほど完成、3月中旬には留之助に届きます。


by tomenosuke_2006 | 2020-03-01 18:55 | 商店入荷新着情報
殺人ウサギのまえに、黒騎士がやって来ます
Monty Python and the Holy Grail Black Knight Talking Statue

で、今年7月ごろ “殺人ウサギ” といっしょに、ウサギ退治に使われた “聖なる手榴弾” のヌイグルミも入荷します。
しかも「まず聖なるピンを抜いてください。それから3つ数えてください。それ以上でも、それ以下でもありません」ウンヌンという、あのバカバカしい取扱説明のセリフが再生されるトーキング仕様なんですよ。
殺人ウサギのまえに、黒騎士がやって来ます_a0077842_15445755.jpg
とにかく1969年に放送を開始したイギリスBBCのコメディ番組『空飛ぶモンティ・パイソン』では、役者をはじめ共同で脚本と演出もこなし、呆れるほどくだらなくて面白すぎる1975年の超低予算カルト映画『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』 では、テリー・ギリアムとケンカしながら共同で監督に当たった名物男のテリー・ジョーンズが、惜しくも1月21日に他界しましたよね。
と思ったら、紆余曲折・七転八倒、プロデューサーを替え、主演俳優を替え、ロケ地を替え、30年がかりでついに完成させた映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』が1月24日に日本公開されたりで、なんとなくタイムリーな気がして、セールスには絶好の機会だと思うに至りました。
なので問い合せ殺到の “殺人ウサギ” や同時入荷予定の “聖なる手榴弾”を、突然ですが予約開始します。
加えて、アーサー王に両腕と両足をぶった斬られても平然と「何者にも道を空ける気はない! かすり傷だ」とのたまう “黒騎士” フィギュア。
早ければ今週中に入荷しますので、届き次第、発売します。
なんと “黒騎士” も聖なる手榴弾と同じくいろんなセリフを喋るトーキング仕様にして、両腕切断ギミック付きのハイディテール。
お楽しみに。

聖なる手榴弾のご予約はこちら→https://tomesyoten.exblog.jp/
殺人ウサギのご予約はこちら→https://tomesyoten.exblog.jp/
殺人ウサギのまえに、黒騎士がやって来ます_a0077842_17002369.jpg

by tomenosuke_2006 | 2020-02-01 17:24 | チョイマモチャ
ゼイリブ人形はいかが?
They Live Ghoul 3 3/4-Inch ReAction Figure

去年、SF映画『ゼイリブ』の30周年記念HDリマスター版を観るため、師走の寒い中を2時間半かけて、金沢まいもん寿司駅西本店経由で香林坊のシネモンドまで出かけましたよ。
そうそう、ネットで流れたジョン・カーペンター監督のコメント映像入り日本向け予告編が、これまたよかった。
カーペンターの仙人のような風貌に感動すら覚えたものです。
店主がカーペンターに会ったのは『ニューヨーク1997』公開直後の1981年、『遊星からの物体X』の準備がはじまったばかりのことですから、38年も経つんですね。
そりゃ、おたがいお爺ちゃんになっても仕方ありません。



さて、『ゼイリブ』誕生31年目にして、はじめてオフィシャルなモチャが発表されました。
顔の皮を剥いだようなズルムケ不気味なエイリアン、男子グールと女子グールの高さ10センチ弱のアクション・フィギュア2種類です。
元プロレスラーで男優のロディ・パイパー演じる主人公ナダが、教会の隠し部屋から盗み出した謎のサングラス越し目撃したあいつらです。
適度にデフォルメされた本体よりも、じつは凝ったデザインのパッケージで楽しませてくれるメーカー、Super 7製。
2020年1月ごろ入荷の予定です。
ゼイリブ人形はいかが?_a0077842_00441769.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2019-11-05 23:59 | Sci-Fi Classicモチャ
『エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE』本日配信
Today is a day of the "El Camino: A Breaking Bad Movie"

もう、このことで頭がいっぱいです。



『エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE』本日配信_a0077842_12370255.jpg

by tomenosuke_2006 | 2019-10-11 13:13 | TV・映画・ビデオ
お待ちかね、“ピーウィーのプレイハウス” のフィギュア
Pee-wee's Playhouse 3 3/4-Inch ReAction Figures

1986年のシーズン-1から1990年のシーズン-5まで、ぜんぶで45話だったと思いますが、仕事でLAに滞在した1990年におおかたのエピソードをTVでチェックし、市販されたVHSはすべて購入して、まだ3才だった娘といっしょに楽しんだものです。
っていうことは、『ピーウィーのプレイハウス』(原題はPee-wee's Playhouse)を観ていたのは30年もまえってことですか!?
そりゃ、近ごろとみに体力の衰えを感じるのも当たり前か、嫁に行った娘とは疎遠になっちゃうし(私の素行不良が原因?)。
とにかく、コマ撮り人形アニメのオープニングからして傑作過ぎる子ども向けTVショーの虜になって、エミー賞受賞のプロダクション・デザイナーでローブロウ・アーティストのゲイリー・パンターをNYのアトリエに訪ねたことがあるくらいなんです(詳しくは2007-11-02のブログを参照)。
なのでSuper 7から『ピーウィーのプレイハウス』の3.75インチ・リアクション・フィギュアが出ると聞いて、居ても立ってもいられなくなったのでした。
ピーウィーが好きな人、忘れられない人も、11月の入荷を楽しみに待ちましょう。
お待ちかね、“ピーウィーのプレイハウス” のフィギュア_a0077842_11574799.jpg
メーカーが発表した上の画像を見れば、いまでもキャラクター名がスラスラ出てくるっていうのも、どうなんだろう。
左から、マジック・スクリーン、ランディ、ビリー、キャプテン・カール、チェアリー、コンキー、そしてピーウィー。
このうちランディとビリーがセットになり、ぜんぶで6つのブリスターパックで発売されます。
そうそう、NETFLIXでシーズン-1がご覧になれますよ。


by tomenosuke_2006 | 2019-09-21 17:00 | TV・映画・ビデオ
ウサギのヌイグルミを着た子猫ちゃん
Persue’s Bunny Kitty from 3DRetro



西海岸で有数のコマーシャル・イラストレーターとして成功しながら、誰にも束縛されない、もっと自分らしい創作活動に専念しようと一念発起。
2014年にNYに居を移すとミューラリスト(壁画家)に転向し、あっという間に人気者になったのが、上に貼り付けたビデオの主人公、パースーです。
これまで数々のカラフルでダイナミックな大型作品を発表してきましたが、その絵の中にかならず登場するのがパースーのアイコンともいうべき、ウサギのヌイグルミを着た子猫のバニー・キティ。
それを3DRetroがフィギュア化したのです。
じつは11月のDCon2018に参加したついでにゴッソリ持ち帰ろうと思っていたのですが、ガマンしきれず、送ってもらうことにしました。
入荷次第、発売します。
ウサギのヌイグルミを着た子猫ちゃん_a0077842_01442521.jpg
ウサギのヌイグルミを着た子猫ちゃん_a0077842_01445577.jpg

by tomenosuke_2006 | 2018-10-01 01:46 | 3DRetro 新製品情報
映画『ブレードランナー2049』の発砲用カスタム留ブラ
Tomenosuke Blaster firing model for the "Blade Runner 2049"

ハリウッドのプロップ・レンタル会社 ISS(Independent Studio Services)の発火式ステージ・ガン(ブランクガン)の製作部門を紹介したムービーを、何度も食い入るように見てしまいました。
『ダーティ・ハリー』、『ターミネーター』、『グラン・トリノ』、『ボーダーライン』などで実際に使われたブランクガンとともに、ムービー開始後11分50秒あたりで、本物のチャーターアームズ・ブルドッグをインストールした『ブレードランナー2049』の発砲用ブラスターが登場するのです。



で、留ブラのパーツが全力で応用されているのが分かり、うれしくなってしまったのでした。
グリップ、グリップフレーム、グリップエンド、左右のシリンダーカバーとレーザーサイトを含む周辺部材、マガジンハウジング、トリガーガードなどは、明らかに留ブラです。
レシーバーに関しては留ブラと刻印が異なり、色めから判断するに、実銃シュタイヤー・マンリッヒャー・ライフルのそれが使われているものと思われます。
ISSのガンスミスさんのこだわりなのでしょうか、わざわざ実銃パーツを採用した理由はわかりません。
ボルトハンドルとボルトに関しては、果たして実銃パーツなのか留ブラなのか。
ハンドルを起こして後方に引き、元に戻すアクションカットでは、レシーバーとの相性の良さがうかがえて、これもマンリッヒャーかと思わせるのですが、レシーバーのスリットから覗くフルートの幅は、実銃より若干細く仕上がっている留ブラに限りなく似ているからです。
なんてことを、留ブラの原型師、徳信尊さんと語り合ったり。
じつは『ブレードランナー2049』で使われたウェザリング仕様の留ブラを、徳さんと佐藤加寿彦さんのコラボで再現すべく研究中なのですが、タイミングよく公開されたこのムービーには学ぶところがたくさんあったのでした。
映画『ブレードランナー2049』の発砲用カスタム留ブラ_a0077842_16262496.jpg
映画『ブレードランナー2049』の発砲用カスタム留ブラ_a0077842_16265402.jpg
I watched a video that introduces various movie prop guns that were custom-made by ISS(Independent Studio Services)with interest. Around 11 minutes and 50 seconds into the video, the Firing Blaster, which uses a real Charter Arms Bulldog, from the movie "Blade Runner 2049" appears. I was very happy that many parts from our Tomenosuke Blaster were used.
The grip, the grip frame, the grip end, and peripheral parts, such as the cylinder covers on the left and right and the laser sight, as well as the magazine housing and trigger guard are clearly from the Tomenosuke Blaster.
The receiver has a slightly different engraved mark from the Tomenosuke Blaster. Judging based on the hue, I believe it is from the Steyr Mannlicher Rifle, which is a real firearm. I don't know why parts from actual firearms were used, but this may be a characteristic of the ISS gunsmiths.
I wonder whether the bolt handle and the bolt use parts from actual firearms or the Tomenosuke Blaster. In an action shot where the handle is stood up, pulled backward, and then returned to its original state, they seem to be very compatible with the receiver, which makes me think that this is also from the Mannlicher. However, the width of the flute that can be seen from the slit in the receiver looks just like the Tomenosuke Blaster, which is slightly thinner than an actual firearm.
I was speaking about these sorts of things with Toku-san, who is the model maker for the Tomenosuke Blaster.
The weathered specifications of the Tomenosuke Blaster used in "Blade Runner 2049" is something I am actually researching right now to recreate, so this movie, which was released with good timing, was very helpful.
by tomenosuke_2006 | 2018-08-27 08:13 | 留之助ブラスター