タグ:mr clement ( 44 ) タグの人気記事
ミスター・クレメントについて
Regarding mr clement and his sofubi sculpture

現在、金型製作に入っているミスター・クレメント・ソフビ・スカルプチャー(商品名)の作者、ミスター・クレメントとは、2008年1月に発売したプチ・ラパン以来の付き合いです。
その間、なんと45種類ものクレメント・モチャを輸入・販売してきたのですが、よくよく考えると彼のバックグラウンドをきちんと紹介したことがなかったのを思い出しました。
そこで簡単に彼のプロフィールを記しておきますね。

ミスター・クレメント、年齢不詳、香港で生まれ、2003年にイギリスに引っ越しました。
ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アート(王立美術院)に通うかたわら、2005年にラパン・ファクトリー・スタジオを設立し、イラストやキャラクター・デザイン、グラフィック・ノベルや彫刻などの創作に注力しました。
2009年には王立美術院で美術の修士号を取得しています。
ちなみに王立美術院は修士号と博士号を授与する美術系大学としては世界で唯一の学校で、QS世界大学ランキングにおいては、2019年の時点で5年連続でアート・デザイン分野の世界1位にランクインしています。
これまでに香港、ロンドン、パリ、ソフィア、ミュンヘン、ロサンゼルス、シカゴなどで個展『ラパン・ワールド・ツアー』を開催し、好評を博してきました。
2017年に台湾に移り住むと陶磁器を使った作品の可能性を模索し、今年2019年4月、ミスター・クレメント・ポーセリン・スカルプチャーを完成させました。
そしていま、ミスター・クレメント最初のソフビのテスト成形品がオビツ製作所から届くのを、まだかまだまと待ちわびているのでした。
a0077842_21553609.jpg
I have been working with mr clement, the creator of the "mr clement sofubi sculpture" currently in metal mold production. Since "petit Lapin" released in January 2008, I have imported and sold his 45 types of figures, but it recently came to my attention that I had not given an in-depth introduction to his background. Therefore, I will include a brief profile at the below link (MORE PICS and INFO).

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2019-07-23 23:22 | 留之助オリジナルモチャ
ミスター・クレメント・ソフビの原型画像
Prototype of mr clement sofubi sculpture
a0077842_20501671.jpg

by tomenosuke_2006 | 2019-06-28 22:26 | 留之助オリジナルモチャ
ミスター・クレメント作品中、最も露出度の高いフィギュア
The most exposed figure in mr clement's work

いまだから打ち明けますが、留之助商店開店6周年記念のゲイリー・ベースマン作・留之助限定ロブノ・ウォーリアーは、かなり売れ残りました。
何年かまえ、そのことをアメリカの著名なトイ・デザイナーに打ち明けると、「オチンチンのついたフィギュアは、えてして売れないものなんだよ」と言われ、そういうものかとヘンに納得したのでした。
で、留之助がプロデュースするミスター・クレメントのソフビ・フィギュアなんですが、じつはロブノ・ウォーリアーの苦い経験も、かつての貴重なアドバイスさえすっかり忘れていたからこそスタートしたプロジェクトなのです。
ミスター・クレメント作品中、最も露出度の高いフィギュア?
それがどんなものなのかは、いずれまた。
ちなみにロブノ・ウォーリアーの在庫はお正月の福箱に入れるなどして、かなり少なくなりました。
a0077842_00004560.jpg
This is an image of a prototype head. It is not time to show below the navel yet.
by tomenosuke_2006 | 2019-06-18 09:26 | 留之助オリジナルモチャ
ミスター・クレメントとのコラボ・ソフビ進行中
Current status of mr clement's Sofubi production

あれからもう8ヵ月以上もたつんですね。
2018-09-23のブログでお話しした留之助がプロデュースするミスター・クレメント初のソフビ企画。
やっと原型が完成し、オビツ製作所で蝋型の製作がはじまりました。
で、下の画像はクレメントから届いたソフビの足の裏に入れるロゴ・デザインです。
タンポ印刷します。
a0077842_08164403.jpg
The Sofubi collaboration project with mr clement introduced in the blog of 2018-09-23 has now shifted to the production of wax models. The image above is the logo design to be printed on the sole of the figure's foot received from clement.
by tomenosuke_2006 | 2019-06-08 09:30 | 留之助オリジナルモチャ
ミスター・クレメントのポーセリン彫刻の発送につきまして
Regarding the shipping of mr clement porcelain sculpture

5月6日から約2週間、スタッフ一同海外出張につき配送等の業務をお休みさせていただく予定です。
そのためミスター・クレメントのポーセリン彫刻のお届けが、入荷のタイミングによっては大幅に遅れかねません。
そこでクレメントに掛け合い、作品が完成次第、ご予約のみなさまへ直送してもらうことにしました。
発送されましたら当店からお知らせしますので、よろしくお願いします。

ポーセリン彫刻4点セットのみ在庫あり→https://goo.gl/SQwrfR
a0077842_22500996.jpg

by tomenosuke_2006 | 2019-04-23 22:57 | 商店入荷新着情報
ミスター・クレメントのポーセリン彫刻、入荷遅延のお知らせ
Apologise for the delayed shipment

先ほどミスター・クレメントからメールがあり、彼の新作ポーセリン彫刻の出荷が4月の最後の週になりそうです。
ポーセリンの焼き上がりに納得がいかない部分があったようで、もうちょっと仕上げに時間をかけたいということらしいです。
クレメント作品は、彫刻から工場での生産と品質管理、さらには箱詰や出荷まで、ほとんど彼ひとりでこなしています。
という意味でも超念入りな傑作が届くはず。
ご予約のみなさま、どうかいましばらくお待ちくださいますよう、お願いいたします。

4点セット以外、売り切れ→https://goo.gl/SQwrfR
a0077842_11495892.jpg

by tomenosuke_2006 | 2019-03-20 11:51 | 商店入荷新着情報
ミスター・クレメントの新作ポーセリン彫刻、予約開始
PRE-ORDER NOW: mr clement porcelain sculpture

昨日、当店の希望どおりの数が入荷決定しましたので、さっそく予約販売に移らせていただきます。
お届けは3月中旬 〜 4月上旬を予定しております。
ご予約商品につきましては前金制ですので代引き注文はお受け出来ません。
また入荷数に達しましたら予約販売を締め切らせていただきます。
あらかじめご了承ください。

ご予約はこちらから→https://goo.gl/X2Cmj6
a0077842_17332841.jpg

by tomenosuke_2006 | 2019-02-17 09:34 | 商店入荷新着情報
ミスター・クレメントの新作ポーセリン彫刻
COMING SOON: a mr clement porcelain sculpture

ここんところずっと、製作数を抑えたラパン(耳の長いウサギ風キャラクター)のハイエンド・スカルプチャーを直販してきたミスター・クレメントから、ひさしぶりに小売店向けの新作が送られてくることになりました。
彫刻から仕上げ、さらにはパッケージングまで、クレメントによる100%手仕事の初ポーセリン作品(下の画像)、高さ約30センチです。
蒸し焼き窯特有の焼きしまった硬質感と発色のよさは、これまでのPVCフィギュアとはまた異なる魅力を放っています。
4種のキャラクターからなる新シリーズは、それぞれ50体ずつ作られ、シリアル・ナンバーと直筆サインの保証書が付属します。
留之助では4体セットの他、スカル版(下の画像・右から二人目)のみ単体発売を予定しています。
入荷は3月中旬、楽しみにお待ちください。

ところで留之助とクレメントのコラボ・ソフビですが、けっこう手こずり、ただいま原型完成間近ってところでしょうか。
a0077842_15411584.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2019-02-13 17:01 | イマモチャ
ミスター・クレメント初のソフビ計画、始動
A special plan with mr clement started

来日したばかりのミスター・クレメントオビツ製作所に連れ出し、ソフビの現場を見てもらいながら、留之助プロデュースによるメイド・イン・ジャパンのフィギュアの可能性について話し合ったのは今年6月のことでした。
彼のスケッチの中に、控えめでナイーブないつものクレメント流とはいくぶん異なる、留之助にもってこいのイタズラで、ちょいアグレッシブなウサギを見つけ、ぜひともソフビ化したいとアプローチ。
彼もすんなりノッてくれて、早々に原型彫刻に着手してもらったのでした。
以来、頻繁に送られてくる原型画像にコメントしながらブラッシュアップを重ね、先週末はmirock-toyの金子洋平くん(下の画像の右側の人物)にもミーティングに参加してもらい、ソフビ作家のリアルなアドバイスを仰いだのでした。
年内には蝋型までいけるでしょうか、まだしばらくは原型の手直しが続きそうです。
a0077842_01150987.jpg
It was in June this year that I took mr clement, who had just arrived in Japan, to the factory to show him where sofubi toys are made, while also discussing the possibility of made-in-Japan figures produced by Tomenosuke. I found a mischievous and slightly aggressive rabbit in clement’s sketches. Somewhat different to the usual naive and low-key clement style, the rabbit would be perfect for Tomenosuke, so I approached him about wanting to create a sofubi out of it. He agreed to the idea readily, and to start on modeling a prototype. Since then, the prototype has been revised several times based on my comments in response to the images that get sent frequently. Last week, we got Yohei (the person on the right of the top image) from mirock-toy to also come along to a meeting to seek out the realistic advice of a sofubi specialist. We look likely to continue modifying the prototype for a while.
by tomenosuke_2006 | 2018-09-23 11:29 | 留之助オリジナルモチャ
幸先のいいスタートを切りました
Our blog made a good start

留之助店主が綴るあまり役に立たないオモチャ情報ブログに、いつもお立ち寄りくださいまして、ありがとうございます。
エキサイトブログの元旦に更新された15,369ある文化・芸術ジャンル中、当ブログは上位14位。
同ジャンルの中の4,158あるアート・デザイン ・カテゴリーでは、堂々の1位になりました。
これに気を良くして、今年も芸術みたいな玩具みたいな留之助らしいモチャをドシドシ紹介していきたいと思います。

福袋&福箱・絶賛発売中→https://tomenosuke.stores.jp/
a0077842_16262231.jpg
This blog is ranked 14th among those in a ranking of 15,369 blogs in the arts and culture genre created for the New Year. Additionally, it now ranks number 1 out of 4,158 in the art and design subcategory of the same listing. I am very happy to have accomplished this and would like to use the opportunity to continue introducing artistic, fun Tomonosuke-like toys.
by tomenosuke_2006 | 2017-01-02 20:10 | 留之助商店計画